水口侑子と川内優輝の馴れ初めは?高校大学、経歴は?成績もチェック!

水口侑子と川内優輝の馴れ初めは?高校大学、経歴は?成績もチェック!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 
今日は朝から驚きのニュースですね!

あの「市民ランナー」川内優輝選手が、DENSO所属の水口侑子選手と結婚することが明らかになりました。

これまで幾多のマラソンに出場し、身を削りながら努力を重ねてきた川内優輝選手にとって、最高のパートナーを得ることになりました。

では、この水内侑子選手とはどんな方なんでしょうか。

そのプロフィールや、川内選手との馴れ初めについて、調べてみたいと思います。

(アイキャッチ画像はhttps://www.asahi.com/articles/ASL4K0CBVL4JUTQP05F.htmlより引用)

水内侑子選手の経歴、高校・大学は?

水口侑子

 

プロフィール

氏名 水口侑子(みずぐちゆうこ)

生年月日 1985年5月24日(33歳)

出身地 岐阜県高山市

学歴 岐阜県立斐太高校→新潟大学→三重大学教育学部卒

 

岐阜県屈指の進学校、斐太高校を卒業後、いったんは新潟大学に進みます。

しかし、陸上練習や遠征に支障が出る授業の日程などにより、三重大学に転入されました。

そこでは教育学部を専攻し、卒業後に愛知県のDENSOに入社されました。

 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

これまでの陸上の成績

DENSOの水口侑子選手のページには、次のような成績が載せられていました。

 

2017年/北海道マラソン 4位

2017年/函館ハーフマラソン 優勝

2016年/北海道マラソン 2位

2015年/全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 優勝(3連覇・大会新記録)(5区:区間7位)

2015年/北海道マラソン 3位

2014年/全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 優勝(2連覇・大会新記録)(5区:区間4位)

2013年/全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 初優勝(大会新記録)(3区:区間3位)

2013年/全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 10000m 7位

2010年/世界クロスカントリー 8km 日本代表

https://www.denso-fleetserows.jp/%E9%81%B8%E6%89%8B-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95%E7%B4%B9%E4%BB%8B/%E6%B0%B4%E5%8F%A3%E4%BE%91%E5%AD%90/より引用

 

DENSOの黄金期と言っていい2013年から2015年の三連覇の間、レギュラーとして走られました。

それほど目立った成績ではないですが、堅実にタスキを繋がれたということが分かりますね。

 

2015年から3年連続で出ている北海道マラソンも惜しい成績ですね。

もう数回出ていれば優勝も見えてきていただけに、惜しまれます。

というのは、DENSOを退社されることになっているからです。

今年3月10日に行われた名古屋ウィメンズマラソンが最後のレースとなりました。

成績は、2時間33分57秒の28位でした。

レース後、次のようなコメントを残しておられます。

デンソーでの最後のレースでした。
最後に自己ベストを更新して終わることが目標だったので、タイムはとても心残りですが、応援に来て下さったたくさんの方々の前で最後のマラソンのゴールをすることができてとても幸せです。
苦しいことの方が多かったように思いますが、10年間続けることができたのも、皆様のご支援のおかげです。本当に感謝しています。
たくさんのいろいろな経験ができました。
デンソーで競技をさせてもらえてよかったです。

長い間、本当にありがとうございました。

https://www.denso-fleetserows.jp/2019-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA%E6%97%A5%E7%A8%8B-%E7%B5%90%E6%9E%9C/より引用

 

この頃には、川内優輝選手との結婚を決めていて、会社には報告していたのかもしれませんね。

いわゆる寿退社です。

水口侑子選手と川内優輝選手の馴れ初めは?

初めて2人が出会ったのは、2008年8月24日に行われた、ニューカレドニア国際マラソンでした。

その時は川内選手はまだ学習院大学の4回生でした。

その時にどれほどのやり取りがあったのかわかりませんが、きっと川内選手の記憶に残る人だったんでしょうね。

 

そして、いつの頃からか2人は結婚を前提にした交際へ。

しかし、川内選手は母親にも、二人の弟にも知られないようにする極秘交際を貫きます。

川内選手はもちろんのこと、水口選手も言ってみれば公人ですから、極秘交際というのは賢い選択だったと思います。

 

川内選手にとって、この泥臭いと言ってはなんですが、必死に歯を食いしばって走る姿は、誰しもの目を引く、応援したくなる姿ですが、

こういった川内選手を生涯支えるパートナーは、やはり酸いも甘いもかみ分けるランナー、水口選手だったということも納得ですね。

 

かつて、川内選手は好きな女性のタイプを聞かれると、「おとなしい感じで真面目に努力してくれて、一緒に走ってくれる人ですね」と言っていたそう。

水口選手はまさにピッタリの、理想のタイプですね。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

公務員ランナーから、プロ転向を公言している川内優輝選手。

この大切な時期に、結婚という決意をしたお二人には頭が下がる思いです。

まだまだ現役で走り続ける川内選手を、公私両面においてサポートし、パートナーとして走り続ける水口侑子選手という最高のパートナーを得たことに、心から祝福したいと思いますよね。

水口選手も、引退してもなお陸上と関わりを持てるわけですから、精一杯川内選手を支えていってほしいなと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

テキストのコピーはできません。