辰巳ゆうと最優秀新人賞!大学や藤井寺のおじいさんについて調べた!

辰巳ゆうと最優秀新人賞!大学や藤井寺のおじいさんについて調べた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 
本日放送の「第60回日本レコード大賞」の中で、最優秀新人賞を辰巳ゆうとさんが受賞しました。

2018年1月17日に「下町純情」という曲でデビューを果たし、1年足らずでの受賞となります。

非常に凄いことではないでしょうか。

まだデビューしたてということもありますし、これから一気に注目をあびることも考えられますので、ここで辰巳ゆうとさんについて調べてみたいと思います。

辰巳ゆうとさんのプロフィール

名前 辰巳ゆうと(本名は同じ読み、字が異なるらしい)

生年月日 1998年1月9日(20歳)

出身地 大阪府藤井寺市

身長 173cm

所属 長良プロダクション

学歴 現役大学生

 

まだ弱冠二十歳での受賞、素晴らしいと思います。

しかも現役大学生、どこの大学かは公表もされておらず、調べてもわかりませんでしたが、英語を中心に勉強されているそうです。

そして、演歌歌手らしくない、シュッとしたイケメンですね。

スーツじゃなかったらジャニーズと言っても通用するんじゃないでしょうかね。

スーツだと選挙ポスターにも見えてしまいますが(笑)

 

演歌との出会いと成長

演歌は、物心つく前から周りにあったようです。

お祖父さんが演歌が大好きで、生まれて数ヶ月にはこっそりカラオケ喫茶に連れて行かれていたという英才教育ぶり。

そのお祖父さんの影響で、小さい頃から演歌を聞いて育ったということですから、人生演歌一本!という感じですね。

しかしそれだけにとどまらず、小学校4年生からカラオケ教室に通い始めます。

その甲斐あって、中学1年生の時には「長良グループティーンズカラオケ大会」で優勝を果たします。

高校一年生のときからボイスレッスンを受け始めました。

そして、2016年には大学進学のために上京し、デビューする一年前ぐらいから、なんと演歌では異例の、ストリートライブを決行するという決意の持ち主だったんですね。

特に、赤羽、錦糸町などで週二回のペースで行っていたそうです。

それが下の動画です。

 

 

演歌向きの細い声で、こぶしを回すのもとても上手ですね。

この頃から十分に実力を持っていることが分かります。

そして、長良プロダクションに所属。

ついに、2018年1月17日に「下町純情」で現役大学生としてデビューを果たします。

それが、以下の動画です。歌の途中までですが、ご覧ください。

 

 

その「長良プロダクションカラオケ大会2018」の告知VTRにも出演していますね。

 

 

長良プロダクション期待のホープ(死語(笑))であることが分かります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

そして最優秀新人賞へ

今日放送の「第60回日本レコード大賞」の最優秀新人賞へと一気に駆け上がることになりました。

その瞬間について、こう報道されています。

自分の名前が呼ばれた瞬間、驚きの表情を浮かべた辰巳は、盾を受け取るとこらえきれずに涙。「応援してくださる皆さまのおかげで、この最優秀新人賞をいただけることができました。本当に応援してくださる皆さま、支えてくださる皆さまに感謝の気持ちを忘れずに、この賞に恥じない歌い手になれるように、一生懸命がんばってまいります。」と涙をこらえながら感謝の言葉を述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000335-oric-entより引用

こんなに順調な歌手デビューからの階段を登っている辰巳ゆうとさん。

かえってこれからプレッシャーに押しつぶされなければいいですね。

そして、演歌のきっかけを作ったお祖父さんについて問われると、こう言いました。

「今も元気なので、帰ったら電話で報告しようと思います」と話し、カメラ越しにも「おじいちゃん、やったよ」と呼びかけ。そして、万感の思いでデビュー曲「下町純情」を熱唱した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000335-oric-entより引用

 

一つのことにずっと取り組んできたその成果がここで花開いたわけですね。

その高い歌唱力が評価されたんでしょう。

一生に一度の新人賞、これをずっと大切に心に刻んで、演歌界を引っ張っていってほしいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

https://twitter.com/kiharu_junretsu/statuses/1079315332425109504

この左の女の子が辰巳ゆうとさんのファンだとすれば、幅広い年代からすでに支持されていることが分かりますね。

今後も、氷川きよしさんのように、みんなに愛される歌手になってほしいですね。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。