田川亨介の経歴や高校は?彼女はいる?プレースタイルについても!

田川亨介の経歴や高校は?彼女はいる?プレースタイルについても!

スポンサーリンク

サッカーU20ワールドカップに出場している日本が、メキシコU20代表に3-0で勝ち、1勝1分けの勝ち点4としました。

そのメキシコ戦で特別目だったのが、今年からFC東京に移籍した田川亨介選手。

自らもゴールを決め、3点全てに絡む素晴らしい活躍をしました。

これから日本を背負って立つポテンシャルを十分に持っている田川亨介選手ですので、ここで詳しく調べてみたいと思います。

田川亨介選手の経歴・高校

 

プロフィール

氏名 田川亨介(たがわきょうすけ)

生年月日 1999年2月11日(20歳)

出身地 長崎県諫早市

学歴 諫早市立高来中学校→佐賀県立高志館高等学校卒

サッカー歴 アルディートFC→雲仙アルディートFC→サガン鳥栖U-18→サガン鳥栖→FC東京

身長/体重 181cm/70kg

 

出身は長崎県ですが、高校は佐賀県の高志館高校に通学することになります。

と同時に、サガン鳥栖U-18に入団することになりました。

佐賀県立高志館高校はこちらにあります。

 

 

相当広い学校ですね!

普通科の他に、園芸科学科、環境緑地化、食品流通科などがあります。

園芸に力を入れているので、これだけ広い土地が必要なんでしょうね。

 

田川亨介選手は、この学校に通いながら、サガン鳥栖U-18でサッカーの練習に明け暮れる毎日を過ごします。

田川亨介選手のサッカー歴

田川亨介選手は、若いときからサッカーにとても優秀で、年代別代表に何度も呼ばれています。

18年:U-21日本代表
└AFC U-23選手権(1月)、トゥーロン国際大会(5月)
17年:U-19日本代表
└ロシア遠征(6月)、メキシコ遠征(9月)、AFC U-19選手権(10月)、ブラジル遠征(12月)
17年:U-20日本代表
└U-20W杯(5月)、AFC U-23選手権予選(7月)
17年:U-18日本代表
└スペイン遠征(2月)、AFC U-19選手権予選(11月)
16年:U-19日本代表
└SBS杯(8月)
16年:U-17日本代表
└サニックス杯(3月)、新潟国際(7月)、チェコ遠征(8月)
15年:U-17日本代表
└サニックス杯(3月)
15年:U-16日本代表
└イタリア遠征(4月)

https://web.gekisaka.jp/player/?37252-37252-jpより引用

田川亨介選手は、何度も飛び級で代表に選ばれています。

2017年には、18歳にもかかわらず早くもU-20代表に招集されています。

その時にU-20 代表監督の内山監督はこう述べておられます。

「FWのタイプとして前線に高さが欲しかった。その中で彼の左足と高さを2016年のサニックス杯で見ている。今季はクラブで途中から出て、スピードを武器に明確な結果も残している」

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=25760より引用

高さと左足を兼ね備えている選手はそう多くはないと思います。

しかし、それを持ってして飛び級で選出されるのはかなり難しいものがあると思いますが、田川亨介選手はそれを勝ち取りました。

 

2018年にも、U-21日本代表に選出され、飛び級での代表入りを果たしています。

飛び級といえば、今久保建英選手が注目を集めていますが、この田川亨介選手も、飛び級で選出されており、将来を嘱望されているというのがよく分かりますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

田川亨介選手のプレースタイルは?

プレースタイルについては、いくつかの特徴がいろんな方面で説明されています。

例えば、ウィキペディアでは、

50mを6.0秒で走るスピードとセットプレーの強さを持っている。

と述べられています。佐賀新聞がソースのようです。

また、こんな評価も受けています。

そして今季、鳥栖の下部組織からトップチームに昇格した俊英アタッカーは、裏への抜け出しや左足から放たれるシュートは天性のモノがあり、物怖じしないメンタリティも兼ね備えている。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=25760より引用

そして、さきほど引用したU-20代表の内山監督の言葉。

やはり田川亨介選手の武器は、スピードと左足から放たれる強力なシュートであることが分かります。

 

そのことを裏付ける動画もありますので、どうぞご覧ください。

 

やはり一瞬にしてDFを抜き去ったり、置き去りにしたりする爆発的なスピードが目立ちますね。

また、大きくバウンドしたルーズなボールの着地点に相手DFよりすばやく入り、それをマイボールにしてシュートにまで持ち込むシーンも見られます。

 

自分自身でも、そのプレースタイルについて、見てほしいところを次のインタビューで答えておられます。

 

 

ウィキペディアでいうセットプレーでの強さはU-20ワールドカップで十分発揮されました。

https://twitter.com/pdGt5PzXJxsJi2B/statuses/1132659507287416832

しかし、高さだけが武器ではないところが田川亨介選手のユーティリティーの高さと言えますので、アシストを含め、頭脳的なプレーをすることができるところをこれからも伸ばしていってほしいと思います。

彼女はいるの?

調べてみましたが、やはりというべきか、彼女の存在は確認できませんでした。

この代表入りで大変な時期に、また、大事なアピールの時期に、彼女と浮ついたことは出来ませんよね。

でもまあイケメンの部類でしょうから(笑)、ほっといてもいずれ彼女はできるんでしょうね。そりゃそうだ(笑)

今は、A代表入りに全力を傾けてほしいと思います。

スポンサーリンク

 

まとめ

飛び級で選出されるということは、特に高い能力を認められた選手にしか開かれない道だと思いますので、田川亨介選手は非常に期待されている選手であることがよく分かります。

現在行われているU-20ワールドカップでもさらに活躍すること、そして、今調子のよいFC東京でもレギュラー定着、得点量産が期待されるものと思われますので、今後の活躍にも注目ですね。

そうすれば、A代表入りもそう遠くないと思われる逸材ですので、今から注目していくことに致しましょう。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。