王柏融の交渉権を日ハムが獲得!打撃や年俸、結婚などまとめた!

王柏融の交渉権を日ハムが獲得!打撃や年俸、結婚などまとめた!

スポンサーリンク

台湾球界でナンバーワンの呼び声高い、王柏融選手の交渉権を、ポスティングシステムで
日本ハムが獲得したというニュースが入ってきています。

台湾プロ野球でなんと打率4割を誇るアベレージヒッターまたスラッガーで、日本に来るのではないかと
かねてからのウワサでした。

では、王柏融選手とはどんな選手なのでしょうか。

売出し中の打撃、また年俸や家族などについてリサーチしてみたいと思います。

王柏融選手のプロフィール

名前 王柏融(ワン・ボーロン)

出身地 台湾屏東県万丹郷

生年月日 1993年9月9日(25歳)

身長 181cm

体重 90kg

投球・打席 右投げ左打ち

ポジション 外野手

 

野球選手としては平均的な体格と言えるのではないでしょうか。

特別大きくもなく小さくもない選手ですね。

まだ25歳ですので、これからの伸びにも期待することができそうです。

 

 

その打撃センスについて

2015年にLamigoモンキーズにドラフト4位で指名され、入団しました。

1年目は、29試合の出場に留まっています。

しかしその翌年から、とてつもない打棒を披露することになります。

まず、年度ごとの成績についてこちらに紹介したいと思います。

2016 116試合 483打数200安打 打点105 本塁打29 打率.414

2017 115試合 437打数178安打 打点101 本塁打31 打率.407

2018 118試合 453打数159安打 打点84 本塁打17 打率.351

というような成績を残しています。(赤字はリーグ歴代最高)

打率に関しては、2016,2017と二年連続で首位打者を獲得しています。

2017年には、ホームラン王、また打点王も取っていますので、三冠王だった
ということになります。

王柏融選手の動画を見てみた感想ですが、

打撃に関して言えば、引っ張りにかかる豪快なスイングが特徴の選手ですね。

台湾の投手の高めのストレートであれば、ラクラクスタンドインの打撃を見せることが
できている感じがします。

低めの球であっても引っ張ってスタンドまで持っていく力も持っています。

また、変化球に対する対応も、体を開かず引っ張って行くことができるので、
かなり対応能力の高い選手であることも分かります。

台湾のプロ野球のレベルはもう超えている選手であり、日本球界でどこまで通用するのかが
非常に楽しみな選手であることは間違いありません。

スポンサーリンク

年俸に関して

年俸は、日本円にして約2400万円もらっているようです。
5年で約1億2000万円の契約しているということです。

それにしても年俸が格安ですね。

日本球界に来て比較にならないほどの年俸をもらえるものと思います。
当然上のような成績を残せるなら、荒稼ぎできますね。

家族に関して

いくつか調べてみましたが、まだ結婚もしていないようです。
なので独身ですね。

これだけの成績を残しているのですから、台湾では引く手あまただったのでは?

後は、日本球界に来てどこまで通用するかですね。

しかもパ・リーグに入るとすれば、ピッチャーのレベルが高いですから、
持ち前の対応能力を示すことができれば、ある程度の活躍はできるのではないでしょうか。

そうすれば、日本の奥さんを持つことになる?かもしれませんね。

まとめ

以上のことから、次の点を知ることができました。

  • 台湾では4割バッター、三冠王も獲得したことのある強力な左打者
  • 台湾のピッチャーは投げる球がないほど対応能力の高いスラッガー
  • 日本球界でどれほど通用するか、そこが関心の的

という具合じゃないでしょうか。

まだ25歳と若いですので、育てようによってはこれからまだまだ伸びしろがある選手だと
思います。

スポンサーリンク

日本球界で活躍し、将来的にはメジャーリーグでもプレーすることも期待できそうな選手だと
思いますので、来年からの活躍に期待したいですね。

テキストのコピーはできません。