塩川美佳の現在はナンタケットバスケット作家!購入できる?

塩川美佳の現在はナンタケットバスケット作家!購入できる?

スポンサーリンク

第12回クラリオンガールとして名を馳せた塩川美佳さん。

本日の「爆報!THE フライデー」に出演されます。

その番組の中で、ある業界でのカリスマとして紹介されます。

その業界とは、ナンタケットバスケットの作家としてのカリスマということなんです。

ナンタケットバスケットって初めて聞いた方も多いのではないでしょうか。

では、改めて塩川美佳さんのプロフィールと、その魅力にハマったナンタケットバスケットについて見ていくことにいたしましょう。

 

塩川美佳さんのプロフィール

生年 1966年(52歳)
出身地 福岡県
最終学歴 武蔵野女子大学
身長 170cm

ということぐらいしかわかりませんでした。

なかなか謎を秘めた方ですね。

しかし、その家柄はスゴイものがあります。

以下に関係している親族を挙げます。

  • 夫 相澤英孝 一橋大学名誉教授・法学者
  • 兄 塩川実喜夫 元駐チュニジア大使
  • 義父 相澤英之 元大倉事務次官、衆議院議員・弁護士
  • 義母 司葉子 女優
  • 義理の妹 相田翔子 タレント

https://www.instagram.com/p/Boomx5XHT7y/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

 

と、そうそうたる顔ぶれであることが分かります。

「爆報!THE フライデー」の紹介でも「華麗なる一家に嫁いだ」と書かれていますが、当初は相当なプレッシャーを感じておられたのではないでしょうか。

しかし、今はその名家にふさわしく堂々たる佇まいを見せておられることが上の写真からも見て取れます。

 

ナンタケットバスケットとの出会い

https://www.instagram.com/p/Bp8Y0fAnoD7/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

https://www.instagram.com/p/BpHRwrtn1PS/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

 

塩川さんがナンタケットバスケットに出会われたのは、40歳を過ぎた頃、2006年のことでした。

当時、プリザーブドフラワーを習っておられたそうなんですが、その先生がナンタケットバスケットをも作っておられ、その美しさに魅了されたそうです。

もともと手先が器用で、編み物も得意だったこともあり、自分でやってみたいと思われるようになりました。

そうして、一つ完成させた後、どんどんその魅力に引き込まれ、夢中になって作っていかれました。

知らない間に50個もの作品を作っておられたとか。

ナンタケットバスケットとは

ナンタケットとは、アメリカ東海岸のボストンから30マイルほどのところにある島の名前です。

そこは、セレブの避暑地として有名なところだそうです。

その島で、伝統工芸品として作られているのが、このナンタケットバスケットです。

これは、英国王室からフォーマルな席での使用が認められている唯一のバスケットです。

すべて手作りのため、とても高価で、オードリー・ヘプバーンやジャクリーン・ケネディが愛用していたことでも有名だそうです。

時間が経つとアメ色になっていき、とても味のある作品になっていくので、一生物として愛用されていくものです。

ナンタケットバスケットは命の恩人

塩川さんの話に戻りますが、この制作を始めてから2年後、非常に重い病気にかかられます。

なんの病気だったのかは公表されていませんが、命に関わる病気だったそうです。

その時のことについて、塩川さんご自身がこう述べておられます。

「そんなときに生きがいをくれたのが、このバスケット製作でした。病棟で夢中になって編んでいると、気持ちが落ち着き、生きる力がわいてきました。つらい治療にも耐えられたのは、これがあったから。本当に私を支えてくれた〝命の恩人〞です」

https://ourage.jp/column/karada_genki/28771/より引用

その後、2009年には病気を完全に克服されました。

それを期に、今度はナンタケットバスケットの作り方を教えることを思いつき、教室を開かれるようになりました。

その教室について、こう述べておられます。

「教えることで、不思議とお友だちの輪が広がっていきました。そのときに知り合った人たちは、今でも大の仲良しです。病気を経験したからこそ、触れられた人のぬくもり。得られたこともたくさんあり、病気も悪いばかりじゃないと、今は思うことができます」

https://ourage.jp/column/karada_genki/28771/より引用

現在は紹介者限定で、自宅で教室を開いておられます。

塩川さんの作品は購入できる?

View this post on Instagram

2016年ミュージアム出展 彦十蒔絵×千總刺繍×Mika Shiokawa Nantucket Basketの三重奏コラボ作品です。 内袋は琳派の鶴の京刺繍です。 スティーブ・ケーンにも漆を施し細部までこだわりました。 リムは源氏物語絵巻の浮雲を梨子地蒔絵し時の流れを現しました。 ハンドルには太陽の朱金蒔絵で日の出鶴を表現しました。 まさに日出ずる国、ストーリーのある素晴らしい作品に仕上がりました。 ミュージアムでも注文の的でした。 ✨✨帯も琳派の鶴です✨✨✨ #塩川美佳 #ナンタケットバスケット #ナンタケットバスケット内袋 #漆 #彦十蒔絵 #總屋 #琳派の鶴 #日の出鶴 #ナンタケットバスケットと着物 #mikashiokawa #nantucketbasket #lacquer #takashiwakamiyal

A post shared by 塩川 美佳 (@mika_shiokawa) on

このインスタグラムで、さり気なくハッシュタグに「總屋」という文字を発見。

この「總屋」をクリックしてさらに探してみると…

https://www.instagram.com/p/Bl9UKkmnYxx/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

というのを見つけました!

この總屋さんというのは呉服屋さんですが、その呉服に合う小物として、塩川さんのナンタケットバスケットを扱っているようです。

總屋さんのアクセサリーのページはこちら

その値段、120,000円から!

かなりお高いですね。

また、一つ情報として見つけたのは、2016年のことになりますが、展覧会を開かれたとのことです。

その10月中、「塩川美佳 ナンタケットバスケット展」として、東京都港区南青山の「ギャラリー高辻」というところで開いておられたとのことです。

今後のこういった個展を開かれるかどうかの情報はどうしても見つけることができませんでした。

代わりと言ってはなんですが、楽天市場でもナンタケットバスケットを売っているお店がいくつかあるので、ご紹介したいと思います。

 

 

 

 

どれもなかなかいい値段がしますね。

でもしっかり作り込んである感じで、どれも使いやすそうで、かつ、きれいなものばかりです。

探して見られるのはいかがでしょうか。

まとめ

  • 本日の「爆報!THE フライデー」に出演されるのは塩川美佳さん
  • ナンタケットバスケットの作家である
  • 塩川さんお手製のナンタケットバスケットを購入するのはハードルが高い
  • 楽天市場でならナンタケットバスケットを購入することができる

以上のことが分かりました。

セレブの家柄のところに嫁がれたとしても、自分らしさを失わず、打ち込めるものを見出して人生を謳歌している塩川さん。

とても羨ましい生き方をされているんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

 

テキストのコピーはできません。