大倉未沙都がかわいい!学歴は?結婚してる?家柄とお父さんがスゴい!

大倉未沙都がかわいい!学歴は?結婚してる?家柄とお父さんがスゴい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

次回8月24日の「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターに、大倉未沙都さんが出演されます。

2度めのミステリーハンターということですが、2013年には「世界ふしぎ発見!」1300回記念スペシャルのミステリーハンターに応募総数7714名から選ばれた3人のうちの一人ということで、スゴい期待の人物なのです。

それだけの倍率の中からえばられるだけあって、才色兼備っぷりがすごいのです。

では、その才色兼備ぶりに迫り、結婚しているとのウワサはどうなのか、また、家柄やお父さんについてもご紹介していきたいと思います。

(アイキャッチ画像はhttps://content.swu.ac.jp/cie-blog/category/4-4-internship-abroad/より引用)

大倉未沙都さんの学歴・プロフィール

 

プロフィール

氏名 大倉未沙都(おおくらみさと)

生年月日 1992年8月28日(もうすぐ27歳)

出身地 大阪府

身長/体重 158cm/43kg

最終学歴 昭和女子大学人間文化学部歴史文化学科

趣味・特技 ミュージカル鑑賞・バレーボール・陶芸・乗馬・ピアノ・着付け

 

最終学歴は昭和女子大学人間文化学部ということで、偏差値を調べてみますと、55ほどということですね。

そこで大倉さんは、海外留学も経験しておられます。

文部科学省が留学促進キャンペーンとして行う「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第1期派遣留学生になったことがあります。

一番上の画像は、その時の壮行会のときの様子を写したものです。

このプログラムは、奨学金をもらって留学を実現できるだけでなく、同じような志を持った学生との横のつながりや、そのような意欲的な学生を採用したいという企業担当者とのネットワークも広がるものだそうです。

大倉未沙都さんは、そのような優秀な人材として派遣されるほどの能力を持ち、期待を担った方だったんですね。

 

特技や趣味を見てみても、いかにも優秀な人なんだろうな~、っていう感じがしますよね。

「天は二物を与えず」って、ウソですね~(笑)

 

大倉未沙都さんの家柄やお父さんについて

実は大倉未沙都さんは、なんと、室町時代から続く能楽大倉流小鼓方(こつづみかた)宗家の長女としてお生まれになっているんですね。

能や狂言の鼓を打つ専門の家柄というわけです。

そして、お父さんが、大倉流小鼓方一六世宗家の大倉源次郎さんといいます。

https://www.sankei.com/entertainments/news/170806/ent1708060005-n1.htmlより引用

こちらの方ですね。

しかもこの大倉源次郎さん、なんと59歳の若さで人間国宝に認定されているんですね。

これまでこの道に精進してこられたとは思いますが、こんなに早くそのご努力が認められるというのはきっと素晴らしい能力を発揮してこられたんでしょう。

 

そのご長女さんが、大倉未沙都さんというわけです。

相当なプレッシャーの中、育ってこられたんじゃないかなと想像します。

しかも、大倉未沙都さんも、能に出演しておられます

初舞台は「独鼓『鮎之談』」で、また、舞台「土蜘蛛」にも出演されたそうです。

小鼓を打つ大倉未沙都さんもみてみたいですね~。

きっと凛々しい姿なんだと思います。

 

そんな家柄に生まれたにもかかわらず、今はミステリーハンターだけでなく、女優として活躍しておらえるわけですから、お父さんのご理解が非常に広いんだなと感心させられます。

よく見ると、大倉未沙都さんとそっくりですね(笑)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大倉未沙都さんは結婚している?

検索で「大倉未沙都」と打ち込むと、「結婚」というキーワードも出てきますが、大倉未沙都さんは結婚してらっしゃるのでしょうか。

結論から言いますと、ご結婚はしていらっしゃらないようです。

大倉流という非常に歴史ある家柄にお生まれですから、誰とでも結婚していいということにはきっとならないでしょう。

残念なことにこの分野では窮屈さを感じるかもしれませんが、仕方ありません。

その分、今、女優として存分に楽しんでほしいと思います。

なぜキーワードに「結婚」と出てくるかというと、きっと、結婚しているのか知りたい人が多かったというだけなんでしょう。

おキレイな方ですからね。

ネットって、すぐ誤解を生じさせるもの、非常に怖いですね~(笑)

 

大倉未沙都さんのかわいい画像

では、最後に、大倉未沙都さんのかわいい画像を集めてみましょう。

 

 

 

(いずれもhttps://matome.naver.jp/odai/2138745295541849601/2138752953049261303より引用)

 

やはり小鼓を打つ姿は様になってますね~。

きっと大倉流でも将来を嘱望されているんだと思います。

そのプレッシャーに負けずに、女性人間国宝を目指してほしいですね。
 

スポンサーリンク

まとめ

さすが応募総数7714名の中から「世界ふしぎ発見!」が見込んだ方だけのことはあるなと思いましたね。

ミステリーハンターにピッタリの才色兼備な方だと皆さんも思われたんじゃないでしょうか。

今回はその2回めだということですので、ミステリーハンターとしてのリポートを全力で行ってほしいと思いますね。

そうすれば、ファンがもっと増えるんじゃないでしょうか。

女優さんとしての将来も楽しみです。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。