白岩優奈クラウドファンディングで資金調達!その理由とは?

白岩優奈クラウドファンディングで資金調達!その理由とは?

スポンサーリンク

フィギュアスケートの新星、白岩優奈選手がクラウドファンディングで資金調達している
ことが話題になっていますね。

今の所、すごい勢いで資金が集まってきています。

どうしてクラウドファンディングが必要になったのでしょうか。

白岩選手の希望とこれからについて調べてみたいと思います。

クラウドファンディングでの現時点での資金調達

白岩優奈選手は、「ACT NOW」というサイトでクラウドファンディングを行っています。

https://actnow.jp/about

そのページによりますと、クラウドファンディングについて、社会的に広げたい面白いアイデアを
資金調達でつまずくことなく、また、金融機関や補助金・助成金を提供する自治体の力を借りずに、
プロジェクトに共感・賛同した人から、小口で資金を調達するサービスであることが書かれています。

集まった資金の10%が成功報酬としてACT NOWに入るとも説明されていました。

白岩優奈選手のクラウドファンディングのページは以下のところにあります。

https://actnow.jp/project/figure_skate_shiraiwa/detail

そのページによりますと、今日11月23日時点で、すでに約1,250万円集まっています。

目標額が400万円ということでしたので、もう3倍の資金調達ができていることになります。

すごいですね。

白岩優奈選手を応援したいという人がそれだけ多いということが分かりますね。

これから前途洋々たる将来が待っている若い選手に期待する声に、白岩選手もありがたいと思うと同時に、
すごい責任感も生じるだろうなと用意に推測できます。

白岩優奈選手のプロフィール

 

出身地 京都府京都市

生年月日 2001年11月26日(16歳)

学校 京都市立大枝(おおえ)中学校→京都両洋高等学校在学中

身長 151cm

家族 両親、3人の兄、本人の6人家族

今シーズンの成績 アジアフィギュア杯 2位
グランプリヘルシンキ 5位(自己ベストをマーク)

コーチ 濱田美栄 田村岳斗 岡村治子

5歳の時、2006年のトリノオリンピックで、荒川静香さんのトゥーランドットを見て、
「きれーいきれーい、これやりたい!」とせがんだそうです。

その翌年から、スケート教室に通い始めたそうですね。

スポンサーリンク

なぜクラウドファンディングなのか

白岩選手のクラウドファンディングのページには、次のような予算が発表されていました。

 

振付け代・衣装代 1,000,000円
氷上・表現レッスン代 1,500,000円
フィジカル・メンタルトレーニング 600,000円
海外強化合宿  1,500,000円
国内外試合経費  1,500,000円
合計 6,100,000円

https://actnow.jp/project/figure_skate_shiraiwa/detailより引用

このうち、400万円をクラウドファンディングで集めたいということでした。

フィギュアスケートって本当にお金がかかるんですね。

他のサイトでは、ご両親のことについて書かれているものがありますが、
自宅にはバーやピアノが置いてあるだの、革張りのソファーがあるだの
書かれています。

しかし、(こう言っては失礼かもしれませんが)普通のご家庭で毎年
これだけの資金を捻出するのは並大抵のことではありません。

特にスポンサーも付いていない白岩選手ですから、資金調達には限界があるという
ことは言うまでもありません。

なので、外野が親が裕福だのそうでないだの言うのは筆者は分不相応に感じます。

しかし、これだけの応援する人がいる中でフィギュアをやっていくと思うと、
相当なプレッシャーが掛かるのも容易に想像できますね。

今、白岩選手がどうスケートに取り組んでいるのか、以下に引用します。

フィギュアスケートはジャンプなどの技術的な素晴らしさと表現力などの芸術的な素晴らしさの双方を追求するスポーツです。ジャンプについては得意の3回転ジャンプはよりダイナミックで美しく、4回転ジャンプも練習していて、北京オリンピックには完成させようと頑張っています。また、表現力については、曲のイメージを美しく表現ができるようバレエやダンスを習っています。そして、北京オリンピックで4回転ジャンプと表現力で私のスケートを見た世界の皆さんに感動を届けたいと思っています。

https://actnow.jp/project/figure_skate_shiraiwa/detailより引用

4回転ジャンプにも挑戦しているということですね。

男子では4回転は当たり前になりつつありますが、女子で4回転に挑戦しているということから、
前途には大きな希望が広がっている選手であることには間違いないですね。

まとめ

日本中から大きな期待を背負うことになる白岩優奈選手。

16歳でこれだけのものを背負うことになるには、相当な覚悟と責任が求められると思います。

単純計算で今後3年間の資金調達ができたと思われるこのクラウドファンディング。

スポンサーリンク

これからの成長に期待し、4回転ジャンプを早く見たいと思いますね。

テキストのコピーはできません。