寺下真理子の年齢や年収は?彼氏はいる?バイオリンの実力は?

寺下真理子の年齢や年収は?彼氏はいる?バイオリンの実力は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 
5月14日の「踊る!さんま御殿!!」にバイオリニスト、寺下真理子さんが出演されます。

片付けベタで、「ガサツ」とまで言われてしまう寺下さんですが、バイオリニストとしては超一流の腕前を持っておられます。

では、この寺下真理子さんとはどんな方なのか、バイオリニストとしての実力や年収はどれぐらいなのか、調べてみたいと思います。

また、彼氏がいるのかどうかなど、プライベートにも迫ってみたいと思います。

(アイキャッチ画像はhttps://www.oscarpro.co.jp/#/profile/entry/112212より引用)

寺下真理子さんのプロフィール・年齢について

https://twitter.com/marikoviolin/status/1108992465522978817

プロフィール

氏名 寺下真理子(てらしたまりこ)

生年月日 1982年11月6日(36歳)

出身地 和歌山県和歌山市

学歴 東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校→東京芸術大学→ブリュッセル王立音楽院修士課程卒

所属事務所 オスカープロモーション

 

寺下真理子さんは5歳からバイオリンを始められます。

中学生の時には、第50回全日本学生音楽コンクール中学生の部で、大阪大会第2位を受賞されます。

また、五嶋みどりデビュー20周年記念コンサートで、あの五嶋みどりと共演するという経験を踏まれました。

2004年には第2回東京音楽コンクール弦楽器部門第2位(バイオリン最高位)受賞し注目を集められます。

これまでに東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団他と共演という、ソロとしての活動の場を広げてこられました。

 

年齢は、36歳と、そこそこ行っておられるんですね。

見た目が若いので、ちょっとビックリですね。

でも、若いときと比べてちょっと顔が変わってきておられるように感じます。

演奏家としては、円熟の域に入ってきておられる年齢ではないでしょうか。

バイオリニストとしての実力は?

 

上でも書きましたとおり、交響楽団との共演として、ソリストとして活動できるわけですから、相当の実力があることが分かります。

実際の演奏を見てみましょう。

 

 

低音域から高音域まで、安定した、澄んだ音色を奏でておられますね。

速弾きのところも音程がすべて安定しています。

弦で弾いていて途中に一音だけピチカートが入るところもなんの心配もなく弾きこなしておられます。

これほど一人の演奏で聞く人を引き込める人は、相当の技術力がなければなりませんよね。

どこかの団員になるのではなく、ソリストとしてやっていくことを決意された裏には、よほどの自信と実力で裏打ちされていなければなりませんよね。
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

寺下真理子さんのソロバイオリニストとしての年収は?

 

こればっかりは推測の域をでませんが、興味深い解説が書かれているサイトがありました。

指揮者やピアニスト、バイオリニスト等のソリストとして活動する音楽家の場合、その大半は音楽事務所に所属しています。自分の代わりに事務所にマネジメントや宣伝活動などを任せ、自らは演奏活動に集中する体制をとります。

このような音楽家は、コンサートを開催するたびに入る出演料が主な収入源となりますが、そこから事務所の経費(15〜20%程度)と源泉税(約10%)を差し引いた額が音楽家の取り分となります。

名の知れた音楽家であればあるほど1ステージ当たりの収益は高くなり、自らの収入も増えます。

海外のコンクールで入賞するような音楽家の場合、経費等を除いて1回当たり50万円程度を得ているようですが、これだけ稼げる人は決して多くなく、10万円〜30万円程度を安定して得られていれば、それなりに成功している部類に入ると言えます。

http://careergarden.jp/ongakuka/salary/より引用

 

ソリストとして名を馳せておられるとはいえ、まだ海外のコンクールで入賞すると行ったことはありませんので、一回の演奏で30万程度の演奏料はもらっているというところでしょうか。

そして、年間50回ほどの出演をしておられるとすると、1500万円程度、といった計算になるのでしょうか。

そう考えると、それほどたくさんもらっていないように感じてしまいますよね。

名前がもう通っていますので、もう少しもらっているというところが着地点じゃないでしょうか。

 

寺下真理子さんに彼氏は?

 

もう36歳になる寺下さんですから、結婚しても全くおかしくない年齢ですが、そのような情報は全然ありませんでした。

日本国内のみならず、海外での演奏会にも出演している寺下さんですので、そのようなヒマはないのかも知れません。

まあ、実力を落とすようなきっかけを作らずに、このまま独身でいてほしいと思うのは外野の勝手な願望でしょうか。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

「踊る!さんま御殿!!」でどうも自分のイメージを損なってしまっているように思いますが、

知名度を上げるためにオファーを受けられたんでしょうかね。

バイオリンの実力としては申し分ないものを持っておられるだけに、この実力を持ってして知名度を上げていってほしいと思いますね。

また今度、バイオリンの演奏を地上波で見せていただきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。