片頭痛の発作がリラックスすると出る?誘引のあれこれ

片頭痛の発作がリラックスすると出る?誘引のあれこれ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

片頭痛に大敵なのは緊張やストレス。
それらを抱えないために、いかにリラックスするかが
課題になっているのではないでしょうか。

また、頭痛専門外来にかかり始めている方は、
頭痛ダイヤリーをつけることを宿題として出されていると思います。

そうすることにより、自分の片頭痛の誘因がどこにあるか、
それを見つけることができるようになってきます。

では、ここで改めて、頭痛の誘因について考えていきましょう。

頭痛の誘因には何があるか

頭痛の誘因はほんとに人それぞれです。
また、自分が生活していく中で、何が誘因なのか、
頭痛ダイヤリーをつけていてもなかなかわからないかもしれません。

それで、生活の中で自分の身に起きたことをしっかり思い起こすことが
どうしても必要になってきます。

では、頭痛の誘因にはどんなものがあるでしょうか。

  • 強い光
  • 自分にとって不快な騒音
  • 自分にとって不快な匂い(香水なども)
  • 疲れ、ストレス
  • ある種の食物(赤ワイン・チーズ・チョコレート・ハム・ソーセージなど)
  • 寝不足、または寝過ぎ

などが代表的なところです。

私の妻は、赤ワインにチーズが良く合い、美味しいものだと感じ始めた
ところで、このリストを見てあぜんとしたものです。
自分の好きな食べものであっても我慢することが必要になりますね。
これなかなかつらいものがあります。

しかし、頭痛の発作には変えられません。

また、特に、疲れやストレスは、自分では気づかないこともあるため、
どんなときに自分はストレスを感じているのかを見極めることが
大事になってきます。

しかし、表題のように、リラックスすると逆に片頭痛の発作が出てしまう
ということがあるのでしょうか。
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

リラックスすると頭痛が出るのか

 

そうなんです。リラックスすると片頭痛が出ることがあるんです。

つまりこれは、それまである種の緊張状態が続いていて、
それが終わったときにホッとしたとき、リラックス状態に
体が入ったときに片頭痛の発作が出ることがあるのです。

それは、片頭痛のメカニズムを考えると理解できます。

非常に簡単になりますが、片頭痛は、それまで収縮していた脳の血管が
あることをきっかけに拡張してしまったとき、
血管を囲むように張り巡らされている三叉神経が刺激され、
痛み物質が出るとともに、圧迫された三叉神経が痛みを誘発する
ということになります。

つまり、例えば仕事などで緊張しているときは脳の血管が収縮していて、
仕事が終わってホッとしたときに脳の血管が拡張し、三叉神経が
刺激されるということが起きてしまうのです。

そうなると、トリプタン(頓服)は痛みを感じ始めたら早めに飲むことを
惜しんではならないということがわかります。

仕事は毎日あり、毎日ホッとする瞬間がある、という人は、
そんな毎日飲んでいられないと思うかもしれません。

でも、毎日出るとは限らないのではないでしょうか。

それで、トリプタンは高い薬ではありますが、
ホッとして痛みを感じ始めたら惜しむことなく飲む必要が
あるといえるでしょうね。
 

スポンサーリンク


 

まとめ

私の妻も仕事で疲れ、その後ホッとしたときによく片頭痛が出、
家事ができないということがよくありました。

それも上に書いたように、片頭痛のメカニズムを考えると
納得するしかないという状態でしたね。

みなさんも、片頭痛にはストレスが大敵とまずは考えますが、
仕事後のホッとひと息、というときに頭痛が出ても
おかしくはないということを念頭に置いていただければ、
なぜだ!(泣)ということにならなくて済むのではないかと
思います。

スポンサーリンク

では、片頭痛に関する知識を増やし、立ち向かっていきましょう!

テキストのコピーはできません。