熊田任洋の経歴(小学校中学校)は?特徴やバッティングセンスについて!

熊田任洋の経歴(小学校中学校)は?特徴やバッティングセンスについて!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 
間もなく始まるセンバツ。

球春がやってまいりました。

今日は出場選手の中で、東邦高校の熊田任洋選手(くまだとうようと読みます)を紹介したいと思います。

同じ東邦高校には、目立つのは石川昴弥選手ですが、熊田任洋選手も、非凡なバッティングセンスを持つ、打者としてはとても良い選手です。

では、熊田任洋選手の小学校や中学校、野球の経歴や、そのバッティングセンスを探っていきたいと思います。

熊田任洋選手のプロフィール、小学校・中学校について

プロフィール

氏名 熊田任洋(くまだとうよう)生年月日 2001年4月15日(18歳)

出身地 岐阜県岐阜市

身長/体重 174cm/72kg

学歴 岐阜市立長森東小学校→岐阜市立長森中学校→東邦高校

球歴 岐阜青山ボーイズ→東邦高校

ポジション ショート

投/打 右投げ/左打ち

 

出身地が岐阜県岐阜市なので、市立の小学校、中学校に通っていたんですね。

 

こちらが岐阜市立長森東小学校です。

 

学校のホームページを見ましたが、ごく普通の公立小学校ですね。

6年生の卒業を前に、校舎に感謝する意味を込め、「立つ鳥跡を濁さず」の精神で掃除をみんなでする、なかなかいい取り組みをしている学校に感じました。

 

そして、こちらが岐阜市立長森中学校です。

 

 

クラブの中に、相撲部があるのが興味深いと思いました。

部活動加入率は90%で、スポーツ推薦を受ける生徒は1~4人と書かれていました。

今年は、女子ソフトテニス部と女子バトミントン部が県大会で優秀な成績を上げているようですね。

いじめ防止にもしっかり取り組んでいるようで、好感の持てる中学校でした。
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

熊田任洋選手の野球歴

熊田任洋選手は長森東小学校の4年生から硬式野球をはじめました。

長森中学校時代は学校の野球部ではなく、「岐阜青山ボーイズ」というチームに所属していました。

今年の成績を見る限り、「岐阜青山ボーイズ」はそれほど強くないという印象を受けました。

しかし、これまでの卒団生の進路をみてみると、ちょこちょこ野球では一流の高校に進んでいる選手がいますね。

 

熊田任洋選手は、この「岐阜青山ボーイズ」時代の3年生の時に、世界少年野球大会の選手に選ばれています。

このときもショートで、レギュラーメンバーでした。

日本中から集められたよりすぐりの選手たちの一員になっていたわけです。

この時の世界少年野球大会では、準決勝で韓国Bに0-4で敗退しています。

 

熊田任洋選手の特徴やバッティングセンスについて

熊田任洋

 

東邦高校という野球の名門学校に入って、一年生からベンチ入りを果たしています。

その県大会から、3塁手のレギュラーとなり、14打数7安打を記録しました。

 

圧巻は1年生、秋の大会での成績です。

1番、ショートでレギュラー出場し、秋の大会では、27安打13長打を放ち、打率.458、ホームラン3本、打点12をマークしますが、特筆すべきは三振0という点です。

70打席以上で、三振0だったというわけです。

非常に良い選球眼を持つと共に、素晴らしいバッティングコントロールを持っている証しとなっています。

 

しかし、2年春の選抜では、ヒット1本を打ちましたが、チームは花巻東に3-5で敗れました。

なので、甲子園ではまだこれと言った活躍ができていませんでした。

 

しかし、個人としては確実に成長し、2年秋からは4番を任され、秋の愛知県大会、東海大会を優勝し、今回の選抜を勝ち取っています。

 

熊田選手のセンスの良さは打撃だけでなく、守備も非常に良いものを持っています。

ショートという非常に難しいポジションにもかかわらず、守備範囲が広く、また、強肩の持ち主です。

遠投100メートルの肩を用いて、深い位置からもファーストへ投げる力を持っています。

 

さらに、50メートル6.0秒という俊足の持ち主で、まさに走攻守と三拍子そろった選手であるということです。

 

その才能を見込んで、東邦の森田泰弘監督が、OBの現DeNA、関根大気選手よりもバッティングセンスがいいと評価されています。

 

その熊田任洋選手に関して、このような報道がありました。

「東邦には石川昂弥(たかや)というバリバリのドラフト候補がいるんですが、球団によっては50m5秒台の足があって、身体能力の高い熊田の方が『使い勝手がいい』と高く評価しているところもあります。タイプ的には広島の菊地(涼介)かなぁ……小柄だけど、体が強く、パワーもある。初球からぴったりタイミングを合わしてきてスタンドに放り込む”怖さ”を持ったバッティングは、まさにプロ向きですよ。あとは、守りがどこまでうまくなっているかですね」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190321-00010003-sportiva-base&p=2より引用

 

東邦高校と言えば、というより今年の高校生の中で注目選手となる石川昴弥選手がいるんですが、その石川昴弥選手を差し置いてでもほしいという球団が出てくる可能性があることが指摘されています。

石川昴弥選手の存在で、状況として「隠れている」というふうに表現されていますが、仮に他の学校に進んでいたとすれば、非常に注目を浴びる、そんなセンスと力を持ち合わせている、というのがプロのスカウトの意見です。

 

熊田任洋選手自身、「センバツでは日本一のショートだと思ってもらえるようなプレーをする」と述べています。

守備も鍛え抜いてきて、かなりの自信をつけているようですね。
 

スポンサーリンク

まとめ

「熊田任洋の経歴(小学校中学校)は?特徴やバッティングセンスについて!」として書いてきましたが、

  • 小学校は岐阜市立長森東小学校、中学校は岐阜市立長森中学校
  • 小学4年生から硬式野球をはじめ、中学からは「岐阜青山ボーイズ」で練習を積む
  • 中学時代、世界少年野球大会の選手に選ばれている
  • 東邦に入ってさらにステップアップし、打者としては、良い選球眼とバットコントロールで三振しない巧打者となり、4番を任されている
  • 俊足と肩の強さで守備範囲の広いショートとして、自信を深めている

とまとめることができるでしょう。

 

石川昴弥選手に注目が集まりがちな東邦高校ですが、この熊田任洋選手にも注目ですね。

どんな攻守を見せるか、楽しみです。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。