井上こんが紹介する伊勢うどんとは?東京のオススメ店3選!

  • 2019.11.05
井上こんが紹介する伊勢うどんとは?東京のオススメ店3選!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


11月5日の「マツコの知らない世界」に、主にうどんについてのライターをしておられる井上こんさんが登場されます。

いま東京で来ているうどんについて紹介されますね。

では、井上こんさんの経歴に少し触れ、伊勢うどんとはどういうものか、また、筆者のすすめる東京でのオススメの店3つをご紹介したいと思います。

(アイキャッチ画像はhttps://fantasy-apple.com/inoue-kon-udonより引用)

井上こんさんの経歴

 

プロフィール

氏名 井上崑(いのうえこん)

生年月日 1986年?月?日(32,3歳)

出身地 福岡県

学歴については、とある情報がありましたが、信頼できるソースを見いだせなかったため、ここでは割愛致します。

井上こんさんは、物心ついたときからうどん好きだったそうです。

その時から、ちょっと人よりはうどんが好きだったと述べておられます。

子供の頃、ピアノのレッスン後に母に連れて行ってもらった「杵屋」という店の「梅とわかめのうどん」が大好きでした。

 

その後、一人暮らしをするようになり、一気にうどんへと走るようになりました。

来る日も来る日もうどん、うどん、うどん…

うどん愛が一気に開花した時期でした。

 

その後、うどんへの造形が深くなり、取材記事やコラムの執筆、テレビやラジオ番組の出演、トークショー、イベント監修など、うどんの発信源として忙しく働いておられます。

著書「うどん手帖」も発行しておられます。

https://dailyportalz.jp/kiji/udon-tayosei-tabearukiより引用

夢として、「マツコの知らない世界」に出演することを持っていたそうですが、今回それがかなってよかったですね。

 

井上こんさんがすすめる伊勢うどんとは?

 

伊勢うどんは、一口で言って、非常に柔らかいのが特徴です。

マツコの知らない世界の予告動画でも出ていたとおり、60分間茹でることも。

伊勢うどんは極太麺でもちもちしており、柔らかく、うどんのおかゆとも言われることもあるんだとか。

そして、基本的につゆを掛けていただくのではなく、少量の黒いタレを掛けて食します。

讃岐うどんでよくある醤油だけをかけて食べる「生醤油うどん」のようではなく、このタレが店によって異なり、いろんな味を楽しめる鍵となっています。

たまり醤油に独自のだしを入れて作るのが伊勢うどんのタレ。

 

ルーツは江戸時代より前から、伊勢参りのお客さんに出されていたとか。

旅で疲れているお客さんに出すものとして、非常に柔らかい物を出すようになったと言われています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京で食べられるオススメ伊勢うどん3選

東京で今ブームとなっているこのやわ麺のうどん。

オススメ店をご紹介しましょう。

伊勢うどん専門店 いなむら

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

へー。なかなか。

たけもと よしとし(@tscafe)がシェアした投稿 –

秋葉原駅から徒歩4分のところにある、伊勢うどん専門店の「いなむら」です。

地元三重県にも数店舗あり、それだけに本物を味わえる数少ない伊勢うどん専門店です。

タレは、伊勢の醸造元から仕入れたたまり醤油にこだわり、本格的な伊勢うどんを味わえます。

伊勢うどん専門店 いなむら
住所:東京都千代田区外神田1-8-6 渡辺ビル1階
電話番号:03-5244-4743
営業時間:11:00~21:00
定休日:年中無休

 

二代目甚八

 


こちらも、地元三重県は鈴鹿市近辺にお店を構える「甚八」の姉妹店です。

セルフサービスでいただく店の先駆けと言える店ですね。

甚八の麺は、単に柔らかいというのではなく、コシも味わえる独特の麺です。

また、タレは、地元鈴鹿市の東海醸造さんのたまりにこだわり、作られていますので、うどんの風味を損なわない仕上げとなっています。

他にも、三重県の食材にこだわったメニューもたくさんあり、三重県を東京でしっかり楽しめる店となっています。

二代目甚八
住所:東京都文京区本郷3-22-9 眞鍋ビル1F
電話番号:03-3868-2819
営業時間:11:00~21:00(オーダーストップ)
定休日:大型連休

 

いせ万

 


いせ万は新宿の高田馬場にある穴場的なうどん店です。

女将さんの祖父母が伊勢市出身です。

店は平日のランチのみの提供となっており、カウンター席16席というこじんまりとした店なので、すぐに満員になるかもしれません。

麺は極太で、もちもちとした食感が特徴的です。

夏は冷やし、冬は温うどんを楽しむことができるのもうれしいポイントですね。

いせ万
住所:東京都新宿区高田馬場2丁目6−6
電話番号: 090-1406-4630
営業時間:11:30~14:00
定休日:土日祝

 

スポンサーリンク

終わりに

筆者も伊勢うどんを食べたことがありますが、本当に柔らかく、うどんのおかゆのような、優しいうどんです。

固い、コシのあるうどんに飽きて、このうどんを一度食べてみれば本当にやみつきになる優しさです。

うどんライターの井上こんさんがおすすめするのも納得です。

東京だけでなく、他の地域でも味わえるように、たくさんお店ができたらいいんですけどね。

もしそれが叶わなければ、お取り寄せしてでも食べたい逸品でした。

スポンサーリンク

 

テキストのコピーはできません。