高橋里華のw介護が壮絶!旦那はいい人?本人は乳ガン?

高橋里華のw介護が壮絶!旦那はいい人?本人は乳ガン?

スポンサーリンク

本日1月26日、「爆報!THEフライデー」で、高橋里華さんが取り上げられます。

お義父さんと実のお母さんの介護で大変な生活を送っておられるそうです。

さて、どんな生活をしておられるんでしょうか。

旦那さんの存在や、ご本人の体調も含めて、調べてみました。

高橋里華のプロフィール

bandicam 2016-04-22 19-58-11-045

http://www.livenan.com/archives/2675474.htmlより引用

 

プロフィール

名前 高橋里華

生年月日 1972年3月18日(46歳)

出身地 埼玉県上尾市

身長 164cm

趣味 パソコン・ドライブ・グルメ旅・TOY収集・音楽鑑賞・漫画

 

15歳の時に出場した全日本国民的美少女コンテストで入賞したことをきっかけに芸能界入り。

その後、20歳の頃に今度は「フジテレビビジュアルクイーン」を受賞し、アイドルの地位を確立。

90年台にはそのアイドルとして、5年間に60本ものCMに出演し、CMクイーンとしての評判もほしいままにします。

 

そして、34歳(2006年)の時にCMディレクターの男性と結婚し、引退しました。

スパッと思い切った決断でしたね。

 

介護の生活は?

早くも2011年には、義父母の介護生活が始まります。

ということは、結婚5年目にして早くも介護をする必要に迫られたということになります。

さらに、ほぼ同時期の2010年には長女、2013年には次女を出産します。

38歳、41歳の時の出産で、マアマアの高齢出産だったことがわかります。

 

そして、子育てと介護の超多忙な生活をしてこられました。

お義父さんは認知症を患い、お義母さんは末期の肝硬変と膀胱がんの病気を持つ状態でした。

そのお義母さんは今はもう亡くなり、お義父さんの世話がますます大変になってきておられるようです。

 

お義父さんは「夜間せん妄」を患ってしまい、深夜になると人柄がひょう変してしまうのだそうです。

https://ameblo.jp/housyasenhibaku/entry-12394840461.htmlより引用

 

そんな中、今度は実のお母さんに病魔が襲います。

新たにになったのです。

 

夜もしっかり眠れない中、子育てをし、お義父さんの認知症に付き合い、お母さんの入院時の世話や、通院などを手伝う超多忙な日々を送っておられるということなんですね。

 

多くの人であれば悲鳴を上げ、倒れてしまうのではないでしょうか。

それでも、この高橋里華さんは、施設に入れることを選択せず、自宅での介護を続けておられるのです。

 

「爆報!THEフライデー」は度々この高橋里華さんをこれまでも取り上げ、そのたびに介護の実情を放送してきたようですが、

今晩の放送でも、新しい情報を交えながらW介護の生活を紹介するんでしょうね。

また取り上げるということから、介護の状況が変わったのかもしれません。

 

40代の私たちにとって、(あ、ばらした)決して他人事ではないことですので、本当に尊敬の念を感じます。

スポンサーリンク

旦那はどうしてる?

ご主人さんは、先程も書いたようにCMディレクターとして、毎日忙しい日々を送っておられるということなんですね。

なので、介護はどうしても手伝えない様子です。

 

自分の親を全部嫁さんに見せておいて、それはないんじゃないかと筆者は感じてしまいますね。

これだけの介護が必要になれば、実の息子の自分が仕事を変えるとか、いろいろな手段をとられる方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、里華さんの旦那さんはそのまま仕事を続けておられるんですね。

 

内部のことは誰にもわからないので、批判めいたことは書きたくはありません。

まあきっと、施設に入れることなどを話し合ったんじゃないかとは思いますけど、里華さんが自分で見ると言われたのかもしれません。

 

それでも、上の写真のように、里華さんはやつれた様子を見せることもなく、よくがんばっておられるなと心底尊敬します。

 

里華さんのブログから旦那へのラブレタ-

介護が始まる1年前、長女が生まれて間もない頃、里華さんは感動的なブログを投稿しておられます。

その時は本当に将来が希望に満ちあふれた時だったようなんです。

一部引用しますと、

 

『里華ちゃん、幸せ?』

突然、夫からこう聞かれました

『幸せ過ぎるよ』

答えてからつけ足した

『もしかして、これから先幸せな事しかないんじゃないかな』

夫は笑いながら

『星乃歌が喋れるようになったらまた違うかもしれないけどね』

毎日、ほんと幸せ過ぎて怖いので
この先何があっても悔いのないよう、
今、あなたにラブレターを書きます。

https://yaplog.jp/popstepjump/archive/2867より引用

この頃は本当に幸せすぎる時代だったんですね。

長女の星乃歌さんが生まれて間もないので、本当に可愛かったんでしょう。

 

ご夫婦の本当に仲の良さが伝わってきます。

 

そのブログで、実は介護のことにも触れておられるのです。

この先、歳を重ねて老いさらばえた時
介護してもらうようになるかもしれない。

自分が介護されるかもしれないという思いです。

そんな将来のことを思い描くことができる人柄だからこそ、お義父さんお義母さんの介護ができたんでしょうかね。

その後、このようにしたためておられます。

ありがとう

私の夫になってくれて

本当にどうしようもなく不束な嫁ですがこれからもどうぞよろしくお願いします

あー

あの時
思いきってあなたに告白して本当に本当に良かった

これだけは
自分を誉めたいです

面と向かっては恥ずかしくて言えそうにないので
ブログにてしたためてみました。

幸せです

 

よほどご主人を愛しておられることが伝わってきます。

 

このご主人への愛が、ご主人のご両親への献身的な介護につながっているのかなあと思うようになってきました。

こんな高橋里華さんにとって良いご主人であるからこそ、深い話し合いを行い、自宅での介護を決断されたのかもしれません。

 

やはり外野が簡単に批判するわけにはいきませんね。 反省。

 

里華さんは乳がん?

これは勘違いで、同姓同名(字は違う)の高橋梨香さんという別人の方のことでした。

「奇跡のウェディング 末期がんのナースが誓った永遠の愛」の筆者がこの高橋梨香さんということなんですね。

 

この方は、看護師だった32歳の時に乳がんにかかり、転移して治療しながら仕事を続け、結婚式もあげたという人物です。

 

なので、今回取り上げている高橋里華さんとは違うということです。

 

まとめ

何度も言いますが、高橋里華さんの生き様には本当に頭が下がります。

この苦しい状況から早く脱してください、と言うのもはばかられる問題ですので、体調には十分気をつけて、自分のことにも目をやってくださいねとしか言えません。

スポンサーリンク

 

自分のことを後回しにしておられることと思いますが、決して倒れられることがないよう願います。

テキストのコピーはできません。