石川昴弥の小学校・中学校は?両親は?天性のバッティングでプロ即戦力?

石川昴弥の小学校・中学校は?両親は?天性のバッティングでプロ即戦力?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
間もなく始まるセンバツ。

平成最後となるセンバツで、注目選手を追っています。

今回は、東邦高校の石川昴弥選手です。

天性のバッティングセンスを持ち、スラッガーとしても評判が高いです。

また、背番号1でピッチャーもこなし、同じ愛知県出身のイチローの高校時代と重なる部分があります。

では、この石川昴弥選手をプロフィールからバッティングまで、追っていきたいと思います。

石川昴弥選手のプロフィール

プロフィール

氏名 石川昴弥(いしかわたかや)

生年月日 2001年6月22日(18歳)

出身地 愛知県半田市

学歴 半田市立有脇小学校→半田市立亀崎中学校→東邦高校

身長/体重 185cm/81kg

 

石川昴弥選手の小学校、中学校時代について

石川昴弥選手は、小学校2年生の時に、「ツースリー大府」で野球を始めます。

https://23juniorbaseball.wixsite.com/mysite/blankより引用

半田市から少し離れた大府市で野球をしていたんですね。

それだけ優秀なチームなのかもしれません。

 

石川昴弥選手は、小学校の時から投手と内野手を両方担当し、二刀流だったそうです。

6年生のときには、「中日ドラゴンズジュニア」に選出されます。

中日ドラゴンズジュニアは、メンバーになるためには、セレクションを通過しなければなりません。

基礎能力テスト、実戦形式のシート打撃などを経て、16人の選手が合格と通知されます。

その16人に入れたわけですから、小学校から実力は抜きん出ていたと言えます。

 

中学校に入ると、今度は「愛知知多ボーイズ」に所属します。

1552811746440

http://aichichita.com/より引用

 

2019年は、「第26回東邦ガス旗」で優勝を果たしています。

こちらも愛知県内の名門クラブと言えるのかもしれませんね。

「愛知知多ボーイズ」のモットーの一つは「辛い野球ではなく楽しい野球を!」というものです。

選手がのびのびと練習に取り組み、笑い声も絶えない、そういう環境です。

真剣に取り組むべきところは真剣に、遊ぶべきところは遊ぶ、そんなメリハリの付いた練習をしているので、のびのび野球ができるんでしょうね。

 

そんな環境で野球を学んでいた石川昴弥選手選手は、中学時代も二刀流を続け、ストレートは130kmを超えるほどに成長しました。

また、この「愛知知多ボーイズ」での練習に加え、「野球道場メジャー」というところでも、こちらはバッティングを特に鍛えていました。

昼は「愛知知多ボーイズ」、夜は「野球道場メジャー」と、一日中野球漬けの毎日を過ごしていることになります。

スゴイですね~

 

その努力の甲斐あって、中学3年生のときには、「NOMOジャパン」に選出されました。

こちらは、あの根尾昂選手も選出されたことのある、中学生日本代表と言ってもいいチームです。

しかし、石川昴弥選手はこの「NOMOジャパン」では背番号が16で、レギュラーの番号ではありませんでした。

とは言え、「NOMOジャパン」の一員として、アメリカ遠征も経験し、元阪神のオマリー氏招待のディナーに参加したり、、地元チームとの試合を行なったり、メジャー・リーグの野球をじかに見たり、という良い経験をさせてもらいました。

 

このように、小学校、中学校時代から、野球漬けの毎日で、メキメキと腕を上げ、代表チームに選出されるまでになったということがよく分かります。

 

その結果、県内外の多くの野球名門校からスカウトされますが、石川昴弥選手は両親の母校である東邦高校を選び、進学することにしました。
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

石川昴弥選手の両親は?

石川昴弥選手のご両親は、お父さんは尋貴さん、お母さんは由香子さんとおっしゃいます。

お父さんもお母さんも東邦高校時代は野球部に属しており、尋貴さんはキャッチャー、由香子さんは1歳年下でマネージャーを務めていました。

 

尋貴さんが所属中の東邦高校は、1988年センバツは準優勝、1989年のセンバツは優勝を果たしています。

そんな時代でしたから、選手層は相当厚く、尋貴さんはベンチ外、応援要員でした。

 

そんな両親ですから、息子である昴弥選手に甲子園の夢を託すのは当然といえば当然かも知れません。

野球が生活の中心、再優先事項として生活するのも苦ではないのでしょう。

その両親の努力とサポートの甲斐あって、今は石川昴弥選手は全国でも注目を集める選手に成長することができました。

 

それぐらいになるには両親が熱心でなければできないことかもしれませんね~

 

石川昴弥選手のバッティングセンス

まずは、動画をご覧ください。

 

 

甘いボールは簡単に外野の頭を超えていきますね~

上の動画のホームランの球も決して甘い球ではないと思いますが、しっかり内角に対応し、鋭い打球に仕上げている、という感じがします。

打率.765って(笑)

ほとんどどこに投げてもヒットにしてしまう、天性のバッティングセンスを持っていることが分かります。

 

また、下の動画ですが、外角の厳しい球だと思いますが、球に逆らわず簡単にスタンドインさせています。

遠くへ飛ばす技術をもうこの時点で心得ている感じがしますね。

 

この石川昴弥選手のバッティングに関して、元阪神タイガースの赤星憲広氏が次のように述べていました。

「想像以上に完成されていました。フォーム、タイミングの取り方、いろんな要素を見ても気になるところがない。あの根尾くん(昂/中日)や藤原くん(恭大/ロッテ)だって、バッティングの欠点は目についたわけです。でも石川くんは、練習や紅白戦を見る限りでは『どこに投げればいいんだろう?』と思うくらい穴がない。真ん中から外のボールはセンターからライト方向に持っていくし、インコースのさばき方もうまい。多少右手の力が強すぎるきらいはありますが、気になるほどではありません。バッティングに関しては、今大会でずば抜けていいんじゃないですか?」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190319-00010004-sportiva-base&p=1より引用

と、ベタ褒めです。

 

今年のセンバツ、選手権という大舞台でも同じようなバッティングができれば、プロ入りも夢ではないどころか、ドラフト上位の指名もありそうな逸材です。

地元の中日ドラゴンズはどう動くでしょうか。楽しみです。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

「石川昴弥の小学校・中学校は?両親は?天性のバッティングでプロ即戦力?」として書いてきましたが、

  • 小学校は半田市立有脇小学校、中学校は半田市立亀崎中学校
  • 小学校時代は「ツースリー大府」、中学校時代は「愛知知多ボーイズ」と「野球道場メジャー」を掛け持ちし、ピッチングとバッティングの両方を磨いてきた
  • 小学校時代は「中日ドラゴンズジュニア」選出、中学校時代は「NOMOジャパン」に選出されている
  • 両親共に東邦高校の野球部出身であり、昴弥選手の練習を完全バックアップする生活を送られた
  • 高校にしてもう穴のない、完成されたバッティングセンスを披露し、プロ入り即戦力も夢ではない

ということが分かりました。

センバツではまずは2回戦がカギになりそうですが、それを超えれば、勢いで上位進出できる力を持っていると思います。

その上位戦で、まずは目立つバッティングをすることを期待したいですね。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。