倉持春希(はるちゃん)の両親や学校は?子役の年収やCMについても!

倉持春希(はるちゃん)の両親や学校は?子役の年収やCMについても!

スポンサーリンク

春は別れと出会いの季節。

テレビ界でもそれは同じです。

NHK Eテレの幼児向け番組「いないいないばあっ!」の「ゆきちゃん」が進級を発表されました。

その代りに、今度は「はるちゃん」こと倉持春希さんがおねえさんとして出演されることとなりました。

では、この「はるちゃん」ってどんな人なんでしょうか。

子役ってしっかりしてますので、ご両親がどんな方なのか気になりますよね。

他に学校や出演していたCM、年収について調べてみましょう。

(アイキャッチ画像はhttp://waterblue0420.info/kuramochi-haruki.htmlより引用)

倉持春希さん(はるちゃん)のプロフィール・学校

倉持春希

http://waterblue0420.info/kuramochi-haruki.htmlより引用

 

プロフィール

氏名 倉持春希(くらもちはるき)生年月日 2011年2月18日(8歳)

出身地 千葉県

特技 ことわざ暗唱 ピアノ

身長/体重 115cm/17kg

所属事務所 Water Blue

 

学校については、情報はありませんでした。

ネット上では埼玉県にある木崎小学校?とウワサされているようですが、

ソースがありませんので、信頼できる情報ではありません。

子役の通う学校を知られるのもどうかと思いますけどね。

昨今危ないですから^^;

 

倉持春希さん(はるちゃん)のご両親は?

こちらも調べましたが、特に情報はありませんでした。

自分の子供をテレビに出したい、子役にしたい、と思っているご両親ですから、完全バックアップ体制を取っておられて当然でしょうね。

自分の子供がテレビに出る、という感覚はどんな感じなんでしょうか。

凡人の筆者にとっては想像できない世界です。

はるちゃん自身もテレビに出たい!と言ったのかもしれませんが、それをかなえさせる親御さんはスゴいと思います。

スポンサーリンク

 

倉持春希さん(はるちゃん)のこれまでの芸能活動・CMは?

https://twitter.com/ripomamablog/status/1110686372430372864

 

倉持春希さん(はるちゃん)は、2018年から本格的に芸能活動を初めておられる様子です。

出演したTV番組を挙げますと、

  • 「爆報! THEフライデー あの人は今…大追跡SP」(2018)
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ 華麗なる石原一族、良純はなぜバラエティに?」(石原良純さんの友人(幼少期)役)(2018)
  • 「爆報! THEフライデー 小野節子篇」(小野節子幼少期役)(2018)

 

があります。

見てみたかったですね。

どんな演技力を持っておられるんでしょうか。

最近の子役ってスゴいですよね。

ここ!っていう場面でいとも簡単に涙を流せるぐらいです。

はるちゃんもそんな演技力を持っているんでしょうか。

これからに注目です。

 

そして、すでに2本のCMに出ておられます。

一つは、ロコモアのCMです。

もう一つは「マクドナルド 本のはっぴーセット 『魚の街のこどもたち』編」です。

 

 

一瞬しか移りませんが、紫の服を着た女の子が倉持春希さんですね。

これでは演技力が分かりませぬ…

 

さらに、WEB上のCMにも出演しておられます。

「オフィスでの働き方をそのままテレワークに – Rsupport Works」というタイトルのCMです。

こちらはどうでしょうか。

 

 

心配そうな顔や、嬉しそうな顔をして、演技力が光っていますね!

やはり徹底した訓練がなされているものと思われます。

子供時代から大変ですね…

 

倉持春希さん(はるちゃん)の年収は?

年収についてはもう憶測の域をどうしても出ない情報となってしまいます。

あの鈴木福くんや芦田愛菜ちゃんで、1億以上をもらっていたと言われています。

一番メディアに露出していた時期でそうなわけですから、普通のたまに出てくる子役はほんの少しという感じにならざるを得ませんね。

これから出る「いないいないばあっ!」もNHKですから、ギャラはあまり期待できません(苦笑)

ネット上の憶測で多いのは、月収20万もいったらいいほうじゃないかという声です。

で、年収にしたら200万ほどではないかという推測です。

これからのCMや番組の起用の量次第だということになりますね。

スポンサーリンク

まとめ

NHKの長寿番組「いないいないばあっ!」に出演されるというのは本当に大抜擢ですよね。

今後も演技力に磨きをかけて、いろんな所で見てみたい、そういう人材ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。