セクゾ松島聡がパニック障害で休養!回復はできる?復帰は?

セクゾ松島聡がパニック障害で休養!回復はできる?復帰は?

スポンサーリンク

「Sexy Zone」のメンバー、松島聡さんが、パニック障害の治療に専念するため、活動休止することが28日、発表されました。

ファンの方々からすれば、本当に心配なことではないでしょうか。

筆者のように、今まで知らない方でしたが、こういうニュースを聞くと、いたたまれない気持ちになってしまいます。

では、松島聡さんがかかった「パニック障害」とはどんな病気なのでしょうか。回復は期待できるのでしょうか。

結論から言いますと、回復することは可能です。

筆者の周りにも、多くのパニック障害経験者がおり、皆さん普通の生活に戻ることができています。

では、今一度、ファンの方々のためにも、パニック障害に至った経緯や、それがどんな病気か、回復して復帰するのはいつ頃かを考えていきたいと思います。

松島聡さんのコメント全文

このたびは皆様には突然の発表となってしまい誠に申し訳ございません。

実は1年前くらいから体調崩し始め1か月前より不調が酷くなってきた為受診いたしました。

診断結果は突発性パニック障害です。

病名もですが、自分のこの状況に正直大変戸惑いショックを受けております。

そして今は、治療と静養が必要だということなので、一旦活動休止をお知らせすることをお許しください。

温かいご支援を受けている中で、苦渋の選択とはなりますが、今はこの病気を克服することが一番と決断致しました。

愛するファンの皆様、各関係者の皆様、そして家族のようなメンバー、本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

皆様の応援に心から感謝申し上げると共に、これからのSexy Zoneの応援を引き続き宜しくお願い致します。

2018年11月27日

Sexy Zone 松島聡

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12265-134808/より引用

非常に誠実なコメントで溢れているのではないでしょうか。

ジャニーズ事務所も、松島聡さんに関して、「何事にも真面目に一生懸命取り組むが故に、その反響一つ一つを過敏に捉えてしまうことから、心身ともに緊張した状態が続いていたことも体調に異変が起きた原因ではないかと考えられております」と説明しています。

確かに、松島さんは、パニック障害を患う因子を多く持っておられたのかもしれません。

パニック障害とその原因

パニック障害に陥る原因となるものはいくつか挙げられますが、そのうちの一つについて、このような説明がありました。

やさしくて他人思い、神経質で不安が強い人が多い

「パニック障害になりやすい人は、神経質で繊細、もともと不安や恐怖心が強い人が多いです。また人の気持ちを先回りして、『こんなことをすると、他人に迷惑をかける』などと自分よりも他人を重視するやさしい人が多く、どうにもならなくなって、人との接触を避けて、対人恐怖やうつ病にることも多いのです」

http://www.fuanclinic.com/byouki/tori_2.htmより引用

松島さんのコメントや人となりをよく知っている方からすると、当てはまるところが多いとお感じになられるんじゃないでしょうか。

責任感の強さがコメントにも表れていて、「メンバーに迷惑をかける」という気持ちが追い打ちをかけたのかもしれません。

では、パニック障害とはどんな病気なのでしょうか。

それは、まず、突然、なんの前触れもないことが多いんですが、動機や息切れ、このまま死ぬんじゃないかと思えるほどの発作が生じます。

そのため、救急車のお世話になることが多いです。

そして、パニック発作を繰り返すうちに、「また発作が起きるのではないか」という予期不安、「発作が起きた場合に逃げられない、助けを得られないような場所には生きたくない」という広場不安が生じて、日常生活に支障が起きる病気です。

ですから、パニック障害を起こしたのと同じような場所、状況になると、過度の不安からまたパニック発作を起こしてしまう、もしくはそうなりたくないのでその場所や状況を避けるため、日常生活がしにくくなるということなんです。

治療方法は?

パニック障害の治療方法としては、薬物療法と、認知行動療法が並行して行われます。

薬物療法とは、読んで字のごとく、薬を飲んで治していく方法です。

認知行動療法に関してですが、これは多岐にわたるため、一言で言うのが難しいです。

以下に引用します。

精神療法は、医師や心理士などのセラピストとの対話を通してこころ(脳)に働きかける治療です。

認知行動療法は、パニック発作が起きて不安になった際に「このまま死ぬかもしれない」などの偏った思考とそれに伴う行動を、バランスのとれたものに修正、変化させる方法です。

パニック症に対する認知行動療法は、病気を理解したうえで自分の思考の偏りに気づき、考え方を修正していく「認知療法」と、あえて不安が高まる可能性のある状況に身を置いて少しずつ心と体を慣らしていく「行動療法(段階的曝露療法(だんかいてきばくろりょうほう))を統合したものです。

https://medicalnote.jp/contents/180328-001-ON?utm_campaign=%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9A%9C%E5%AE%B3_article1&utm_medium=ydd&utm_source=yahooより引用

このうち、段階的曝露療法とは、段階的に、ドキドキするような状況や場所に行くなどして、行動を起こして、徐々に体の反応に慣らしていく方法です。

例えば、「電車に乗れない」ということで悩んでいるのであれば、

  • 駅まで行くことに慣れる
  • 家族と電車に乗る
  • 一人で電車に一駅だけ乗ってみる
  • 電車に乗って〇〇まで行ってみる
  • 新幹線に乗って旅行する

と、段階的に慣らしていくということなんです。

こういった、薬物治療と認知行動療法をあわせて行うことによって、日常生活を送れるほど回復を見込んでいくというのが治療のスタンダードになります。

回復、復帰は?

https://www.instagram.com/p/BqwxOj9lr6q/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

最初に申し上げましたように、わたしの周りには日常生活を送れるほどになっている方がたくさんいます。

ですから、松島さんもきっとそんな時が来るに違いありません。

自分のパニックを起こす原因に立ち向かっていかなければならないわけですから、簡単な道のりではありませんが、真面目でみんなのことを思う松島さんであれば、きっと乗り越えられるんじゃないでしょうか。

しかし、アイドル活動への復帰ということになると、少し時間を見たほうが良いのかもしれません。

あるいは、過度の負担にならないように、ゆっくりと活動を再開させていくという方法も取れるでしょう。

ですから、最短で1年ぐらいは見て置かなければならないんじゃないでしょうか。

今はいい薬がありますから、ファンの皆さんは期待して待たれるといいんじゃないかと筆者は思います。

スポンサーリンク

まとめ

  • 松島聡さんは、1年前から体調を崩しはじめ、一ヶ月ほど前からよりひどくなってきた
  • その真面目で、人のことを思う性格がパニック障害につながっているのではないか
  • しかし、今の治療法は進んでいるため、必ず回復できる時が来ることを期待できる
  • 芸能活動に復帰するには最低1年は必要だと思われる

ということで、若い方がこんな病気で苦しまないといけないのは本当にお気の毒としか言いようがないですが、きっと持ち前の誠実さが、回復の後押しをしていくものと信じることができるのではないでしょうか。

テキストのコピーはできません。