米津玄師の紅白初出場はなぜ?出演時間やロケ地について予想!

米津玄師の紅白初出場はなぜ?出演時間やロケ地について予想!

スポンサーリンク

26日、米津玄師さんがNHKの紅白歌合戦に出場し、徳島県から「Lemon」を歌うことが発表されました。

ここへ来ての突然の発表に驚き、喜びの声が上がっています。

なかなかメディアに顔をだすことのない米津玄師さんですが、ついにNHKの要請に応じることになったのはなぜでしょうか。

また、出演時間やロケ地について、予想してみたいと思います。

出演することになったのはなぜ?

所属レコード会社によると、「本来出演する予定はなかった」そうですが、NHKから、「出身地である徳島からの生中継を」との提案を受け、急遽出演することになったそうです。

その点について、ご自身のツイートの中で、次のように経緯と心境を綴っておられます。

https://twitter.com/hachi_08/statuses/1077824069649612800

 

やはり生まれ故郷、また、「Lemon」を作詞する上でポイントとなったお祖父さんの死という出来事が起きた徳島県で、ということが快諾のきっかけになっているようですね。

米津さんのテレビ出演と言うので、社会はこの話題で持ちきりになっています。

https://twitter.com/cheb165/statuses/1077681158345785344

 

社会現象となっているこの今、「極めて異例」と言われるこの時期での発表、白組と紅組の出場組数が違うという点も、米津さんに対するNHKの並々ならぬ期待がうかがえます。

 

 

スポーツ新聞各紙も大きくこのことを取り上げていますね。

 

出演時間は?

先程、曲順が発表されました。

米津玄師さんは、後半の24番目ということになりました。

星野源さんからの流れで米津さんにバトンタッチされるという形です。

後に続くのは、MISIA、ゆず、石川さゆり、嵐、サザンオールスターズですから、本当に最後の方ですね。

というわけですから、11時前後ぐらいになるのかな、という予想になります。

スポンサーリンク

中継場所(ロケ地)はどこになる?

中継場所に関しては、徳島県内ということのみが発表されていますが、

次のような表現が載せられているところがありました。

 同番組で披露する楽曲は「Lemon」。楽曲の世界観を表現するのにふさわしい場所として、ふるさとである徳島県から生中継で歌唱するとのこと。

https://realsound.jp/2018/12/post-298629.htmlより引用

この言葉からすると、楽曲の世界観を表現するのにふさわしい場所が徳島県、という意味に取れることから、中継場所が「世界観を表現する場所」という意味ではないように取れます。

しかし、せっかく徳島県から中継するわけですから、歌う背景が幻想的であるほうが良いに決まっています。

単なるホールで歌うことはあまり考えられません。

その点で、徳島市内には、街の中心部からすぐ近いところに、眉山(びざん)という山がそびえ立っています。

そこは徳島県内の観光地として有名なところですから、中継できる場所を確保するのに苦労しないというメリットがあるといえるかもしれません。

そこであれば、入山する経路(道路、ロープウェイなど)をシャットアウトすれば、安全も確保しやすいかと思われます。

ということで、筆者予想では、眉山(公園)が最有力候補と考えます。

 

 

行き方としては、徳島駅をでてから伸びる国道483号線を南西に走り、しばらく483号沿いに走ります。

そうすると、眉山山頂へという看板が出てますので、そこから来るまで登っていくことになります。

 

眉山でロケするとすれば、どこで通行止めにするんでしょうかねえ…

 

 

とは言え、徳島県内でお祖父さんとの思い出の地、というくくりでどこかにスポットが当たるかもしれません。

そういう意味では、徳島県民のみならず多くの観光客が訪れる、祖谷渓(いやけい)なんかも有力かもしれませんね。

 

 

この素晴らしい水と岩のコントラストをライトアップした背景で歌うのもすごく幻想的になり、いい雰囲気が出るのではないでしょうか。

 

 

 

しかし、ここは相当田舎で西にだいぶん行かなければならないため、あまり現実的ではないかもしれません。

 

また、屋外ロケは天候に左右されることがあるため、屋内での撮影になることも考えられます。

そうなると、鳴門の大塚国際美術館などはいかがでしょう。

 

 

 

システィーナ礼拝堂天井画完全再現です。

行き方としては、神戸淡路鳴門自動車道の鳴門北インターチェンジで降りて、突き当たった県道11号線を左折、北行し、そのまま道なりに行けば到着します。

だから、無観客なんですって…

行っても観覧できませんので悪しからず。

もしここで米津玄師さんが歌ったとすれば、また別の機会に「ああ、ここで歌ったんだなあ」と感慨にふけってください(笑)

前売り券で大人3,100円です。

 

ちなみにこのホールでは2009年から歌舞伎を行なっているそうですね。

 

そういう意味では、音響などもなかなか良いものであることが想像できますね。

ここも有力な候補ではないでしょうか。

 

まとめ

ついに米津さんがテレビ出演、しかも生中継で出演されることになりました。

今年の紅白は見逃せないと思っている方が非常に多いのではないでしょうか。

瞬間テレビ視聴率がどれ位になるかも興味があります。

では、当日はごゆっくりと、お楽しみください。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。