宮野真守がFNS歌謡祭に出演!歌はうまいの?下手なの?

宮野真守がFNS歌謡祭に出演!歌はうまいの?下手なの?

スポンサーリンク

明日放映される「2018 FNS歌謡祭 第1夜」に、宮野真守さんが歌手として出演されます。

その番組内容の中には、このように書かれていました。

 アニメ『ポプテピピック』の主題歌、地上波音楽番組初披露! 宮野真守が満を持して初登場!!

https://tv.yahoo.co.jp/program/52171021/より引用

「満を持して初登場!!」なんて言われると、歌はうまいのか下手なのか、気になりますよね。

多方面で活躍している宮野真守さんについて、調べてみました。

アニメ好きの方はよくご存知の声優さんだと思いますが、その方面にはうとい方(笑)のために情報を整理してみたいと思います。

宮野真守のプロフィール

https://twitter.com/Stray_Dogs_/status/1069717860006555648

出身地 埼玉県さいたま市(当時大宮市)

生年月日 1983年6月8日(35歳)

身長/体重 182cm/70kg

最終学歴 埼玉県立和光国際高等学校

職業 声優・俳優・歌手

宮野さんのオフィシャルウェブサイトには、上のように声優・俳優・そして「歌手」と書いていますので、自分としては歌に自信がお有りのようです。(もちろん、歌手としての仕事をこなされていると思いますので)

高校卒業後は、劇団ひまわりの全日制クラスに入って演技を磨いたそうです。

なかなかハードな内容だったらしく、レッスンとアルバイトの掛け持ちは厳しかったと言っておられます。

声優としての活動

声優としては、高校3年生のときにオーディションで受かったNHK教育の海外ドラマ「私はケイトリン」がデビュー作となりました。

この作品で一年間声優としての技術を叩き込まれ、いい経験ができたと言っています。

その後、立て続けに声優としての仕事が来るようになります。

オフィシャルサイトでは、声優の活動について簡単にこう書いてありました。

2001年に海外ドラマ「私はケイトリン」の吹き替えで声優デビュー。以降、「DEATH NOTE」や「機動戦士ガンダム00」など数多くの作品に出演するほか、映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」などで吹き替えを担当している。

https://miyanomamoru.com/profile/より引用

スポンサーリンク

歌手としての活動

高校時代の劇団ひまわりのレッスンの中で、それまでサボっていた歌のレッスンにも本腰を入れ始めたそうです。

その後、2007年に「鋼鉄三国志」のエンディングテーマ「久遠」を歌うことになり、それをきっかけに音楽プロデューサー三嶋章夫氏の目に留まり、キングレコードからのデビューが決まりました。

2015年には12枚めのシングル「シャイン」で4月18日付のオリコンシングルデイリーランキングで一位を獲得し、男性声優名義では史上初となりました。

2009年からは単独ライブを始めるようになり、2013年には男性声優のソロ公演としては初となる日本武道館公演を行い、1万人を動員しています。

FNS歌謡祭の出来は?

これだけ見てくると、歌唱力はなかなかのものではないかと期待感が増してきますが、他のサイトを見てみますと、歌はうまいとか下手とか、意見がなかなか割れていることが分かりました。

地上波初として、満を持しての登場ということですから、相当ハードルを上げているなという印象です。

後は、筆者自身が実際に歌を聞いてみて、追記したいと思います。

追記1:

21:00過ぎに、郷ひろみとコラボで「言えないよ」を歌っていましたね。

なんと大胆なことを、と思ってしまいましたが、ほんの少ししかなかったソロパートをそつなくこなした印象ですね。

最初の方の静かな口調での歌声がちょっと残念かなと思いましたが、音程が高くなってくるとなかなか伸びやかな歌声で、聞いていても「ん?うまいな」というふうに思ってしまいました。

後はハモりのパートを歌っていましたが、一部、「言えない『よ』」の『よ』の部分が音程が怪しかったですが、音感もしっかりしている印象でした。

あと、FNS歌謡祭のタイムテーブルによると、22時台にも出演とかで、これも見てみたいなと期待を抱かせるには十分な内容だったのではないでしょうか。

追記2:

22:00以後にもう一度出演したときも、水樹奈々さんのメロディーに対し、ハモる方のパートでしたね。

ハモるほうのパートを歌うには確かに鋭い音感が必要だとはいえ、メロディーラインを歌う機会があまりに少なく、これでもって歌がうまいか下手かを判断することはできませんでしたね。

満を持しての登場でしたが、残念な地上波初登場だったのではなかったでしょうか。

まとめ

宮野真守さんはたしかに多彩な能力の持ち主であることは分かりました。

俳優、声優、歌手としての活動を毎日忙しくされているので、かなりの収入を得ておられるでしょう。

あるサイトでは年収一億ぐらい?と推測で書かれていました。

スポンサーリンク

まあ、いくらにせよ、明日の放送が楽しみです。

テキストのコピーはできません。