Comfort~「ああ、そうか」をあなたに~ は、あなたの疑問に答えます (このサイトはTHE THORテーマを使用しています)

岸田治博と岸田治子の顔画像は?無断キャンセル防止も進歩している!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

宿泊予約サイトを使って無断キャンセルを繰り返した岸田治博容疑者(30)と母の岸田治子容疑者(52)が逮捕されました。

なんと無断キャンセルを繰り返すことによって、200万円相当のポイントを不正取得していたとのことです。

近頃、宿泊施設や飲食店に無断キャンセルやドタキャンをすることで、店側に多額の被害を与える事案が多発しています。

では、岸田治博容疑者と岸田治子容疑者はどんな手を使ったんでしょうか。

店側は今どんな対策を取れるのでしょうか。

見てみましょう。

岸田治博容疑者と岸田治子容疑者の顔画像と手口は?

https://www.ktv.jp/news/articles/3ac43786a4584487bdb92da6d3f5b43e.htmlより引用

こちらが岸田治博容疑者と岸田治子容疑者の顔画像です。

テレビで既に報道済みです。

 

二人はどんな手口を使ったんでしょうか。

二人は、宿泊予約サイト「一休.com」を不正に使ったと見られています。

「一休.com」を通してホテルに宿泊すると、ポイントがもらえます。

宿泊を無断でキャンセルした場合、ホテルが「一休.com」に連絡すればポイントは付与されませんが、ホテル側が連絡を忘れると、ポイントが誤って与えられます。

その「連絡忘れ」を狙って無断キャンセルを繰り返し、200万円相当のポイントを取得して、そのポイントを使ってホテル暮らしをしていました。

被害総額は8000万円を超えるとされています。

 

二人は住所不定とされていて、ホテル暮らしを転々としていたと見られています。

そんなことに頭を使うのなら、もっとまともなことに頭を使って、まっとうな方法で稼いでいったらいいのにと思いますね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

増える無断キャンセルを防止する方法も進歩している

 

最近のニュースで記憶に新しいところでは、栃木県那須塩原市や日光市などの温泉地で、正月に無断キャンセルが相次いだ事案があります。

少なくとも7施設で250万円ほどの被害が出ているとのことです。

 

中には、無断キャンセルそのものが目的で、施設側に被害を与えることを狙っている犯行もあります。

予約日の前に事前に確認の電話を入れると不通になったり、請求書を予約の際の住所に送ると宛先不明で戻ってくるというケースも多いそうです。

 

しかし、無断キャンセルが起きる原因の一つに、インターネット予約サイトの普及があると言われています。

サイトを通して複数の予約を一旦入れておき、片方の予約で泊まったり使用したりしておきながら、もう一方の店や施設に取り消しの連絡を入れないということが結構あるようです。

 

多くの場合、店側が泣き寝入りをしなければならない状態ですが、こういう事が増えているので、防止策も増えてきています。

2つだけご紹介しましょう。

 

SUBLINE

https://solto.jp/posts/prevent-cancellationより引用

 

「SUBLINE」は、新しく予約専用の「050」で始まる電話番号を用意して、予約の連絡をこの番号に一本化し、その上で、すべての会話を録音するというサービスを行っています。

電話予約のために電話を入れると、「サービス向上のためこの会話はすべて録音させていただいております」とアナウンスされます。

そうすると、予約する側にこの店はドタキャンしにくいという印象を与えることができ、防止効果が期待できるというものです。

 

月額300円で導入することができます。

IP電話を使用しますので、固定電話よりは通話料が高くなってしまうというデメリットはあります。

しかし、ドタキャンで発生する無駄な費用と比べると、ずっと割安ではないでしょうか。

 

ドタキャン防止システム

https://solto.jp/posts/prevent-cancellationより引用

 

「ドタキャン防止システム」は、全国飲食店協会が独自のデータベースを作り、ドタキャン歴と電話番号を紐付けしたサービスのことです。

予約の電話がかかってきたときに、データベースにアクセスすれば、ドタキャン履歴が一発で知れるというメリットがあります。

頻繁にドタキャンしているということが分かれば、事前に申込金を預かったり、数日前に確認の連絡がない場合はキャンセル扱いにする、といったことが可能になります。

ただ、まだ登録データが少ないため、ヒットしづらいというデメリットはあります。

 

 

ほかにも、店側がドタキャンによる被害額を相殺するための保険などが始まっており、泣き寝入りしなくても良いサービスも開始されています。

こういった事前の対策を講じる事によって、被害を最小限に抑えることができるようになってきています。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

それにしても、そんな被害を食い止めるための防止策を講じなければならなくなったという世知辛い世の中になってしまったものですね。

常識と良識ある人が少なくなってきている証拠ではないでしょうか。

岸田治博容疑者と岸田治子容疑者の場合は、悪意に基づいた完全に犯罪ですので、しっかり償ってほしいと思います。

しかし、本当に残念な世の中になってしまったものです。

スポンサーリンク

 

 

最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。