寺根亜弥の経歴と救急医の仕事とは?年収や旦那についても調査!

寺根亜弥の経歴と救急医の仕事とは?年収や旦那についても調査!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

11月26日の「セブンルール」で、湘南鎌倉総合病院の救急医、寺根亜弥さんが取り上げられます。

救急センターという過酷な現場で働く寺根亜弥さんについて、番組では放送されるわけですが、

どうして救急医になられたのかということも気になりますよね。

寺根亜弥さんの経歴や、年収や旦那さんについても調べてみたいと思います。

(アイキャッチ画像はhttps://www.skgh-er.jp/girls/%E5%A0%80%E6%B1%A0%E4%BA%9C%E5%BC%A5%EF%BC%88aya-horiike%EF%BC%89/より引用)

寺根亜弥医師の経歴

 

プロフィール

氏名 寺根亜弥(てらねあや)

年齢 30歳

出身地 石川県金沢市

学歴 富山大学医学部卒

略歴 2015年 湘南鎌倉総合病院 初期臨床研修修了→2019年 救急科後期研修修了

 

寺根亜弥さんは、若い頃から医師を志していました。

近所に「赤ひげ先生」のようなお医者さんと出会い、多くの人を助けたいと思って、救急医を目指されるようになりました。

 

そんな中、富山大学医学部を卒業されたわけですが、

その後。湘南鎌倉総合病院を選んだ理由については、次の動画で述べておられます。

 

湘南鎌倉総合病院で女医さんのもとで研修させてもらった時、その質の高さとこなされる量に感銘を受け、こんな医師になりたいと思って、この病院を選んだということですね。

湘南鎌倉総合病院には優秀な医師がたくさん揃っているんでしょうね。

 

また、救急医を目指した理由については、次のようにも述べておられます。

いかなる状況や現場であっても自分の知識や手技、身体診察を活かして目の前の患者さんを救えるようになりたかったんです。
そんな想いを胸に、Generalistでありながら急性期医療のSpecialistとしての誇りを持って働いている湘南ERスタッフドクターに憧れて、ER型救急を志しました。

https://www.skgh-er.jp/girls/%E5%A0%80%E6%B1%A0%E4%BA%9C%E5%BC%A5%EF%BC%88aya-horiike%EF%BC%89/より引用

 

すごく気高い志をお持ちなんだということがよくわかりますね。

 

寺根亜弥医師の務める湘南鎌倉総合病院の救急センターとは

この救急救命センター・湘南ERは、「24時間365日、すべての患者を受け入れる」ことをモットーとしており、患者の受け入れ数は年間1万4千人を超えると言います。

そのなかで、寺根亜弥さんは、30歳という若さで現場リーダーを担っておられます。

https://www.ktv.jp/7rules/program/191126.htmlより引用

 

湘南ERは、他の病院で専門医がいないということを理由に断られている患者を受け入れるため、地域の最後の砦となっている病院です。

それだけ様々な症例と向き合わなければならないため、広範囲な知識と確かな技術が求められる現場と言えるでしょう。

湘南鎌倉総合病院の救急医については、山上浩さんも以前取り上げられていましたね。

以下のページもご覧ください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

寺根亜弥医師の旦那さんは?

この「セブンルール」の取材を受けていた時点で、妊娠9ヶ月を迎えておられ、旦那さんがおられることは間違いないんですが、

旦那さんに関しての情報は見つかりませんでした。

 

しかし、寺根亜弥さんは、旧姓が堀池さんというらしく、結婚して寺根さんになられたということが言えると思われます。

それ以上の情報は得られませんでした。申し訳ありません。

 

寺根亜弥医師の年収は?

 

寺根医師個人の年収については調べても出てきませんでした。

しかし、救急救命医の年収の相場を調べてみると、求人の提示年収上限が、あるサイトでは1,400万円~1,600万円が29%、2,000万円以上が39%と、非常に高く設定されていることがわかりました。

 

寺根亜弥医師は、救急救命医というだけでなく、シフト責任者の「スーパーバイザー」を担うリーダー的存在となっておられます。

そのため、求人の上限である2,000万円は越えていることも考えられますね。

若くしてそれだけの大金を手にできるなんて、羨ましいかもしれませんが、それと引き換えにとんでもない重責と患者の命を預かっているわけですから、それぐらいはもらっておられても妥当なんじゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク

最後に

救急救命医として高い志を持ち、自分を捧げる寺根亜弥医師。

自分たちが最後の砦であることを認識し、その状況を受けて立つその姿は素晴らしいものがあります。

そういう人の生き様をテレビで見られるというのは、とてもいいことだと思いますね。

これを機に、神奈川県に引っ越そうかな?なんて思う筆者なのでした(笑)

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。