華恵って誰?学歴や英語力は?どこのハーフ?現在の活動は?

華恵って誰?学歴や英語力は?どこのハーフ?現在の活動は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

6月29日、「世界ふしぎ発見!」で、初めてミステリーハンターを務めるのは華恵さんという人物です。

失礼ですがそれほど知名度もないように思いましたので、どんな方なのか気になりますね。

見た目はハーフっぽいですが、どんな経歴の持ち主なんでしょうか。

ミステリーハンターだけに学歴や英語力も気になりますね。

また、現在はどんな方面で活躍されているのでしょうか。

調べてみました。

(アイキャッチ画像はhttp://hanae-orihime.com/profile/より引用)

華恵さんの経歴・学歴

 

プロフィール

氏名 華恵(はなえ)

生年月日 1991年4月28日(28歳)出身地 アメリカ・ニューヨーク

学歴 お茶の水女子大学附属中学校→お茶の水女子大学附属高等学校→東京藝術大学音楽学部楽理科卒

華恵さんはアメリカ人のお父さんと日本人のお母さんの間のハーフです。

両親が離婚されたことを機に、日本に帰り、日本で暮らし始めます。

10歳からファッション誌でモデル活動を始められました。

 

学歴を見ると、なかなかの才女ですね。

小さいときから読書好きで、小学生の時に、読売新聞社主催の全国小・中学生作文コンクールで読売新聞社賞や文部科学大臣賞などを受賞しています。

年若い時からモノを書く、という面で素晴らしい才能を発揮されていたんですね。

勢いそのままに、小学6年生のときに「小学生日記」と言うエッセイを出版しておられます。

 

その後も、15歳の頃から毎年のようにエッセイを出版されています。

以下のようなエッセイです。

本を読むわたし(2006年 筑摩書房、2010年、 ちくま文庫)
ひとりの時間(2007年 筑摩書房『webちくま』連載)
キモチのかけら(2008年 筑摩書房)
寄りみちこみち(2008年 角川書店、『野性時代』連載)
たまごボーロのように(2010年 筑摩書房)
華恵、山に行く。(2010年 山と溪谷社、『山と渓谷』連載)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E6%81%B5より引用

 

このような才能に恵まれている中、大学は、東京藝術大学音楽学部楽理科へと進まれます。

この学科は、そのホームページによると、音楽の演奏というよりも、音楽学(西洋音楽史、日本・東洋音楽史、音楽民族学、音楽美学など)を研究し、将来音楽の学問的研究やそれに関連した仕事につく人材の養成を目的としている学科です。

音楽史を極めたかったんでしょうかね。

でも、ふしぎ発見ではピアノ演奏も披露されたようですね!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

華恵さんの英語力は?

アメリカ人と日本人のハーフで、6歳までアメリカに住んでいたといえば、英語はもちろん堪能でしょうね。

しかし、日常会話だけでなく、華恵さんは、翻訳もしておられます。

http://hanaeorihime.blog.fc2.com/blog-entry-377.htmlより引用

ご自身のブログの中で、この「わたしの もりを ぬけたら」を翻訳したと言っておられます。

翻訳、しかも子供用の絵本の翻訳はかなり難しいのではないかと想像します。

絶対に難しい言葉は使えませんし、子供の心をつかむ言葉で紡いでいかなければなりません。

かなりの英語力がないと、こういった仕事はできないと思いますね。

素晴らしいと思います。

 

華恵さんの現在の活動は?

オリコンのプロフィールを見ますと、華恵さんの活動ジャンルは、

エッセイスト

女優

声優・ナレーター

DJ

司会者

と書かれていますね。

 

一番力を入れておられるのがエッセイストということになると思いますが、

例えば2019年にどんな活動をしておられるかと言うと、

◆「simple style ~オヒルノオト~」JFN 毎週月曜日~金曜日 11:30~12:55月曜日と火曜日のパーソナリティを担当

◆「渋谷のかきもの」 毎週月曜日 14:10~15:00

◆NHK-BS1 『地球タクシー』(ナレーションを担当) 地球タクシー

◆毎日小学生新聞 「華恵の本と私の物語」 毎月第3土曜日掲載  <華恵の本と私の物語 – 毎日新聞>

http://hanae-orihime.com/profile/より引用

と書かれていました。

「オヒルノオト」はFMラジオの番組で、そこでパーソナリティ、つまりDJをしているということなんでしょうね。

ここで、東京藝術大学音楽学部卒業の実力を発揮されているんじゃないかと思います。

そして、確かにBSではナレーションもしておられますし、寄稿もしておられますね。

ホントにマルチな才能です。

世界ふしぎ発見!のミステリーハンターに抜擢されるのもわかりますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回初ミステリーハンターに挑戦した華恵さん。

調べれば調べるほど才女であることがビシビシと伝わってきました。

知名度がないなんて、本当に申し訳ありませんでしたm(_ _)m

これから何度もミステリーハンターとして出演し、顔と名前が全国区になっていかれたらいいなと思う方でした。

その才色兼備を、いかんなく発揮してほしいと思う筆者なのでした。

スポンサーリンク

 

テキストのコピーはできません。