吉村界人のオフィス作退社はなぜ?金銭トラブルそれとも松田美由紀とケンカ?

吉村界人のオフィス作退社はなぜ?金銭トラブルそれとも松田美由紀とケンカ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 
つい先程、吉村界人さんが「オフィス作」を電撃退社されました。

理由については一切述べられておらず、多くの人の間で憶測が広がっています。

なぜこんな時に?と疑問に思っている人も少なくないはずです。

では、電撃退社に至った理由について、推察していきましょう。

吉村界人さんのオフィス作の電撃退社はなぜ?

退社の宣言については、インスタグラムの中でこう述べられていました。

 

不思議に思うのは、まず、2月15日に退社してから4日たってからの公表である点です。

すぐには発表できる状況にはなかったのでしょうか。

「ゼロから育てていただき」という言葉に、一定の感謝の気持ちは述べられていますが、全体的な表現や簡潔なコメントであることに非常にドライな印象を受けます。

新たに別の事務所に入ることを匂わせていますが、どこというのもまだもちろんわかりません。

では、なぜ突然の退社になったのでしょうか。

 

出演ドラマに絡む金銭トラブル?

オフィス作とは、故・松田優作さんの妻の松田美由紀さんが代表を務められる芸能事務所です。

優作さんだから、「作」ですね。

 

オフィス作側からもまだ吉村界人さんの退社についての発表はなく、吉村界人さんのプロフィールページが削除されているだけです。

どちらからも何も発表がないということは、まだ整理しなければならない状況があるのではないかと考えます。

 

その一つの理由は金銭トラブル。

 

吉村界人さんは、最近非常に活躍しておられます。

 

例えば、

  • 映画「ちはやふる」
  • 映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」
  • ドラマ「獣になれない私たち」
  • ドラマ「半分、青い」
  • ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」

に出演しておられます。

2018年には、第10回TAMA映画賞最優秀新進男優賞を受賞しています。

 

ということは、ギャラが高騰していっても不思議ではありません。

 

なのに、金銭的にもオフィス作からは新人のような扱いを未だに受けている、と吉村界人さんが感じるような状況にあるのかもしれません。

金銭トラブルはもっとも根の深い問題となりかねませんので、非常に心配です。

 

しかし、金銭トラブルが解決されないまま退社してしまえばそのトラブルはどのようにして解決されるのか、という疑問が残ります。
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

松田美由紀さんとケンカ別れ?

代表である松田美由紀さんと意見や見方が食い違う一番の理由は金銭問題かもしれませんが、

それ以外にもケンカ別れしてしまう原因があったのかもしれません。

 

その点に関連して、息子の松田龍平さんの妻・太田莉菜さんについてこう書かれている記事がありました。

「義母の美由紀さんが敏腕すぎて、嫁を務める莉菜ちゃんのプレッシャーは大きかったみたいです。あまり周りに悩み事を打ち明けたりするタイプではないのですが、亡きお義父様・優作さんの名前の大きさに、プレッシャーを感じるようなことをこぼしていたこともあったと聞きます。美由紀さんと比べると仕事では格下ですし、結婚した時はまだ21歳でしたから、女性としても主婦としても未熟でした。さらに、子育てで悩むこともあったようです。」

https://biz-journal.jp/2017/03/post_18478.htmlより引用

 

当時21歳の太田莉菜さんにとって、お義母さんである松田美由紀さんが敏腕すぎて、というかテキパキ過ぎて、プレッシャーになったという構図は容易に想像できますね。

 

今回の吉村界人さんもそんな松田美由紀さんとウマがだんだん合わなくなってきた、という可能性はないでしょうか。

吉村界人さんは現在26歳で、そんなに若い!というほどではなくなってきていますが、敏腕代表について若者としていけなくなった、のかもしれません。

ケンカをした、というほどのことではなくともです。

 

しかし、芸能界で生き延びようとする人、それぐらいのトラブルで退社するほどのこととも思いにくい面もあります。

特にもまれて生きていく業界ですから。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

「吉村界人のオフィス作退社はなぜ?金銭トラブルそれとも松田美由紀とケンカ?」と書いてきましたが、

円満退社でなければなかなか根が深い問題が隠れている可能性が高いですから、簡単にはもつれた関係を修復できないでしょう。

スポンサーリンク

 

最近著しく活躍をしている新進気鋭の若手俳優ですから、今回の問題がこれからの俳優活動に悪影響を及ぼさなければいいなと思いますけどね。

テキストのコピーはできません。