消費増税対策ポイント5%還元?今からキャッシュレスを準備しよう!

消費増税対策ポイント5%還元?今からキャッシュレスを準備しよう!

スポンサーリンク

2019年10月に予定されている消費税の増税。

現在の8%から10%に増税されるのは皆さん良くご存じだと思います。

しかし、単に増税されると消費が落ち込み、景気に悪影響を及ぼしかねません。

そこで、政府も消費増税対策を打ち出してきています。

11月22日に、安倍首相キャッシュレス決済を行なった場合に限り、5%のポイント還元を検討すると表明されました。

そのポイント還元期間は、9ヶ月間実施するとのことです。

ただでさえ痛い増税に対して、このような対策を検討していただくと、本当に助かると思われる人も多いのでは。

では、私たちはどのように準備すればいいのでしょうか。

ポイントを確実に獲得するために、考えていきましょう。

 

5%ポイント還元の条件

キャッシュレス決済によるポイント還元は、中小小売店での購入分を対象とする方針であるそうです。

その際、クレジットカードや電子マネー、QRコードなどでの決済が条件となります。

みなさんもクレジットカードは一人でもう何枚も持つ時代なので、きっとお持ちのことと思います。

しかし、毎日の小さな買い物もクレジットカードなどキャッシュレス決済をするのには抵抗を感じる方も少なくないでしょう。

では、5%ポイント還元を実現するために、どのように対策、準備していけばいいのでしょうか。

【追記】

その後、政府は、5%還元と2%還元を同時進行で行うことを公表しました。

コンビニや外食など大手チェーン店では還元率を2%にし、大手チェーン店以外の中小店舗の還元率は5%にするというのです。

2種類の還元率が存在することで、消費者の混乱を招く恐れが出てきました。

 

おすすめのクレジットカードの対策

毎日の買い物にキャッシュレス決済をするのに抵抗がある理由として、支出の管理が難しいという点を挙げられることでしょう。

しかし、今、キャッシュカードも私たちにとってうれしい機能がついているものがあります。

それをご紹介しましょう。

それは、楽天カードと楽天カードアプリの組み合わせです!

楽天カードアプリとは、楽天カードで支払いをしたその明細を見ることのできるアプリです。

それに加え、家計簿機能もついています。

(楽天カードアプリについてくわしくはこちら

楽天カードアプリの家計簿機能

https://creditcard-c.com/rakuten-card-app/より引用

 

左の画像のように、支出するたびにその明細が記録され、どこでどれぐらい使ったかが一目瞭然になります。

そして、その上部には支出合計も表示されますから、今予算内でやりくりできているのか、オーバーしているのか、それもすぐに分かります。

また、右の画像のように、どんなジャンルでどれぐらい支払ったかも確認することができるので、使いすぎのジャンルもすぐに見つけることができます。

しかも、楽天カードを使って支払いをすれば、1%のポイント還元も得ることができますので、すごくお得に使うことができます。

いかがでしょうか?

かなり安心して毎日の買い物に使えそうですね。

消費増税される前の今から、楽天カードを申し込みして、少しずつでも試していって慣れておくのが得策かもしれません。

スポンサーリンク

もう一つの選択肢、Kyash

https://tomine-blog.net/credit_card/kyash-visaより引用

Kyashとは、バーチャルVisaカードを即時に発行できるアプリです。

と同時に、写真にあるように、リアルカードも発行できます。

 

Kyashのメリットは、次の点を挙げることができます。

Kyashで支払いをすると支払い金額の2%がキャッシュバックされる

リアルカードの申請で、誰でも審査なしでVISAカードが取得可能

リアルカードであれば街中のVISA対応店で使用可能

VISAのみ対応のお店でもKyashを通すことでMasterCardが使用可能

Kyashでクレジットカードチャージした場合、クレジットカード自体のポイントも取得可能

Google PayのQUICPay利用で支払いにKyashが利用可能

 

https://tomine-blog.net/credit_card/kyash-visaより引用

 

なんとこちらは2%の現金の還元があるということです。

また、クレジットカードチャージした場合、クレジットカード自体のポイントも取得可能ということなので、楽天カードでチャージした場合、合計3%還元の恩恵を受けることができるということですね。

それに、お気付きの通り、これはプリペイド式のカードとして使えるものとなります。

プリペイドであれば、先に予算を入れておいて、それをオーバーしないように、と気をつけながら使うことができるメリットがありますよね。

このKyashのデメリットとして、24時間当たりの購入限度額は5万円以下、また、1回あたりの購入限度額も5万円以下ということなので、大きな買い物にはもともと向いていないカードということになります。

また、1ヶ月間での利用上限もあり、12万円までとなっています。

しかし、それがかえって支出に気を使う要因になったりしますので、精神的にはよろしいかと思います。

くわしくはこちらのサイトを参考にしていただければと思います。

KyashをZaimと連携させて家計簿感覚で管理

「ZAIM 画像」の画像検索結果

Zaimとは、家計簿アプリです。

これとKyashとを連携させることにより、Kyashで買い物をした場合、自動的にZaimに反映されるのです。

これはキャッシュレスで買い物をしてもかなり安心ですね。

連携の手順を簡単に引用しておきます。

Kyashのアプリをダウンロードする

Zaimのアプリをダウンロードする

Zaimの「基本設定」で口座管理を行う

Zaimの「金融機関」から追加ページに移動

「電子マネー」から「Kyash」を選択し口座連携を行う

https://yuulog.com/kyash-real/より引用

そして、KyashとZaimの連携の仕方については、こちらのサイトを参考になさってください。

 

 

まとめ

消費税増税に当たってのポイント還元の恩恵をうけるためには、キャッシュレスを導入する必要があることが分かりました。

気分的に少しハードルがあるようにも思いますが、上のようなカードと付随機能を使って、安心のキャッシュレス生活ができればと思います。

是非検討に含めていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 

 

 

 

テキストのコピーはできません。