Comfort~「ああ、そうか」をあなたに~ は、あなたの疑問に答えます (このサイトはTHE THORテーマを使用しています)

サムスン発表の折りたたみスマホ!スペックは?発売はいつ?

スポンサーリンク

こんにちは、Comfortです。

韓国のメーカー・サムスンが、開発者向け会議「Samsung Developer Conference2018」を
開催し、その中で、初の折り畳み可能なディスプレイを搭載したスマートフォンを
発表しました。

デモ機を紹介するときは会場が暗くなり、詳細は語れないとしながらも、デモ機を
電源を入れた状態でどのように表示されるかを出席者に見せました。

いったいどんなスマホなのでしょうか。興味がわきます。

調べてみました。

デモ機の紹介の詳細

このスマホは、折りたためるフレキシブルなディスプレイ、「Infinity Flex」と呼ばれます。

通常のスマホではディスプレイ表面にはガラスが採用されますが、
この「infinity Flex」では、ガラスの代わりにフレキシブルな高分子複合材の保護層を
使用した「AMOLED」というディスプレイを採用しています。

そして、開いたときには内側から大きなディスプレイが表示され、
また折りたたんだときには、いわば背中の部分に当たるところに従来のスマホサイズのような
ディスプレイが現れます。

つまり、開いた状態で言えば、裏表両面にディスプレイが搭載されていることになります。

気になるスペックは?

まだデモ機であるために、残念ながらスペックの詳細までは発表されていません。

しかし、ディスプレイサイズや解像度に関しては発表がありました。

折りたたんだときに出てくる外側のディスプレイは、
サイズが4.58インチ、アスペクト比21:9、解像度1960×840ピクセル

開いた状態だと、
サイズは7.3インチ、アスペクト比4.2:3、解像度2152×1536ピクセル

だということです。

その他、サムスンは、マルチ・アクティブ・ウィンドウと呼ばれる3つのアプリを同時に
立ち上げる機能も搭載しているとしています。

ふつうのAndroidだと、1つか、最近では2つのマルチタスクが可能になってきていますが、

こちらの新製品は3つのマルチタスクができるということになりますね。

スポンサーリンク

発売はいつ?

このスマートフォンを発表したジャスティン・デニソン氏によれば、
「infinity Flex Display」の量産は「数ヶ月で開始可能」と明かしています。

また、GoogleのAndroidは、折りたたみ式デバイスを正式にサポートすると発表していて、
サムスンが2019年には発売できるように協力関係を築いているとのことです。

という状況ですから、当然ながらまだ価格についてはわからないということになります。

折りたたみ式スマホの今後

折りたたみスマホを発売しようとしているのはサムスンだけではありません。

HuaweiやLenovo,Xiaomiも開発を進めています。

また、Appleも折りたたみ式デバイスの特許を取得していることがわかっています。

ですので、今後のスマートフォンの主流、とまでは行かなくても、決して珍しいものでは
なくなるんだろうということは想像できます。

時代と技術の流れは本当に早いものですね。

まとめ

  • サムスンが折りたたみ式のスマホをデモ機で発表した
  • 閉じて4.58インチ、開いて7.3インチのサイズになる
  • 2019年には発売したいと考えている

以上の点が明らかになりました。

発売になれば、また殺到することが予想されますね。
技術の進歩は怖いものがあります。

筆者としては、静観しておきたいと思いますね。

スポンサーリンク

 

最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。