相馬勇紀の父・母・彼女や経歴について!プレースタイルは?

相馬勇紀の父・母・彼女や経歴について!プレースタイルは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 
今売り出し中の相馬勇紀選手。

特別指定選手として名古屋グランパスでプレーし始めてから、すでにたくさんの結果を残しています。

なんと今日2月25日が誕生日で、21歳になったばかり。

オリンピック世代としても注目を集めています。

では、その相馬勇紀選手のプレースタイルとともに、ご両親や彼女について、迫っていきたいと思います。

相馬勇紀選手の経歴・プロフィール

プロフィール

名前 相馬勇紀 (そうまゆうき)生年月日 1997年2月25日(22歳)

出身地 東京都調布市

身長・体重 165cm・68kg

出身校 調布南高校→早稲田大学

サッカー歴 三菱養和SC調布Jrユース→三菱養和SCユース→早稲田大学→名古屋グランパス

背番号 27

ポジション フォワ―ド

利き足 右

 

早稲田大学では、主にMF(ミッドフィールダー)で活躍していました。

名古屋グランパスではFW登録されていますが、先日の第一節でも、途中出場で右MFでプレーしています。

その第一節で見事ゴールを決めています。

そのシーンが…

 

相馬勇紀選手のプレースタイル

右サイドでパス交換しながら、スルスルっとゴール前に顔を出しました。

そこにシミッチのノールックパス、それを豪快にキーパーの頭上を越すシュートを決めました。

 

早稲田大学では、主に右サイドでのプレーをしていましたが、時に左サイドのMFを任されました。

https://soccermama.jp/22558より引用

 

こういう感じですね。

両サイドをプレーできるクレバーさと器用さを兼ね備えているんですね。

東京オリンピックに推薦したい選手を挙げているニュースの中で、「”闘える”技巧派」と紹介されています。

 

その紹介にふさわしく、相馬勇紀選手のプレースタイルといえば、攻撃的なドリブル突破

ディフェンスが距離を縮めようとすれば、一瞬の爆発的なスピードで裏を取る。

裏を警戒すると、足元でボールをもらい、スピードにのったドリブルを仕掛けてくる。

ディフェンス泣かせのドリブル突破が魅力のプレースタイルなんですね。

名古屋グランパスの公式サイトでも、自分の武器は「爆発的なスピード」と自分で書いていますね。

 

また、名古屋グランパスの大森征之SDもこうコメントしておられます。

「プレーの特徴でもある瞬発力・精度の高いシュート・対人の強さを最大限発揮していただきグランパス攻守一体の攻撃サッカーを目指す上でその攻撃陣の中心として活躍し成長してくれることを確信しています」

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?245823-245823-flより引用

 

これは、もう第一節で見事に体現されましたね。

これからの成長を考えると、非常に楽しみな選手であり、オリンピック代表も十分視野に入っているプレーヤーではないかと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 相馬勇紀選手選手のご両親について

相馬勇紀選手のご両親についてですが、お父様を相馬直樹元選手と勘違いされて検索されているようです。

が、相馬直樹元選手は相馬勇紀選手のお父さんではございません。

名前も似ていることから、もしかして、と思われた方が多いのではないかと思われます。

 

実は、ご両親は、テニスプレーヤーです。

そのご家庭で、相馬勇紀選手は一人っ子です。

お父さん、お母さんのお名前までは調べてもでてきませんでした。

プロ選手ではないのかもしれませんね。

 

しかし、ご両親は、スポーツ選手であるがゆえに、体に大切なことをよくご存知のようで、

お母さんは睡眠の重要性、

お父さんは栄養の重要性

を教えてくれました。

 

また、ご両親に対して、生まれ持った強い体に感謝しておられます。

 

このように、ご両親からの教えに忠実に、体の大切さに十分留意しておられるので、体に良いとされることは何でも取り入れる素直さも持ち合わせておられるようですね。

 

いいご家庭に生まれてよかったと思いますね。

 

相馬勇紀選手の彼女は?

残念ながら、彼女に関する情報は出てきませんでした。

 

しかし、「早稲田大学 ア式蹴球部」は、彼女厳禁ではないようですね。

こう書いているア式蹴球部の選手がいます。

ア式に来て1番最初に仲良くなったのが、当時同じく寮外生だった雄希だった。
1年の頃、毎日のように雄希の部屋に通って、授業も飯も遊びに行くのもずっと一緒で、彼女にも会わせてくれた。

http://www.waseda-afc.jp/diary-men/52733より引用

 

「ゆうき」とでてくるので、一瞬びっくりしましたが、相馬勇紀選手とは字が違いますね。

でも、彼女を持つことは可能なようです。

 

なので、早稲田大学時代からの彼女はいるのかもしれません。

しかし、今はプロに入ったばかりなので、そうは言っていられない時期ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

「相馬勇紀の父・母・彼女や経歴について!プレースタイルは?」として書いてきましたが、

  • 相馬勇紀選手のご両親は名前や顔などはわからないが、テニスプレーヤーであり、体に大切なことをずっと教えてくれた存在である
  • 彼女についても情報はない
  • プレースタイルは両サイドをプレーできるクレバーなプレーヤーで、爆発的なスピードで相手を振り切れる、シュートも魅力的な選手

であることが分かりました。

スポンサーリンク

 

ぜひまずは名古屋グランパスで活躍して、そして東京オリンピック代表選手に選ばれてほしいなと思いますね。

テキストのコピーはできません。