タピオカの原料って何?栄養素やカロリーは?原価率が低くてボロ儲け?

  • 2019.07.23
タピオカの原料って何?栄養素やカロリーは?原価率が低くてボロ儲け?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

とどまるところを知らないタピオカブーム。

タピオカミルクティー、たしかにおいしいですよね。

しかし、値段はけっこう高い。

でも、疑問を持ちつつ飲んでいませんか?

そもそも、タピオカって何?って感じですね。

また、栄養素やカロリーも気になります。

それに、原価率を知ると、驚きの声が上がるかもしれません。

それでもあなたはタピオカドリンクを飲み続けますか?なんてね(笑)

(アイキャッチ画像はhttps://news.nicovideo.jp/watch/nw5523867より引用)

タピオカの原料って何?

https://macaro-ni.jp/33335より引用

この写真、何だか分かります?

イモのように見えますね。

そうです、これは、南米が原産地の「キャッサバ」というイモの一種なんです。

あちらの厳しい気候でも比較的簡単に栽培できるそうで、栽培技術も確立され、大量栽培が可能になっています。

 

実は、このキャッサバ、「シアン化合物」という毒が含まれています。

そのため、食用にするには毒抜きの処理が必要で、生では日本に輸入することは禁じられています。

葉を発酵させて有毒な成分を除き、加工されたキャッサバのみが日本へ輸入することが許可されています。

 

これをどのようにタピオカにするのでしょうか。

まず、キャッサバのイモの部分から取ったデンプンを水で溶き、加熱します。

そして、ねったデンプンを特殊な容器に入れて回転させると、遠心力がかかって丸くなり、その粒上になったものを乾かすと「タピオカパール」になります。

その「タピオカパール」を2時間ほどゆでて戻すと、よく見る「タピオカ」になるんですね。

 

通常はタピオカは乳白色で、黒いタピオカはカラメルなどで色付けされているんです。

知らなかったですね~。

 

タピオカの栄養素やカロリーは?

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/より引用

タピオカはチュルンとしていて、弱々しそうな顔して、けっこうやり手なんですね。

というのは、まず、栄養素として、ミネラルを多く含んでいるからなんです。

それを上げていきましょう。

 

カリウム

カリウムは100g中48mg含まれていて、体内にある余分なナトリウムを排出するのに役立つミネラルです。

夏はカリウム不足になりやすく、夏バテの原因にもなるので、意識的に摂ることが勧められています。

 

カルシウム

カルシウムは100g中28mgも含まれていて、骨や歯を作ったり、イライラの抑制に役立つ大切な栄養素ですね。

これはよく知られているところです。

 

マグネシウム

マグネシウムは100g中5mg含まれています。

これも骨を作るのに欠かせない栄養素となっています。

マグネシウムは、疲れ対策や、高血圧対策、頭痛対策にも効果が期待できるようです。

 

リン

リンは100g中6mg含まれています。

これも歯や骨の形成に必要な栄養素です。

これは、摂り過ぎには注意しなければなりませんが、タピオカの場合はとりすぎになるほどの量ではないので安心しても大丈夫です。

 

ということで、どれも現代女性にとってとてもうれしい栄養素ですね。

じゃあ、タピオカドリンクを積極的に飲まなければ、と思われましたか?

 

あと、ハードルとして、カロリーがあります。

タピオカは、実は高カロリーな食品なんです。

乾燥タピオカ100gあたりのカロリーは355kcalあり、ご飯100gは168kcalなので、意外に高カロリーだということが分かると思います。

でも、茹でると、タピオカのカロリーは100gあたり62kcalとなり、さらにドリンクに入っているのは大さじ一杯程度の量なので、カロリーにすると9kcalほどということになります。

驚かせてすみません(笑)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

驚きの原価率は?

タピオカミルクティーって、400円から500円で売っていますよね。

結構高いんです。

なので、飲んでいる自分を想像して、優越感に浸ることも可能な飲み物ですね(笑)

 

でも、原価率はどれぐらいなんでしょうか。

あるタピオカドリンクの移動販売をしている男性はこう語っています。

「タピオカは、むちゃくちゃ稼げますね。6月から埼玉北部を攻めてみたら、バカ売れして、日に300杯くらい売れています。とにかく原価が安い。一杯あたりタピオカが10~20円、紅茶は茶葉からとっても5~10円、それにガムシロップ、牛乳、容器やストローなどを計算に入れても、原価は20%くらいですから」

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/より引用

 

他にも、首都圏ですでに3店舗タピオカドリンク店を構えているオーナーさんはこう言っています。

「400円で販売している最もスタンダードなタピオカミルクティーのMサイズで計算すると、原価は約10%。内訳は、ミルクが約30円、タピオカが5.5円、紅茶の茶葉が2円といった感じです。

原価率25%と言われているスタバのキャラメルフラペチーノよりもだいぶ利幅がある計算になりますが、他店だとただのミルクティーが400円くらいしてタピオカは別料金で、70円くらい取られるので、良心的なほうですよ。しかもウチはタピオカ大盛り無料。これ、実はタピオカが入るぶん、高価なミルクが少なくて済むので原価は安くなる

一番成功している都内の店舗だと、月に6000杯は売れるので、単純計算で粗利が約216万円。店舗の家賃が21万円で、常時2人のバイトの給与が80万円。光熱費を除いても100万円は手元に残る。3店舗合計の月間純利益は、300万円弱といったところです」

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5523867

 

というカラクリがあるんですね~。

原価が10~20%というのは非常に驚きじゃないですか?

ブームに乗ってしょっちゅう飲んでいるオネエサン方はショックを受けたりして(笑)

 

ま、儲からなければ商売しないわけですから、当たり前って言えば当たり前なんですけどね。

 

スポンサーリンク

まとめ

このタピオカブーム、いつまで続くのかわかりませんが、タピオカについては知らないことだらけだったのではないでしょうか。

ちょっとでも疑問を感じて調べてみたあなた、とても偉いです!(笑)

これからは、正しい知識を持って、タピオカドリンクを飲むことが出来ますね。

ああ、あの人たちを儲けさせているんだなあと思いながら(皮肉)…

いずれにせよ、タピオカドリンクを飲みすぎて体を壊したというニュースもあるぐらいですから、ほどほどに楽しんでくださればと思います。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。