SouMa(切り絵作家)のプロフィールは?立体切り絵とはどんなモノ?

SouMa(切り絵作家)のプロフィールは?立体切り絵とはどんなモノ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


7月14日の「林先生の初耳学」に、切り絵作家のSouMaさんが出演されます。

たった一枚の紙から驚くような立体の作品を生み出す、新進気鋭の切り絵作家さんです。

番組では1,000万円する作品が紹介されるようですが、もう少しリーズナブルなものから筆者のような庶民の手が届くものまで、様々な作品を生み出しておられます。

謎の多いSouMaさんですが、若干のプロフィールと、作品の数々をご紹介し、ため息を付いてもらいましょう(笑)

(アイキャッチ画像はhttps://www.souma-wkh.com/soumafunclub/より引用)

SouMaさんのプロフィール

https://www.souma-wkh.com/より引用

生まれは島根県、今も島根県在住です。

現在、島根県松江市の松江観光大使も務めておられます。

 

生年月日については、1987年10月8日と言われていますが、それが本当であれば、今31歳ということになりますね。

まだお若い!

 

切り絵は、小学生の頃から始めたそうです。

しかし、今まで美術やデザイン関係の学校で学んだ経験はお持ちではありません。

当然先生もいません。

すべて自分の独学で生み出した手法で、立体切り絵を編み出されました。

生み出す作品のほとんどは、下絵や設計図はありません。

火や水を使った創作や、紙の層を剥がしていく「剥がし切り」など、唯一無二の手法を使って作品を作り上げていかれます。

 

さらには、立体切り絵の作品だけでなく、空間プロデュースやイベントデザインなども手がけておられます。

https://www.souma-wkh.com/%E7%A9%BA%E9%96%93%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-

%E7%A9%BA%E9%96%93%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/より引用

 

こんな感じですね。

 

また、作品のリース、レンタルもされています。

例えば、

・ブランド様のレセプションパーティーでの作品展示

・大使館パーティーでの作品展示

・宝石メーカーVIPイベントでの作品展示

などを手がけてこられたようです。

 

いずれも空間を高級感溢れるものにするのに役立つ、作品の展示になっています。

SouMaさんの立体切り絵の神業について

SouMaさんは、その作品の制作過程について、実演して見せておられます。

実演パフォーマンスも受け付けておられるとのことです。

その実演の動画がありましたので、下に貼り付けてみます。

 

 

今、あなたの口はポカ~ンと開いていませんか?

最後が宣伝でしたので(笑)

それはさておき、たった一本のカッターナイフで、本当に下絵無しで、一枚の紙が美しい造形になっていく様子を見ることが出来ます。

羽根(でしょうかね)のところを棒に巻きつけて、丸くクセをつけることで立体感を出しておられます。

こういった手法もさることながら、全体のデザインも気品あふれるものになっていますね。

SouMaさんの頭の中は一体どうなっているのかなあと、不思議さを超えてしまいます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SouMaさんの切り絵の作品の数々

これも、個展の様子を映した動画がありましたので、ごらんください。

 

 

その繊細さと、時にはダイナミックさとをあわせ持った作品の数々でしたね。

単に写真で見るより立体感がより分かるのではないでしょうか。

ほそ~い線をたくさん合わせることで、気品が生まれてくるのだと感じましたが、一瞬の失敗も許されないその制作過程は本当に想像を絶します

これらが一枚の紙から作られているというのがもう信じられませんね。

驚きというか、驚異、畏怖の念すら感じます。

 

その作品は、小さなものから大きなものまで、非常にバラエティに富んだ物となっています。

いくつか、ツイッターから貼り付けてみますね。

 

モチーフがはっきり分かるものから抽象画っぽいものまで、非常に多岐にわたる芸術性を発揮しておられます。

 

このうち、下から二番目の作品は、実際に販売されているものです。

作品名:想造の火

サイズ:W44.5cm H38cm

価格:¥1,500,000

だそうです!

 

どなたか、ご自宅に飾られるのはいかがですか?

 

SouMaさんの作品を作ってみませんか?

SouMaさんの作品のようなものを、ご自分でも作れるように、立体切り絵の本が販売されています。

SouMaさんのような作品を家に飾るのにもっともリーズナブルな方法ですね。

もし始められたら、ハマってしまうかもしれませんよ!(笑)

 

 

 

こんなアートな作品が自分の手で作れたら最高じゃないですか?

ガラスケースに入れて飾っておきたくなりますね。

スポンサーリンク

まとめ

驚異の神業を持つ立体切り絵作家のSouMaさん。

謎の多い人物ではありますが、アーティストだけにそのほうがなんか高級感が出ます(笑)

興味を持たれた方は、またネットで調べて個展などに足を運んでみられるのはいかがでしょうか。

 

 

切り絵作家については、もうひとりご紹介できます。

よかったらご覧ください。

スポンサーリンク

テキストのコピーはできません。