畠中槙之輔の経歴や中学高校は?彼女やプレースタイルも!

畠中槙之輔の経歴や中学高校は?彼女やプレースタイルも!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3月下旬に行われるキリンカップ・コロンビア戦とボリビア戦に向けての日本代表選手が今日発表されました。

23人の選出のうち、初招集は4人で、鎌田大地選手、鈴木武蔵選手、安西幸輝選手、そして畠中槙之輔選手です。

畠中槙之輔選手は、昨年2018年の8月14日に東京ヴェルディ1969から横浜・F・マリノスへと移籍してきた選手で、まだJ1の試合に8試合しか出場していません。

しかしそんななか、代表に選ばれたということは、どんな選手かみてみたいという森保一監督の思いがあるのでしょう。

そこで、この畠中槙之輔選手のプレースタイルに迫ると共に、これまでの経歴や中学・高校、はたまた彼女の存在にまで迫っていきたいと思います。

畠中槙之輔選手の経歴

https://twitter.com/prompt_fmarinos/status/1106067362527080449

プロフィール

氏名 畠中槙之輔(はたなかしんのすけ)

生年月日 1995年8月25日(23歳)

出身地 神奈川県横浜市

身長/体重 184cm/80kg

学歴 横浜市立中川小学校→横浜市立中川中学校→神奈川県立荏田高等学校

ユース経歴 横浜すみれSC→東京ヴェルディジュニア→東京ヴェルディジュニアユース→東京ヴェルディユース

プロ経歴 東京ヴェルディ→FC町田ゼルビア→東京ヴェルディ→横浜・F・マリノス

 

子供時代からずっと横浜生まれ、横浜育ちなんですね。

中学は地元の市立中川中学校でした。

 

神奈川県立荏田高等学校についてですが、こちらはwikipediaによりますと、陸上競技は全国レベルの強豪校として数年前までは知られていたそうです。

ということは今はそれほど目立った成績を残せていないということですかね。

公立高校で全国レベルとなるとスゴイことだと思いますけどね。

また、女子バスケット、ソフトボール、男子バレーボールも強いと言われています。

 

しかし、その中にサッカー部の名前は出てきません。

神奈川県と言えば、高校サッカーでは桐蔭学園、また桐光学園が最近の常連校ですね。

さすがにその中に公立高校が入るのは至難の業かもしれません。

しかし、荏田高校の卒業生の中に、鹿島アントラーズの永木亮太選手もいます。

畠中槙之輔選手と合わせて、Jリーガー、しかもJ1の選手が2人も出ているというのは驚きではないでしょうか。

 

しかし、 実は2人とも、荏田高校のサッカー部ではないんですよね。

畠中槙之輔選手は上にも書いてあるとおり、東京ヴェルディの下部組織、永木亮太選手は川崎フロンターレの下部組織でもまれており、荏田高校のサッカー部とは関係ないのでした(笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

畠中槙之輔選手のプレースタイルについて

芸能界屈指のJリーグ通、平畠啓史さんは、J1だけでなく、J2、J3にも精通しておられる方です。

この平端さんが、畠中槙之輔選手について評価しているこんな動画がありました。

 

 

自身もCBとしてながい代表経験のある森岡隆三氏は、高い、強いだけでなく、足元もうまいという最近の形の選手であることを述べています。

しかも、最終ラインからビルドアップできる選手でもあるということから、ピッチ全体を俯瞰できる選手でもあるといえるかもしれません。

もちろん、ディフェンスの選手ですから、まずは守りがうまくないと話にならないんですが、そんなところはすでに押さえてあり、

しかも、攻撃のスイッチを一瞬にして入れられる、そんな攻撃的要素も持ち合わせている選手ということでは貴重な選手ではないでしょうか。

 

そんな場面を示しているこんな動画があります。

ツイート中でも書いてありますが、CBから一つのパスで決定機を作れる非常にうまいパスの出してであることが分かります。

そういう選手は、例えば中村憲剛選手のような、トップ下とかボランチとか、そういう選手が担っていた部分の役割だったかもしれませんが、今の時代は、ディフェンスの選手もそのことが求められている様になっているんですね。

 

その自分の特徴を一番良く知っているのは本人で、日本代表選出されたあとの記者会見で、畠中槙之輔選手はこう答えています。

選出理由は「Jリーグが開幕してまだ3試合ですが、自分の持ち味である縦パスや守備の部分では対人、空中戦の強さを評価していただいての選出かなと思います」と自身の考えを語った。

森保ジャパンの印象を聞かれると「今の日本代表は攻撃的で、ディフェンスの選手からも積極的に前線にパスを送って攻撃を活性化させるイメージがあります。自分が出たら縦パスでいいアクセントをつけて、スムーズに攻撃につなげられればいいと思いますし、イメージはできています」と自信を覗かせた。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw4988987より引用

 

やはり攻撃につなげる縦パスを意識していることが分かりますね。

もし代表試合に出られたら、そんなパスが出てくるかどうか、見ものであります。

 

畠中槙之輔選手に彼女は?

高校時代から、東京ヴェルディの下部組織で練習を積んできた畠中槙之輔選手。

学校ではダラダラと(失礼(笑))生活している暇はなかったでしょうね。

それもあってか、彼女の存在はネット上では確かめられませんでした。

今はサッカーに打ち込んでいる状態なので、彼女を作っている暇はないのかもしれませんね。

でも、日本代表に定着すれば、多くの女性ファンが殺到してくるんじゃないでしょうか。

そうなると、選び放題ですね(笑)

 

畠中槙之輔選手は、2019年1月11日に入籍されました。

相手の女性は一般の方ということで、個人情報等は公表されていません。

若くして結婚されましたね。

今後、ますます活躍していく責任を背負ってプレーしていかれることと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

「畠中槙之輔の経歴や中学高校は?彼女やプレースタイルも!」として書いてきましたが、

  • 畠中槙之輔選手は23歳で、J1出場8試合で日本代表選出という類まれな選手
  • 中学校は横浜市立中川中学校、高校は神奈川県立荏田高等学校、しかし、東京ヴェルディの下部組織にいたため、どちらもサッカー部に所属していない
  • プレースタイルは高さを活かした守りの他に、一つの縦パスで決定機を作れるぐらいの攻撃的センスの持ち主
  • 彼女の存在は、今のところないようだ

ということが分かりました。

スポンサーリンク

 

兎にも角にも、まずは日本代表として試合に出ることが目標になると思いますが、先輩代表選手から守備の点で多くを吸収し、それをクラブチームで活かし、代表定着を目指してほしいものだと思います。

テキストのコピーはできません。