ピアノ教室で習うならピアノは必要か?電子ピアノやキーボードでもOK?

ピアノ教室で習うならピアノは必要か?電子ピアノやキーボードでもOK?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
今でも習い事として非常に根強い人気の「ピアノ」。

お子さんにピアノを習わせているご家庭も多いことと思います。

しかし、ピアノを習うにあたって非常に大きな悩み事となるのが、「家にピアノは必要か」「ピアノを買うべきか」ということだと思います。

アップライトピアノ(縦型のピアノ)を買うにしても、予算が結構かかりますし、部屋の中のどこに置こう… という悩みがあると思います。

では、お子さんにピアノを習わせる時に、ピアノが家に必要かどうか、考えていきたいと思います。

「だけど~僕に~はピア~ノが~ない~、君に~聞かせ~る腕~も~ない~」ではもったいないですよ!

ピアノ教室で習うときピアノは必要?

これに答えるには、まず、どれほど真剣にピアノを習わせるか、ということに左右されると思います。

でも、結論から言って、ピアノ教室でピアノを習わせるとき、ピアノはいずれ必要になってくると思います。

そう言える理由を挙げてみましょう。

 

ピアノは鍵盤の重さになれることが必要な楽器である

お母さん方もピアノに触られたことがきっとあると思いますが、ピアノの鍵盤を押さえる(押し込む)にはけっこうな力が必要です。

かなり重いんですね。

ピアノ教室のピアノがグランドピアノであれば、なおさらです。

ピアノの鍵盤を押さえると、それに応じてピアノのハンマーが持ち上がり、ハンマーが弦を叩いて音を出すという仕組みになっているからです。

 

現代のアクション

https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/piano/mechanism/mechanism003.htmlより引用

 

こういう仕組みです。

 

ピアノを習っているのが幼稚園生から、小学校低学年であれば、もちろん指の力はそんなにありません。

ですから、ピアノの音を鳴らすのも一苦労、ということになりかねません。

 

筆者は、実はピアノの講師をしていた経験があるのですが、成人した女性でも、アップライトピアノを弾くにも音がしっかり出ず、苦労していた人を教えていたことがあります。

ヤマハピアノYUS5展示中!

 

http://www.shinwamusic.com/blog/64.htmlより引用

 

こういうやつですね。

これはハンマーと弦が縦になっているので、グランドピアノに比べて鍵盤にかかる重さは少しましではあります。

それでも苦労しておられたんですよね。

 

ですから、練習を家でしたいと思うのであれば、やはり何かしらピアノが必要であると言えるでしょう。

 

ピアノは、運指に慣れる必要がある楽器である

例えば、まず単純に「ドレミファソラシド」と右手で弾いてみましょう。

その時、「ミ」から「ファ」に行くとき、「ミ」を押さえている中指の下を通して親指が「ファ」を弾くようにしなければなりません。

この、「ミ」から「ファ」に行く時に、どれぐらい親指を右側に持っていかなければならないかを感覚で掴まなければなりません。

そうするのに、家で全く練習できないとすると、その感覚を掴むのにより時間が掛かるでしょう。

 

今度は、「ドミソドミソド」と、右手で2オクターブにわたって弾いてみましょう。

今度は「ソ」を中指で弾き、その後親指を中指の下を通して「ド」を親指で弾かなければなりません。

「ドレミファソラシド」よりももっと、遠くへ親指を持っていかなければならないということがおわかりになられると思います。

 

まあ、この運指ができるようになる頃にはかなり上達しているでしょうから、ある程度鍵盤の幅の間隔とかを掴んでいる頃になるでしょう。

しかし、家にピアノがない状態でここまで上達するのはなかなか難しいものがあると思われます。
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

電子キーボードはOK?

そうですね、なにもないよりはマシかもしれません。

CASIO 電子 BASICキーボード 61鍵 5オクターブ(標準鍵) CTK-1100

https://www.amazon.co.jp/CASIO-BASIC%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-61%E9%8D%B5-5%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%96-CTK-1100/dp/B003N3VCS0より引用

 

こういうやつですね。

しかし、上述のように、ピアノは鍵盤を押さえるのにある程度の力がいるのに対し、電子キーボードは非常に軽いです。

本当に入門当初はこれで何とか練習できるかもしれませんが、上達するにしたがって、電子キーボードの鍵盤の軽さとピアノの実際の重さの違いがわかってくると、苦労するかもしれませんね。

 

また、上の画像のタイプは、61鍵タイプです。

いずれ上達してくると、鍵盤が足りなくなってくるでしょう。

ピアノは88鍵だからです。

今でも子どもたちは「バイエル」を最初に習い、次に「ブルグミュラー」に行ってるんでしょうかね。

そのあたりは教室の方針によって違いがあると思いますが、

「ブルグミュラー」に入ると鍵数は足りなくなってくるかもしれません。

 

ですから、電子キーボードは本当に入門したての時のつなぎの役目、とみなせばいいんじゃないでしょうか。

 

電子ピアノはOK?

一方、電子ピアノは今、とても良いものが開発されています。

カシオ 電子ピアノ 「セルヴィアーノ」 88鍵 ブラックウッド調 AP700BK

https://www.yamada-denkiweb.com/622497011より引用

 

こういうやつですね。

 

電子ピアノが発売したての当初は、「なんじゃこりゃ?」というような音と鍵盤のタッチでしたが、

最近はこの音とタッチが格段に良くなっています。

今は10万円台でも必要十分な機種が多くなってきています。

 

なので、家で練習したいと思えば、電子ピアノを候補に入れることは十分可能ではないかと筆者は考えます。

 

ご予算に合わせて、ということになると思いますが、実際のピアノと電子ピアノを弾き比べ、できるだけ似たようなタッチのものを選ぶと良いと思います。

まあ、ピアノを実際に習っているお子さんの好みで選んでも良いとは思いますが、タッチはやはり重要ですので、親御さんがしっかり確認されることをおすすめしたいと思います。

まさか試し弾きもせずに通販で買うのはやめましょう。

楽器屋さんに言って試し弾きをしてから、それから通販で買うのはOKです。

 

また、必要ない音色がたくさん入っているものもありますが、そういう電子ピアノは概して高くなりますから、音色の少ない(ピアノ数種類だけで十分)、コストパフォーマンスに優れたものを選ぶと良いと思います。

 

 

部屋の置き場所に関しても、アップライトピアノよりは場所を取らないコンパクトなサイズですので、それほど困らない可能性も高いです。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

「ピアノ教室で習いたいけどピアノは必要か?電子ピアノでもOK?」として書いてきましたが、

  • ピアノは鍵盤の重さやタッチ、運指をする必要がある楽器なので、その重さ、鍵盤の幅に慣れる必要があるため、家にピアノは必須
  • 電子キーボードはタッチが軽く、鍵盤数も少ないものが多いため、入門したてのみのつなぎと考える
  • 電子ピアノはOKだが、必ず試し弾きをして、タッチの似たものから選ぶようにする

とまとめられると思います。

スポンサーリンク

 

趣味程度から将来を見据えた真剣なレッスンまで、ニーズには幅があると思いますが、お子様にとって最もよい選択をされることを望みたいと思いますね。

テキストのコピーはできません。