「飲めるごはん」の購入方法や価格、味をリサーチ!配達はいつ?

  • 2018.11.05
「飲めるごはん」の購入方法や価格、味をリサーチ!配達はいつ?

スポンサーリンク

こんにちは、Confortです。

JA北大阪が販売を始めている「飲めるごはん」。

すでに全国の個人や自治体から数万本の注文があるそうです。

昨今の災害続きで非常食として開発されたようですが、
意外と味もいけるようで、値段もお手頃です。

ひとつずつご紹介したいと思います。

災害時の非常食として

 

農協が作ったものだけあって、品質は安心できると思います。

8月から販売を始めていて、地元産のコメを使っており、ほかに小豆、ハトムギを混ぜ込んだ商品で、5年の保存が可能ということです。

見出しの通り、主に災害時の非常食として想定されているそうです。

災害でガスや電気がストップして、ご飯やおかずが作れない時に、
手軽に栄養や水分を補給できるという触れ込みです。

価格はいくらになる?

JA北大阪のホームページによると、価格は、いずれも1ケース30本入りで8,424円です。

一本あたり、約280円といったところです。

一缶、245g入りで、少し細長い大きい方の缶コーヒーサイズぐらいと言えるでしょうか。

これで一食まかなえるとしたら、お安いと考えられるのではないでしょうか。

(Amazonでも売っているのを見かけましたが、6本で2,980円でした。
相当な割高です)

 

注文方法は、電話かFAXになりますが、JA北大阪のホームページに行き、
ページの上部にあるメニューの「自己改革」をクリックし、
そこに出てくる「グローバルGAB認証指導」をクリックすると、
ページの下の方に「農協の飲めるごはん」のお問い合わせ先が載っています。

電話での注文か、FAX注文書を印刷してファックスで注文することになっています。

筆者が11月6日現在で電話で確認したところ、
梅こんぶ味は在庫がなく、お届けは12月初め頃、
ココア味とシナモン味は在庫があるためすぐにお届けできるということでした。

 

スポンサーリンク

味は?

味は、

「梅・こんぶ風味」
「ココア風味」
「シナモン風味」

と3つのラインナップが揃っています。

また、アレルゲン特定物質の27品目は使用していないということですので、
災害の際に飲む場合も、アレルギーのことを心配しなくていいというのも
うれしいポイントですね。

 

あるツイートでは次のように評価されていました。

 

お粥をよ~く撹拌、擂り潰しドロリ&サラッとした食感に、甘さは自然な甘さ。シナモン風味もキツくなく何となくきな粉も入っているような錯覚が。悪くはない。でもデザート感覚かなぁ?

ということだそうです。

上の動画でも、ココア味がドロッとしたお汁粉みたいと言っていますね。

 

もはやご飯とは別物のスイーツと考えたほうがいいのかもしれませんね。

どうしてこのラインナップになったのでしょうか。

JAの担当の方がこう答えておられます。

――風味を「ココア」「梅・こんぶ」「シナモン」に決定した理由は?

海外でも大きな災害が増えており、海外の方(特にアジア圏)にはスパイスとして欠かせない「シナモン風味」、日本人の口に合う落ち着いた風味となるよう「梅・こんぶ風味」、お子さんにも抵抗なく口にしてもらえればといった思いから「ココア風味」を、それぞれ選びました。

まあ、なるほど…といったところでしょうか。

まとめ

以上、まとめますと、

  • 価格1ケース30本入りで8,424円で、一本あたり、約280円
  • 味は思ったよりもおいしいということ
  • お届けもそれほど遅くないということ

が分かりました。

 

昨今の災害の多発のことを考えてみると、非常用持ち出し袋に何缶か入れておくと
安心かもしれませんね。

災害はいつやってくるかわかりませんので、関心のある方は早めにご注文しておかれたら
いいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

テキストのコピーはできません。