一色紗英が10年ぶりのCMに「変わったね~」!昔のCMが懐かしい!

  • 2019.07.30
  • CM
一色紗英が10年ぶりのCMに「変わったね~」!昔のCMが懐かしい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


一色紗英さんが10年ぶりにCMに出演されたということが話題になっていますね!

ご自身も2002年に結婚し、1男2女をもうけ、充実した生活を送っておられるようですが、今回のCMも、どこにでもいそうな夫婦の日常を撮ったものとなっています。

しかし、一色紗英さん、変わりましたよね~!

ある人は「劣化」とか言うのかもしれませんが、いやいや、いい年の重ね方をしておられると思いますよ。

でも、ひと目見ただけでは一色紗英さんだとわからないかも…

では、最新CMと、昔のCMを見比べてみましょう!

(アイキャッチ画像はhttps://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1855407/より引用)

一色紗英さんの10年ぶりの最新CM

では、早速、一色紗英さんの出演しておられるCMを見てみましょう。

まずは、「江崎グリコ プリッツ おひさしプリッツ!『夢中時間 デビュー』篇」です。

 

 

もう一本、「夢中時間 アルバム」篇です。

 

 

パッと見た時、「…ん?だれ?」となりませんか?

「見たことあるような気もするけど… 誰だっけなあ…?」

髪型もあるのかもしれませんが、一色紗英さんですよと言われると、「あ、そっか~、ほんまやあ」となりそうですね(笑)

 

今回のCMのコンセプトは、「おひさしプリッツ」という言葉にも現れているように、ひさしぶりにプリッツを食べてみて美味しさを思い出すというものです。

一色紗英さんも久しぶりのCM出演ですが、CMのスタッフの方々も、久しぶりに現場で働いた方々ばかりだったということですね。

 

あの頃の自分を思い出すかのように、CM作成に携わるみなさんが、懐かしさを感じながら、でも、色んな意味で変化した自分を見つめる、そういう機会になったようです。

CMのコンセプトを全面に出すために、いろんな事を考えますね!

そのあたりのことをまとめた動画もありますので、どうぞご覧ください。

 

 

一色紗英さんの昔のCMと見比べてみよう!

では、以前出演しておられた一色紗英さんのポカリスエットのCMを見てみましょう!

 

 

「ああ、これこれ!」と思われた方も多いんじゃないでしょうか(笑)

一色紗英さんと言えば、この顔ですよね!

突然現れた美少女で、眉毛の濃い、でも、スッとした目元で、インパクトのあるお顔でしたよね。

とても爽やか美少女という感じでした。

 

いやあ、懐かしい!

あの頃の自分を思い出しますね~。

え、別にそんなことない?

あ、そうですか(笑)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

一色紗英さんの現在

一色紗英さんは、2002年、サーフェン智さんという、元モデルで実業家でもあられる男性と結婚しておられます。

そして、1男2女をもうけられました。

現在は、ロサンゼルス在住だということです。

インスタグラムにも精力的にアップされておられますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

sae isshikiさん(@this_is_sae)がシェアした投稿

うん、この表情は、以前の面影を残している感じがしますよね。

さすが、今でも美人です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

sae isshikiさん(@this_is_sae)がシェアした投稿


このインスタに対するコメントは、カッコいいというものが多かったですね。

 

子供の写真もインスタにアップされてますね。

 


ソラナちゃんというようですね。

漢字が「宙和」。

その込められた意味も書かれていますね。

 


こちらはヒノデくん。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

alona’s first solo competition

sae isshikiさん(@this_is_sae)がシェアした投稿 –


こちらはアロナちゃん。

 

撮った時期がいろいろなので、年齢順ではありませんが、この3人の子供に恵まれているようですね。

サッカーを習わせたり、バレエを習わせたり…

生活を楽しんでおられる様子が伝わってきます。

 

スポンサーリンク

まとめ

久しぶりに「一色紗英」さんという名前を聞いて、書かずにいられませんでした(笑)

現在のこともある程度知ることが出来てよかったです。

一色紗英さんもいい感じで歳を重ねていっておられますね。

今後、このCMをきっかけにして、またテレビで拝見することができる時が来るでしょうか。

そんな時を楽しみにしたいと思いますね。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。