西野カナ活動休止の理由は高音が出ないから?結婚と復帰時期について

西野カナ活動休止の理由は高音が出ないから?結婚と復帰時期について

スポンサーリンク

歌手の西野カナさんが突然の活動休止に入ることを表明されました。

2月のライブ終了後に無期限で活動休止に入るそうです。

この活動休止に関しては、本人の声明もでていますが、いろんな憶測を呼んでいます。

その憶測をまとめてみました。

また、復帰時期はいつになるのでしょうか。

見ていきましょう。

活動休止の声明

数々の歌をリリースしてきて、去年で丸10年を迎えた昨日、自身の公式ホームページで無期限の活動休止に入るということを発表されています。

以下に全文を引用します。

いつも応援してくれる皆さんへ

2008年にデビューしてから今まで、

音楽を通してたくさんの方に出会い、大好きな音楽に囲まれて、

最高の20代を過ごすことができました。

もうすぐ、ずっと楽しみにしていた30代。

旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります。

来月のライブを終えたら一度活動を休止して、期限を決めずに色々と挑戦したいと思っています。

とは言っても、やっぱり私は歌が好きで、これからもきっと毎日のように歌を口ずさんでいる気がします。

またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたいと思っています。

最後に、こんな私をいつも応援してくれる皆さんに心から感謝の気持ちを伝えたいです。

ありがとう

西野カナ

http://www.nishinokana.com/info/archive/?502667より引用

 

「期限を決めずにいろいろと挑戦したい」ことがある、とのことですね。

特に色んな所に行ってみたいとの気持ちも綴られています。

 

まあ、確かに活動休止中は色んな所に旅行も行かれるのでしょうが、本当にそれだけのことなんでしょうか。

勘ぐってしまいますね。

では、活動休止に関していろいろウワサされているところをまとめてみたいと主ます。

声が出なくなった?

かなりこのことは色んな所で言われていますね。

紅白での歌がこちらです。

https://twitter.com/chicyukana/status/1081739976209907714

 

いきなりこれを聞くからかもしれませんが、西野カナさんはもともと声は高い方ではないですね。

女声でメゾ・ソプラノ、あるいはアルトと言ってもいいようなキーに聞こえます。

歌い方も地声で張り上げた歌い方に聞こえます。

一部ファルセットを使っているところもありますが、ここが以前とは違うというのが前から聞いている人の感想なんでしょうか。

筆者はこれを機会に初めて聞くからかもしれませんが、正直、歌は上手とは感じませんね。

そんな事を言ったら炎上するでしょうか(笑)

 

ですから、一部ファルセットがうまくでないからと言って、活動休止するほど深刻なことはないように思えるんですが、どうですかね…

 

筆者はこれを聞いてみて、今に始まった歌い方ではないように思えてしまいます。

でも、兎にも角にも歌手として通っているわけですから、ボイストレーニングなどをずっと欠かさずやってこられたでしょうし、急な歌唱力低下などは起こりにくいんじゃないでしょうか。

 

 

では結婚?

今まで、西野カナさんは結構色んな人とのウワサがされていますね。

恋多き女性であるのは間違いないでしょう。

ま、うわさが全て本当かどうかはマユツバモノですが。

 

でも、活動休止の中で彼氏を見つけ、結婚に至る、それがこれから活動休止する人が、「よし、これから婚活するわよ」、みたいな気合で休止するとも考えにくいんじゃないでしょうか。

もちろん、たまたま活動休止中に良い人を見つけ、結婚されることは考えられますから、結婚されたとしてもなんにも驚くことではないように思えますけどね。

スポンサーリンク

復帰時期はいつになるのか

このことに関しては、全く推測の域を出ませんので、何とも言い難いところではありますが、あるブログではこれまでの歌手活動休止リストなるものが載っておりまして、

代表的なのは以下の人々ですね。

宇多田ヒカル 2010年〜2016年(約6年)
レミオロメン 2012年〜現在(7年)
YUI      2012年〜現在(7年)
flumpool   2017年12月〜現在(約1年)
mihimaru GT 2013年〜現在(6年)

https://daily-jitsuwa.com/archives/1456より引用

 

となり、結構長い期間に渡って活動休止している人達たちも多いということが分かります。

なので、わざわざ「一度活動を休止して、期限を決めずに」と表明しておられることですから、5年やそこらは覚悟しておいたほうがいいのかなとは思います。

 

まとめ

デイリースポーツではこういう言い方をしているところがありました。

 関係者によると、昨年末に活動休止を申し入れ、周囲も本人の意思を尊重。結婚の予定や体調不良はなく、充電の意味合いが強いという。12月29日、NHK紅白歌合戦のリハーサルを終えた後には「30代の10年を使って、南米を全部回りたいです。チリやアルゼンチンの絶景を回りたいですね」と語っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000006-dal-entより引用

まあ、公の人とは言え、自分の時間を大切にしたいと思うこともあるでしょうから、活動休止を否定するわけにもいきませんよね。

しっかり、自分の時間を大切にしながら、これまでできなかったことをのびのびとして、充電していってほしいと思いますね。

もちろん、歌の練習もしながらですが。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。