定由早織キャディーの経歴と渋野日向子との関係は?所属先はどこ?

定由早織キャディーの経歴と渋野日向子との関係は?所属先はどこ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

渋野日向子選手が、大王製紙エリエールレディスで優勝を果たしました。

この時、渋野日向子選手が涙を流したことが話題となりました。

涙を流したきっかけは、キャディーとして同行した定由早織さんの涙からのもらい泣きでした。

では、なぜ二人は涙したのでしょうか。

二人の関係を追ってみましょう。

(アイキャッチ画像はhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-11250040-sph-golfより引用)

定由早織キャディーと渋野日向子選手の関係は?

 

渋野日向子選手は、すでにとても有名になっていますが、なんと言ってもまだルーキーの身なんですね。

それで、キャディーは空いている人を選ぶことになるんだそうです。

毎週空いている人を探して帯同をお願いし、その中で相性のいいキャディーさんを探すということも大切な仕事のひとつなんです。

 

その中で、この定由早織キャディーとは、今回までに16試合共に戦ってきました。

しかし、これまで、定由早織キャディーとともにする試合では、優勝したことがありませんでした。

これまでの優勝は、すべて別のキャディーのときの優勝だったんです。

しかし、定由早織キャディーとは、ツアー出場権をかけた昨年末からの予選会から支えられてきた仲。

青木翔コーチからは、「今年のうちに早織キャディーと”初優勝”しなさい」とさえ言われていたんですね。

定由早織キャディーも、自分の時は優勝できないというのを自分の責任だと強く感じられたでしょうね。

 

ですから、渋野日向子選手にとっては、「最高の贈り物は優勝しかないと思っていた。一年間たくさん迷惑をかけてきたから」と、定由早織キャディーのために勝ちたい、という気持ちが非常に大きかったんですね。

これほど”誰かのために勝ちたい”と思ったことはなかったかもしれません」とも話しておられます。

 

結果、今回の大王製紙エリエールレディスで、初めて二人三脚での優勝を経験し、お互い涙を流しあった、ということになるんです。

本当に良かったと思いますね。

 

定由早織キャディーの経歴

定由早織キャディーについては、あまり多くのことが知られていませんでした。

ご本人のfacebookによると、出身地は福岡県久留米市。

現在の居住地は福岡市となっています。

年齢は27歳。

渋野日向子選手とは6つ年上ということになります。

 

学歴は、三井中央高等学校という女子校卒ということです。

この学校はちょっと変わっていて、「久留米市外三市町高等学校組合立」ということで、県立ではないんですね。

 

また、facebookによると、現在は「志摩シーサイドカンツリークラブ」で働いておられるようですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

志摩シーサイドカンツリークラブとは

 

 

志摩シーサイドカンツリークラブとは、福岡県糸島市にある、海を臨む素晴らしいコースを持つゴルフ場です。

決して三重県にあるのではありません(笑)

 

殆どのコースから海を見ることができ、開放感にあふれた珍しいコースとなっていますね。

 

アクセスを載せておきますね。

http://simascc.com/access/より引用

福岡空港から車で約55分
博多駅から車で約50分
西九州自動車道の今宿ICが最寄り

ということになります。

 

スポンサーリンク

終わりに

今後も、定由早織キャディーが渋野日向子選手のキャディーとして帯同され続けるのかどうかはわかりません。

しかし、ある記事では、雰囲気を見ている限り二人の相性は良さそうだと書かれていました。

まあ、これまで16試合も共にしているので、関係が熟成されていくのではないでしょうか。

渋野日向子選手の試合を見るときには、キャディーさんにも注目ですね。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。