前佑囲斗のプロフィールや小学校中学は?プロも注目の投球術は?

前佑囲斗のプロフィールや小学校中学は?プロも注目の投球術は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 
間もなく2019年のセンバツ高校野球が始まります。

注目選手が目白押しで、投手がなかなかの豊作な今年の高校野球ですが、今回はその中で、三重県は津田学園の前 佑囲斗(まえ ゆいと)投手に注目してみました。

最速148キロを誇る速球派投手です。

一回戦の龍谷大平安を破れば一気に注目を浴びそうな選手ですので、ぜひご紹介したいと思います。

前 佑囲斗投手のプロフィールと小中学校

プロフィール

氏名 前 佑囲斗(まえ ゆいと)

生年月日 2001年8月13日(17歳)

出身地 三重県亀山市

学歴 亀山市立神辺小学校→亀山市立亀山中学校→津田学園

野球歴 関パワーキッズ→津ボーイズ→津田学園

身長/体重 182cm/87kg

持ち球 直球・スライダー・カーブ・ツーシーム

最速 148km/h

 

前 佑囲斗投手は、小学校1年生から関パワーキッズで軟式野球を始め、中学からは津ボーイズで硬式野球を始めました。

そして、2歳年上のお兄さんがいる津田学園に入学。

1年秋から背番号11でベンチ入りメンバーを果たします。

 

しかし、2年の夏の県大会予選で挫折を味わいます。

なんと初戦で負けてしまったのです。

 

体が細身であったため、2年夏からはウェイトトレーニングで体重を増加させることに成功。

9kgも体重が増えました。

結果、球速もそれに比例して伸びていきました。

マネージャーが作ったおにぎりを、練習の合間に食べたりして、さらに体重増を目指し、今の体格に至っています。

2018秋季大会の戦績

三重県2018秋季大会では、次の様な成績を残しています。

津田学園 7-0 桑名工

津田学園 2-0 桑名北

津田学園 8-9 いなべ総合

津田学園 13-2 桑名工

1回戦 津田学園 4-0 伊賀白鳳

2回戦 津田学園 10-3 松坂商

準々決勝 津田学園 5-4 伊勢工

準決勝 津田学園 2-3 菰野

3位決定戦 津田学園 4-0 海星

 

以上の成績で、東海大会に三重県3位として出場を果たします。

そこから津田学園は快進撃を見せます。

1回戦 津田学園 7-2 御殿場西

2回戦 津田学園 10-3 大垣日大

準決勝 津田学園 13-2 中京大中京

決勝 津田学園 2-10 東邦

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

春のセンバツの東海出場枠は「2」のため、決勝まで進んだ津田学園は順当にセンバツ出場を射止めました。

この秋季大会での前 佑囲斗投手の成績は、72回2/3、防御率2.08、被安打率7.09、奪三振率10.02、四死球率1.71という安定した成績でした。

前 佑囲斗投手の投球術

まずは投球フォームから見てみましょう。

 

 

 

最初はグラブを高く掲げますが、ノーワインドアップモーションで投げ込んでくることが分かります。

自慢の直球は速いだけでなく、打者が見逃すケースが多いようです。

なぜなら、球を長く持つのが特徴で、打者が差し込まれ気味になるからです。

また、直球で緩急をつけるのも特徴の一つです。

135km前後、140km台前半、140km台後半と、いろんな速度で直球を投げ分けるため、打者は的を絞りにくくなります。

しかも、打者の近くでの伸びがあるため、打者はかなり打ちにくいという印象を持つようです。

縦回転がキレイで、伸びてくるという印象につながっているのでしょう。

 

それに加えて、スライダーを武器としているのも大きな特徴で、前述のようなストレートを投げたあと、スピードも切れも良いスライダーを投げ込むことによって、これを決め球ともできる強みを持っています。

 

プロも注目の前佑囲斗投手

今年の年明けから、地元・中日ドラゴンズを含め、7球団のスカウトがあいさつに訪れたと言います。

プロも注目していることが明らかですね。

また、前佑囲斗投手自身も、プロに進むことを熱望しています。

 

しかし、まだ実戦でしっかりとした実績を残していないことも確か。

今度出場するセンバツ大会で良い成績を残すことがまずはプロ入りの第一条件となることは間違いありません。

 

そのためにはまず、初戦の龍谷大平安を抑え込まなければなりません。

秋季大会では打ち勝ってきた印象の強い龍谷大平安ですから、打力はしっかりとしたものを持っていることが分かります。

その、打の龍谷大平安を破れば一気に注目を集めそうな勢いが出てくるのではないでしょうか。

 

初戦を勝ち上がったとしても、そこに立ちはだかりそうなのは盛岡大付、横浜と、実績は申し分ないチームと対戦する可能性が高いです。

それを以下に抑え込むか、そこをプロのスカウトは注目しているのではないでしょうか。

 

変幻自在のストレートを中心に、スライダー、ツーシームで打者の的を絞らせないピッチングで勝ち上がれば、前佑囲斗選手の前途は大きく広がることでしょう。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

「前佑囲斗のプロフィールや小学校中学は?プロも注目の投球術は?」として書いてきましたが、

  • 小学校は亀山市立神辺小学校、中学校は亀山市立亀山中学校
  • 小学1年生から関パワーキッズで軟式野球を始め、中学からは津ボーイズで硬式野球を始めた
  • 津田学園で早くからベンチ入りをするも、悔しい結果に終わり、体作りに専念
  • その甲斐あって、最速148kmのストレートを武器に、変幻自在のストレート、キレの良いスライダー等で打者の的を絞らせないピッチングが持ち味
  • 並み居る強豪を相手にどれだけ良いピッチングができるかがプロ入りへの条件となる

 

津田学園、そして前佑囲斗投手にとっては厳し目のセンバツの日程となってしまっている感じがしますが、前評判などははねのけて、投手としての注目をどんどんひきつけていってほしい逸材ということができます。

相手が強豪であるだけに、より一層応援したい投手と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。