渋野日向子のかわいい顔画像!経歴や中学・高校時代は?性格は?

渋野日向子のかわいい顔画像!経歴や中学・高校時代は?性格は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

先週のワールドレディース・サロンパス・カップで見事初優勝を成し遂げた渋野日向子選手。

黄金世代と評されるゴルファーたちからまたニューヒロインが誕生した瞬間でした。

一気にゴルフファンのみならず、世間の注目をあびるようになりました。

弱冠二十歳のこのゴルファーが優勝賞金2400万円を獲得しました。

「こんなに早く、しかも大きな大会で優勝できる日が来るとは思っていませんでした」と謙虚なコメント。

では、渋野日向子選手の経歴や性格に迫り、最後に顔画像に注目してみましょう!

渋野日向子選手の経歴

 

プロフィール

氏名 渋野日向子(しぶのひなこ)

生年月日 1998年11月15日(20歳)

出身地 岡山県岡山市

身長/体重 165cm/62kg

学歴 岡山市立平島小学校→岡山市立上道中学校→岡山県作陽高等学校

 

渋野日向子選手は、陸上競技の投てき選手だった両親(父・悟さん、母・伸子さん)の間に、三人姉妹の次女として生まれます。

小学校2年生の夏休みに、友達の父親がインストラクターをしていたことがきっかけでゴルフと出会い、始めることに。

それと時を同じくして、ソフトボールも始め、地元の少年団に入ります。

ソフトボールの能力もすぐに発揮し、投手として活躍するようになります。

一方で、ゴルフも、岡山県ジュニアゴルフ選手権競技・小学校の部で小学4年から3年連続で3位入賞を果たします。

スポーツ選手のご両親から生まれた、生粋のスポーツ少女だったんですね。

渋野日向子選手の中学・高校時代

上道中学校に進学すると、軟式野球部に入り、当時としては珍しい女子野球選手となりました。

同時にゴルフも行い続け、並行して行なうことに。

しかし、2年のときに、野球部の監督から、「ゴルフ一本のほうがいい」というアドバイスを受け、ゴルフに専念することを決意します。

その監督のアドバイスの理由として、「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(中学生・女子の部)で1年のときから優勝していたからでした。

しかも、2年、3年のときも優勝し、3年連続優勝するという偉業を成し遂げました。

 

その記録を持ち、地元の強豪校、岡山作陽高校に入学。

この学校には、藤本麻子、東浩子らが入学しています。

そんな中、早速1年生のときに、「中国女子アマ」で優勝します。

しかし、全国大会ではなかなか活躍できない日々が続きます。

地方大会では活躍できるのに、全国に行くと上には上がいるということを身にしみて感じたようです。

それで、プロになる自信はないと感じてしまいます。

高校3年のときにゴルフ部の監督に進路を相談したところ、「『お前がテストを受けないで、誰が受けるんだ』と言ってもらえたので」(本人談)ということで、プロテストを受けることを決めました。

一度はプロテストに落ちましたが、2018年の2回めに見事合格。

そのプロになりたての渋野日向子選手が、メジャータイトルを早くも手にしたのでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

渋野日向子選手の性格は?

今では想像もつかないことですが、高校時代までは、ゴルフ場で喜怒哀楽を所構わず見せていました。

パットを外したときなど、ふてぶてしい態度をとることも。

その時のお父さんからの言葉が転機となりました。

 

あんまり見ていて気持ちよくないよ

 

日向子と名付けられたのは、「太陽に向かって花を咲かせるひまわり(向日葵)のように明るく育ってほしい」という願いを込めてのことでした。

お父さんからの言葉が日向子選手の心に刺さり、それからは、いつでも明るい笑顔でプレーする努力し、それが定着してきました。

このワールドレディース・サロンパス・カップの4日間も、いつも笑顔でプレーした姿が印象的だったのではないでしょうか。

そのことについて、日向子選手自身こう語っています。

「笑うようになったのは、去年から。高校まで喜怒哀楽をすぐに出してしまった。以前から考えていたんです。ステップ・アップ・ツアーへ出場した時など、感情をあらわにするとスコアを落とす傾向が、すごくあって…。気をつけていたら、だんだん笑顔でプレーができるようになった。トラブルでも、笑っていれば、何とかなるかなぁとも思ったからです」。

https://www.lpga.or.jp/news/info/33727より引用

 

喜怒哀楽がはっきりしていたせいか、以前はこのようにインタビューに答えていました。

「ラウンド中は怖い顔をしてるといわれますが、終わると結構しゃべりますので(笑)。笑顔の絶えない、みんなに憧れてもらえるような強いゴルファーになりたいです

https://www.alba.co.jp/tour/column/article?title_id=549&id=10061より引用

ハキハキとした陽気な性格のようで、話していて気持ちの良い選手だと言われていました。

それが、今ではラウンド中も笑顔を絶やさなくなった日向子選手。

かなりメンタル面で成長を遂げた姿ではないでしょうか。

 

指導している青木翔コーチは、「明るい性格で攻撃的なスタイル。伸びしろはたくさんある」と言っておられます。

メンタルスポーツで攻撃的に行けるというのは、大きなアドバンテージですね。

 

渋野日向子選手の顔画像

 

では、お茶の間ではすっかり笑顔が定着していますが、その画像を集めてみましょう。

 

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/05/11/kiji/20190511s00043000245000c.htmlより引用

 

https://www.alba.co.jp/photo/woman/detail?pid=32393&plfid=01823より引用

 

https://news.golfdigest.co.jp/news/jlpga/article/94731/1/より引用

 

https://www.lpga.or.jp/news/info/33727より引用

プレー中もずっとこの笑顔でいられたら、少々調子を落しても、また本来の実力を取り戻せそうですね。

笑顔のチカラはスゴいものがあるはずだと感じさせられます。

この笑顔がトレードマークになるように頑張っていってほしいものです。

スポンサーリンク

 

まとめ

やはりどの記事を見ても、今回の勝因は笑顔にあると書かれていますね。

いいスコアの時は自然と笑顔になると思いますが、実力を出し切れていないとき、そんなときこそ、「笑顔」を忘れずにプレーを続ければ、いい方向に行くんじゃないでしょうか。

誰もが自然と応援したくなる選手。

多くのファンの声援を後押しに、これからも大きく羽ばたいていくゴルファーになっていってほしいと思いますね。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。