末延則子の経歴・学歴は?シワ改善の開発秘話!年収や結婚は?

末延則子の経歴・学歴は?シワ改善の開発秘話!年収や結婚は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

10月7日のNHK「逆転人生」に、末延則子さんという方が出演されます。

15年の歳月をかけて作り出したシワ改善効果の期待できる美容液を発売したところ、2年で260億円を売り上げる大ヒット商品となりました。

そのシワ改善美容液を開発するに当たって、どのような苦労があったのでしょうか。

末延則子さんの経歴・学歴や、年収や結婚しておられるかどうかなどについて迫っていきたいと思います。
(アイキャッチ画像はhttps://toyokeizai.net/articles/-/260625より引用)

末延則子さんの学歴・経歴

 

プロフィール

氏名 末延則子(すえのぶのりこ)

生年月日 1966年(51歳)

出身地 兵庫県神戸市

学歴 賢明女子学院高等学校→神戸学院大学薬学部→大阪大学大学院薬学研究科博士前期課程修了

現職 ポーラ・オルビスホールディングス執行役員・マルチプルインテリジェンスリサーチセンター所長・ポーラ化成工業取締役執行役員・フロンティアリサーチセンター所長

 

末延則子さんはの学歴を見るとスゴいの一言ですね。

薬学に対する愛と真剣さが学歴に表われています。

一つのことにのめり込むと最後まで極めないといけない、そんな性格の持ち主なのかと見て取れます。

 

大学院卒業後、1991年にポーラ化成工業に入社されます。

そして、入社から11年後、2002年から、抗シワ医薬部外品の開発研究をスタートされました。

その研究が進むにつれて、2009年には皮膚薬剤研究部長、2013年には研究企画部長、2015年にはポーラ化成工業執行役員と昇進していかれます。

そして、2018年から、上にある現職に就かれます。

 

また、中学、高校時代を過ごした兵庫県姫路市の「姫路市ふるさと大使」も努めておられます。

地元も誇りを持つ、そんな人材になっていかれたんですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

末延則子さんのシワ改善効果の期待できる化粧品の開発

末延則子さんたちがまず手掛けたのは、何がシワを生み出すのか、と言う原因を究明することでした。

顕微鏡のスライドガラスに、シワのある皮膚とシワのない皮膚を載せ、1年半から2年近くそれを観察し続けたところ、「エラスターゼ」という成分がシワの原因になっていることを突き止めました。

 

しかし、今度は、その「エラスターゼ」を作り出さないようにするための成分を探さなければなりません。

植物エキスや食品添加物など、約5400種類の成分を試していかれました。

気の遠くなるような作業です。

そうすると、「ニールワン」という成分が有効であることを発見されました。

しかし、「ニールワン」は非常に不安定なため、医薬部外品としての資格にかないませんでした。

そんな中、開発に携わる仲間の中からも、批判の声が上がり始めました。

「世の中に出るかわからないのに、なぜ医薬部外品のシワ改善にこだわるのか。もっと短期的にできる化粧品開発のほうがいいのではないか」

そうこうすると、投資額もかさんでいきます。

 

そんなとき、ある研究員がチョコミントアイスを食べているのが目に入りました。

アイスクリームに入っているチョコチップのように溶けない形状にすればいい

これがきっかけとなり、「ニールワン」を溶かさない方法を発見されました。

ここまでで、7年の歳月が流れていました。

 

ここから、PMDA(医薬品医療機器総合機構)の審査を経て厚生労働省の承認を得る必要がありました。

ついに2016年、このPDMAの審査を合格し、厚生労働省の承認を得ることができました。

ここにたどり着くまでに14年の月日が過ぎていました。

 

それで開発し、2017年1月1日に売り出されたのが、「リンクルショット メディカル セラム」でした。

 

 

末延則子さんの家族は?

やはり、家族は一般の方なので、名前や顔などはわかりませんでした。

しかし、あるインタビュー記事の中で、「子育てをしながらの研究生活」という一文がありました。

ですから、ご結婚なさっておられ、そしてお子さんもいらっしゃるということはわかりました。

お子さんを育てながら研究を続けていく、しかも一人ではなく研究グループのリーダーとして統括しながら働くというのは、かなりのバイタリティがないとやっていけなかったでしょうね。

末延則子さんの「母は強し!」には頭が下がります。

 

末延則子さんの年収は?

末延則子さん個人の年収が公表されていることはありません。

なので、予測に過ぎないのですが、

ある試算によると、ポーラの部長クラスで1500万円強という算出がなされていました。

末延則子さんはその部長を越え、執行役員であることから、2000万円はもらっているというとしても過言でないかもしれません。

 

スポンサーリンク

終わりに

確かに、末延則子さんの研究の道のりは、「逆転人生」と言っていいものだと思います。

それだけ長い時間をかけ、それも幾度もピンチに立たされながらもその状況を楽しんでこられたと言う末延則子さんは、本当にメンタルの強い方だとお見受けしました。

そして、そのような、逆境にも負けない人だけが到達できるところがある。

いろんな面で学べるのではないでしょうか。

そんなスゴい人が人知れず研究しているおかげで私たちの生活が成り立ち、豊かになっているんだなと思うと、頭を下げるしかありませんね。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。