林家つる子ってかわいい?中学や年齢やストーカーの存在って?

林家つる子ってかわいい?中学や年齢やストーカーの存在って?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

林家つる子さんってご存じでしょうか。

女流落語家として活躍しておられるのはもちろんですが、多彩な活動をしておられることでも知られる知る人ぞ知る落語家さんなんです。

ミスコンにも応募したことがある、実は美人の落語家さんなんですよ。

写真はいつも落語家っぽい表情をしておられるんですけどね。

では、プロフィールを交えながら、本当にかわいいのか(笑)検証していきましょう。

林家つる子のプロフィール

 

プロフィール

名前 林家つる子

本名 須藤みなみ

生年月日 6月5日 (年齢非公表)

出身地 群馬県高崎市

学歴 群馬県立高崎女子高校→中央大学文学部人文社会学科卒

師匠 9代目林家正蔵

活動期間 2010年~

階級 二ツ目(2015年11月1日~)

 

小学校の時に先生に誘われ、演劇クラブに入ることに。

それをきっかけに、芝居の楽しさに目覚め、高校でも演劇部に入られました。

(しかし、残念ですが、中学に関する情報はどうしても見つかりませんでした。申し訳ありません。)

 

しかしそこで与えられる役は、濃い脇役。

変な人を演じることもしばしばだったそうです。

でもわからないのが人の人生。

そこで笑いを取ることに快感を感じることになるのです。

 

それが、今の人生の伏線になったとかならなかったとか。

 

林家つる子の年齢は?

落語家にして実は年齢非公表なんです。

しかし、ご本人にとっては残念なことにあるサイトで年齢が公表されていました。

 

 上毛かるたでおなじみの「鶴舞う形の群馬県」から、落語界で羽ばたこうとしている「鶴」がいる。高崎市出身の落語家、林家つる子さん(31)だ。

(中略)

【プロフィル】はやしや・つるこ

本名・須藤(すとう)みなみ。昭和62年生まれ、高崎市出身。高崎女子高校、中央大学文学部卒。平成22年、9代目林家正蔵に弟子入り。

https://www.sankei.com/region/news/180924/rgn1809240031-n1.htmlより引用

 

これが2018年9月24日の記事でしたから、林家つる子さんは1987年生まれの31歳であることが判明してしまいました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

林家つる子はかわいい?

 

上のツイッターでも、表情がもう落語家さんですよね。

どんな写真でも、だいたいこんな感じです。

 

でも、中央大学時代から落語研究会に所属しておられ、その時に名乗っていたのが

「中央亭可愛」(ちゅうおうていかわいい)

という芸名なんです。

 

かわいい、というのが、自他ともに認める容貌だったんでしょうかね。

自他共にとは図々しいにも程がある(笑)

 

その後、9代目林家正蔵さんに弟子入りしますが、この5年余りの「前座」期間が終わりに近づいた頃、無謀な(笑)決心をします。

師匠に内緒で、アイドルオーディション「ミスid」に応募したのです。

 

その時の写真がこちら。

林家つる子

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00010000-bfj-ent&p=3より引用

 

「だ、誰?」っていうのが第一印象ではないでしょうか。

これを見てかわいいと思う人、手を挙げて(笑)

 

他にも、こんな画像もあります。

 

この右のほうが、林家つる子さんです。

残念ながら左ではありません。

 

落語家風に髪を全部後ろに回すのとは違い、今風な髪型にすると、また違った印象がでますね。

 

ストーカーの存在って?

「林家つる子」と検索すると、関連ワードに「ストーカー」というのがでてきます。

ストーカーに付け狙われているのか!?

 

美人なだけに付け狙われる可能性がないとは言えませんが、実際のところ、調べても何もでてきませんでした。

何がきっかけでストーカーというキーワードがでてくるのかも判明しませんでした。

申し訳ありません。

 

しかし、ストーカーに付け狙われている気配がないので、それは本当に良かったと思いますね。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

林家つる子さんに関してここまで調べてきましたが、

  • 小学校から演劇をし、人の笑いを取るのが楽しかった
  • 中央大学時代から落語研究会に入り、落語への思いがどうしても断ち切れず、林家正蔵さんに弟子入りした
  • ミスidにも応募するぐらい、かわいいと思う人はかわいい(笑)
  • 年齢は非公表だが、31歳と大々的に報じられてしまった

 

ということが分かりました。

 

これからも研鑽を重ね、二ツ目から早く真打ちに上がって、私たちの前にもたくさんでてくる有名な落語家さんになってほしいと思いますよね。

応援したいと思います。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。