南竜次の現在!嫁や家族(息子・娘)はいる?年収はどれぐらい?

南竜次の現在!嫁や家族(息子・娘)はいる?年収はどれぐらい?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 
3月8日の「爆報!THE フライデー」で、南竜次さんが取り上げられます。

南竜次さんは、天理高校の投手として、甲子園で優勝を経験しました。

高校卒業後、日本ハムファイターズにプロ入りしますが、肘のケガになやまされ、3年間のプロ生活で1勝も挙げられませんでした。

しかし、引退後、ある仕事で年商9億円を稼ぐ敏腕実業家となっていたのです。

一体どうしたのでしょうか。

それだけ稼ぐと家族はどういった生活をしているのか興味がわきますが、どうなのでしょうか。

ご本人の年収はどれぐらいなのでしょうか。

調べていきます。

南竜次さんのプロフィール

南竜次

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1207063/?utm_source=antennaより引用

プロフィール

氏名 南竜次(みなみりゅうじ)

生年月日 1972年6月26日(46歳)

出身地 大阪府高石市

学歴 天理高等学校卒

身長/体重 193cm/95kg

 

南竜次さんは、天理高校の投手時代、愛工大名電のイチローと対戦しています。

その時の動画がこちらです。

(1分11秒あたりからイチローがでてきます)

 

 

南竜次さんの現在

プロ野球を引退したのは20代後半。

野球しかしてこなかった南竜次さんはとにかく時給の良いアルバイトを探します。

その結果、灯油の巡回販売員を始めます。

バイトでありながら、5,60万円は稼いでいたそうです。

しかしこれは冬季限定の仕事で、夏場は仕事がありません。

 

そこで、99年3月から、灯油販売会社の社員になり、その会社が請け負っていたエアコン据え付けの仕事を名古屋で行うようになりました。

必死で働いた結果、店長、支店を束ねるブロック長に昇進していきます。

 

そして、2005年に独立。

翌年、「株式会社AIRECサービス」を興しました。

当初社員は5人だったのに対し、今では80人を抱えるまでの会社に成長しています。

 

そして、2015年からは、飲食業にも手を広げ、焼き肉・鍋専門店「KARAKARA笠寺店」をオープンしました。

上の写真は、その「KARAKARA笠寺店」なんでしょうね。

 

位置を確認しておきますと、

〒457-0043  愛知県名古屋市南区戸部町1-40-1

 

ということになります。

「笠寺店」というだけあって、今後も拡大していこうという意気込みが感じられます。

 

ここでメニューの一部を。

カラカラコース

カラカラ2,500円コース

・日替わりサラダ
・鶏皮の唐から焼き
・鶏セセリの唐から焼き
・中落ちカルビ
・豚塩タン
・極上ホルモン
・唐から鍋
・上ハラミ
・豚バラ厚切り

 

カラカラ鍋

唐から鍋 一人前 950円(2人前から注文)

 

なかなかうまそうじゃないですか(笑)
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

年収はどれぐらい?

現在、この「AIRECサービス」は年商9億円を上げるほどに成長しました。

それで、相当の年収があるように思えるかもしれません。

しかし、南竜次さんはこう述べておられます。

 

「会社が儲かっても従業員を大事にしない会社は成長しない。今、うちの社員の半分ぐらいは年収1000万円以上あります。つらい仕事ですが、やればやった分だけ稼げる。それが仕事だし生きがいにもなる。」
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1207063/?utm_source=antennaより引用

 

売上を社員にすごく還元する、社員思いの社長なんですね。

そう考えると、40人が1000万円以上ということになると、それだけで人件費が4億円ということになります。

 

南竜次さんは、自分の年収は選手時代の数倍にあがったと述べておられます。

1995年の日本ハムファイターズの年俸は750万円ほどだったといいますから、社員思いの南さんは最低でも3500万円は稼いでいてほしいと思いますよね。

できれば5000万円ぐらいで(笑)

 

嫁や家族(息子・娘)について

奥様に関しては、エアコンの設置に軸足を移した99年頃が結婚直後だったそうです。

ですので、結婚してから今はもう20年ぐらいになりますね。

社長夫人というわけです(笑)

 

しかし、上の写真からも感じ取れるように、南竜次さんはセレブ感はありません(笑)

というのも、こういった考えを持っておられるからかもしれません。

「自分自身もあと15年必死に働いて、最終的に60歳ぐらいからのんびりした生活を送りたい。そうなれるよう、会社の売り上げを伸ばし続けたいです」
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1207063/?utm_source=antennaより引用

まだまだ会社や社員のために、そして自分のために、がむしゃらに働き続けたい、そんな思いがあるから、今はまだ人生を満喫、といったところではないという感じですね。

 

この奥さんの名前や、息子さん娘さんがおられるかどうかなどは調べてもでてきませんでした。

おそらく子供さんもいらっしゃるんじゃないかとは思いますが、どうなんでしょうかね。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

「南竜次の現在!嫁や家族(息子・娘)はいる?年収はどれぐらい?」として書いてきましたが、

  • プロ野球引退後、灯油販売のアルバイトから、エアコン取り付けの仕事を紹介される
  • このころから商才を発揮し、どんどん昇進した後、独立してエアコン取り付けの会社を立ち上げる
  • そして年商9億円にまで成長させる
  • 社員の半分ぐらいは1000万円の収入があるといい、南竜次さん自身は3500万円~5000万円は年収としてあるのではないか

ということが分かりました。

人生、何があるかわかりませんね。

ころんだように思えても、実はそこから才能を発揮することもあるということです。

私たちも手本にできるお人柄ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。