小出義雄氏の病名、死因は?勇退は病気が原因か?現在までの活動は?

小出義雄氏の病名、死因は?勇退は病気が原因か?現在までの活動は?

スポンサーリンク

マラソンの指導者で有名な、小出義雄さんが今日、亡くなられました。80歳でした。

今年3月末をもって第一線から退く意向を示し、どうされていたのかなと思っていた矢先の出来事でした。

かねてから心臓を患っておられましたので、それが原因とみられます。

では、小出義雄さんの病名や死因を調べ、現在までの活動を追ってみたいと思います。

(アイキャッチ画像はhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%87%BA%E7%BE%A9%E9%9B%84より引用)

小出義雄さんの経歴

プロフィール

氏名 小出義雄(こいでよしお)

生年月日 1939年4月15日(80歳)

出身地 千葉県佐倉市

学歴 千葉県立山武農業高校→順天堂大学体育学部

 

順天堂大学卒業後は、保健体育の教師として、千葉県立高校を渡り歩きます。

1986年には、全国高校駅伝で市立船橋高校を優勝に導きました。

その後、リクルート、積水化学工業の陸上部を率い、2001年には佐倉アスリートクラブを創設しました。

今年の3月31日をもって、指導者を勇退しました。

 

これまでに指導し、輩出してきた選手は、

有森裕子
五十嵐美紀
吉田直美
志水見千子
鈴木博美
高橋尚子
千葉真子
宮井仁美
新谷仁美
堀江知佳

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%87%BA%E7%BE%A9%E9%9B%84より引用

 

などがおられます。

スポンサーリンク

勇退は病気が原因?

2015年夏には、アメリカでの合宿中に心臓の緊急手術を受けられます。

その時、心臓にペースメーカーを埋め込まれました。

 

それからも心臓が原因で体調が優れなかったようです。

勇退してからは、その心臓疾患のため、入退院を繰り返し、4月には集中治療室に入っていました。

そして今回の訃報です。

おそらく、何らかの心臓疾患が原因で死去されたと思われます。

 

情報が出次第、追記していきたいと思います。

 

24日、家族が小出義雄氏の死因を公表しました。

直接の死因は肺炎だったということです。

午前8時5分に順天堂大学浦安病院で亡くなられました。

3月下旬から心臓の具合を悪くし、入院しておられました。

 

スポンサーリンク

まとめ

指導者として現役だったころ、酒のエピソードにも事欠かない小出義雄さん。

それも寿命を縮めた原因なのでしょうか。

今の80歳はとても若いです。

病気を抱えながらの指導は難しかったと思いますが、よくがんばってこられたと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

テキストのコピーはできません。