田中康久は箱根の達人!プロフィールやオススメの小浴場と場所は?

田中康久は箱根の達人!プロフィールやオススメの小浴場と場所は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 
次回放送の「マツコの知らない世界」に、箱根の達人である田中康久さんが出演されます。

箱根で生まれて62年、ここから出たことがないと言っておられます。

また、新聞配達店を経営しておられることから、余計に箱根に対して非常に詳しくなった人でもあります。

では、この方のプロフィールはどんなものなのでしょうか。

箱根ツウの人はどのような温泉を楽しむのでしょうか。

箱根にある小浴場を一挙公開致します!

旅の参考にしていただければと思います。

(アイキャッチ画像はhttps://blogs.yahoo.co.jp/viragoo/folder/3585.html?m=lc&p=2より引用)

田中泰久さんのプロフィール

田中康久
http://www.5lweb.jp/info.php?type=article&id=A0000068&detail=trueより引用

 

プロフィール

氏名 田中康久(たなかやすひさ)

生年月日 1954年?月?日(64,5歳)

学歴 立正大学卒

現在は、

  • 箱根町マスタープラン委員
  • 箱根もてなしの達人(箱根町認定)
  • 大名行列保存会
  • ほたる愛護会
  • 観光協会
  • 自治会

等、地域ボランティアの活動を行なっておられます。

面白いエピソードとしては、以前、箱根に関するクイズ番組に、回答者として出演してほしいという依頼があったときのことです。

でも、「全部わかっちゃうから面白くありませんよ」と一旦は辞退。

代わりに、今度は問題作成を担当すると、予想以上の好評を得ました。

それがきっかけで、「箱根のことは田中に聞け」ってなことで、メディアや雑誌に箱根情報を提供するようになったということです。

それだけ箱根通になったのは、やはり新聞配達という仕事のおかげ。

「新聞配達の仕事をしているおかげで、日常的に箱根中をまわっています。色々な人と話をするし、ローカルな情報がダイレクトに入ってくる。自ずと箱根の事情通になりますから、この知識を箱根の観光に役立てたいと思ったのがきっかけでした」

http://www.5lweb.jp/info.php?type=article&id=A0000068&detail=trueより引用

 

ということで、1980年代前半という昔から、インターネットを繋ぎ、掲示板を開設しました。

観光客に答えるという形で、箱根の情報を発信されていきました。

 

そんな田中康久さんが、今回、「マツコの知らない世界」で小浴場を紹介されるということですから、箱根ファンならずとも必見の番組ですね。

 

筆者オススメの小浴場とその場所は?

ここでは、小浴場は「共同浴場」という定義でご紹介したいと思います。

では、それぞれいってみましょう。

 

弥坂湯

場所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本577

 

 

 

いかにも大衆浴場、というたたずまいです。

ここで毎日の疲れを癒せる地元の方々はうらやましいですね。

丸い湯船が特徴で、アルカリ性単純温泉が体に染み渡ります。

弥坂湯

http://www.sut-tv.com/show/teppen/corner/week/tue/post_1469.phpより引用

 

3,4人入ったらもう満員っていう感じのお風呂ですね。

でも、箱根の匂いを感じながらわびさび感を感じるにはいい温泉ですね。

(入浴料: 650円)
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

上湯温泉大衆浴場

場所:神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤112

 

 

 

これは、箱根湯本から歩いて15分ほどのところにある温泉地の中にあります。

いきなりですが、かなり古いところなので、上級者向きかもしれません。

もちろん、かけ流しの温泉です。

泉質は単純温泉です。

何度も廃業の危機に直面しているそうですが、その度、地元の常連さんやファンの方々のご尽力により、存続しているとのことです。

ディープな箱根を堪能したい方はぜひ。

(入浴料:500円)

 

太閤湯

場所:神奈川県足柄下郡箱根町宮の下223

 

 

 

奥の赤い建物が「太閤湯」です。

ここは、地元の方が運営しているためか、箱根一安い立ち入り湯となっています。

温泉が69℃ほどあるため、加水はしていますが、かけ流しの温泉です。

観光客向けではなく、地元色が強いですので、地元の方とのふれあいを楽しむことができそうですね。

泉質は、ナトリウム塩化物泉 純弱食塩泉です。

(入浴料:400円)

 

亀の湯

場所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1080

 

 

 

亀の湯

https://latte.la/column/31973487より引用

 

一見民家のようなこの温泉ですが(水色ののぼりに「亀の湯」と書いてあります)、特筆すべきは、こちらは「貸切風呂」があるんです。

家族連れやカップルなど、ゆっくり温泉を楽しみたい方にもオススメです。

また、こちらにはとっても気さくな名物お母さんがおられるそうです。

そのお母さんと話をするのも、旅行の良いひとときになるかもしれませんね。

泉質は、ナトリウム一塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩温泉です。

(入浴料:550円 家族風呂の場合は750円)

 

姫之湯

場所:神奈川県足柄下郡箱根町大平台583

 

 

 

 

こちらの「姫之湯」は、比較的大きな規模で設備もしっかりしているので、初心者向きといえます。

泉質はナトリウム・塩化物泉。

熱めの源泉がかけ流しでぜいたくな気分を感じることができます。

(入浴料:550円)
 

スポンサーリンク

まとめ

「田中康久は箱根の達人!プロフィールやオススメの小浴場と場所は?」として書いてきましたが、

  • 田中康久さんは新聞配達という仕事の利点を生かして、箱根もてなしの達人となっていらっしゃる
  • その田中康久さんが、箱根の魅力を感じるのは小浴場だとおっしゃる
  • 小浴場でディープな箱根を満喫できる
  • 大きい温泉施設・ホテルだけでなく、こういった小浴場をめぐる旅もオツなもの

 

このページの小浴場の情報を生かして、ぜひ箱根の旅を満喫していただければうれしいです。

地元の人との裸の付き合いを通して、温泉だけでなく人の暖かさも感じる旅になればいいですね。

スポンサーリンク

 

 

 

テキストのコピーはできません。