マクドナルドのマフィンに人の歯が混入!原因は?繰り返される失態

マクドナルドのマフィンに人の歯が混入!原因は?繰り返される失態

スポンサーリンク

こんにちは、Comfortです。

またも信じられないニュースが入ってきました。

今度は金沢市内のマクドナルドのソーセージエッグマフィンから人の歯が
出てきたというのです。

繰り返される失態。なぜマクドナルドはこういった事が多いのでしょうか?

一体どんなニュースだったのか、深めていきたいと思います。

歯が混入の報道

毎日新聞のウェブ版によれば、次のように報道されています。

今年8月に金沢市の「マクドナルド金沢有松店」で販売されたソーセージエッグマフィンから見つかった異物について、金沢市保健所は7日、店の運営会社から「人の歯のかけらで、混入した経緯は不明」とする報告書が提出されたと明らかにした。

異物は8月2日、購入した男性客が気付いて店に伝えた。マフィン1個の中に4~8ミリの歯のかけら3個が混入。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000082-mai-sociより引用

8月にこの混入が発覚したにもかかわらず、マクドナルドは人の歯であることを認めるのに
3ヶ月もかかっているのです。

本当に人の歯なのかどうか検査するのにも時間がかかるであろうとはいえ、
あまりに長い期間がかかり過ぎではないでしょうか。

では、この異物混入の経緯ははっきりしたのでしょうか。

スポンサーリンク

混入の原因は?

この点に関してマクドナルドの発表は、次のように述べられています。

マフィンを作った愛知県内の工場やソーセージを作ったアメリカの企業も調査しましたが、混入の原因は分からなかったということです。日本マクドナルドは「調査の結果にかかわらず、お客様においしく安心してお召し上がり頂けるよう引き続き努めて参ります」としています。

http://news.livedoor.com/article/detail/15564757/より引用

工場を検査したということですが、やはり原因は特定できなかったということです。

ここでおかしいなと思えるところは、マクドナルドのコメントです。

調査の結果にかかわらず、お客様においしく安心してお召し上がりいただけるよう引き続き努めてまいります」?

調査の結果にかかわらず、とはどういうことなんでしょうか。
調査してもわからないということで、自分たちには非はありませんよとでも言いたいのでしょうか。

読者の皆さんはどのように受け止められるでしょうか。

繰り返される失態

以前にも、マクドナルドではいろんな異物混入事件が起きています。

例えば、次のようなものがありました。

 日本マクドナルド(東京)は14日、「マクドナルド倉敷連島店」(岡山県倉敷市)で販売したフライドポテトに、歯とみられる異物が混入していたと明らかにした。

同社によると、13日にドライブスルーで購入した客から「食べていたら口に硬い物を感じた」と同店に連絡があった。異物は、長さ6ミリ程度の白っぽい固形物。客にけがはなかった。

同社は商品を交換し、謝罪した。広報担当者は「異物が何か早急に特定した上で、混入経路を調べる」としている。

https://www.sankei.com/west/amp/161214/wst1612140071-a.htmlより引用

このときも人の歯とみられるものが混入していたということですが、
作っている経路の中で、作業している人の歯がポロッと落ちてそのままなんていうことが
あり得るのでしょうか。

ほかにも異物混入事件についてはたくさんありすぎます。
マクドナルドは群を抜いて多いように思えます。

なぜこんなことが繰り返されるのでしょうか。
生産のスピードが追いついていないため、検査がしっかりできずにいるのでしょうか。

世界のマクドナルドなのですから、もっと気合を入れてもらいたい。

筆者もマクドナルドは好きで、時々お世話になるのですが、やはりあの味にもう一度戻りたい、
と思わせるなにかがあるのです。

好きなだけに酷評したくはないのですが、これだけ繰り返されるとやはり信用に関わることなので、
頑張っていただきたいと思いますね。

多くの人が好きで良くお世話になるマクドナルド。

最後にエールを送って締めくくることにいたしましょう。

まとめ

今回の事案から次のようなことが明らかになりました。

  • 金沢市内のマクドナルドでマフィンから人の歯のようなものが混入
  • マクドナルド側は混入経路は特定できなかったとの報告
  • 異物混入が繰り返される

もう二度とこういうことがないように、マクドナルドのコメントのように、安心とおいしさをぜひ届けていってほしいですね。

スポンサーリンク

それで十分です。

テキストのコピーはできません。