Comfort~「ああ、そうか」をあなたに~ は、あなたの疑問に答えます (このサイトはTHE THORテーマを使用しています)

枝野和子の経歴や大学は?流産後子供は何人?出版している本とは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


1月17日の「爆報!THE フライデー」に、現在立憲民主党代表の枝野幸男氏の妻、枝野和子さんが出演されます。

1400日にわたる不妊治療や、6度の流産を経て、ついに子供を授かった、という経歴を持っている方です。

政治家の奥さんというだけで大変なのに、こんな悲しく大変な経験をしておられるなんて、筆者は今まで知りませんでした。

では、この枝野和子さんの経歴や大学について、またそのお子さんについて紹介し、出版している本も見てみたいと思います。

(アイキャッチ画像はhttps://dot.asahi.com/aera/2019102100088.html?page=1より引用)

枝野和子さんの経歴、大学について

 

プロフィール

氏名 枝野和子(えだのかずこ)

生年月日 1968年?月?日(51歳?)

出生地 東京都

出身地 さいたま市(旧大宮市)

学歴 女子聖学院高等学校→成蹊大学

 

枝野和子さんは、成蹊大学を卒業しておられます。

学部まではわかりませんでしたが、文系の学部は、偏差値が2019年度で55-60といったところです。

成蹊大学出身者の中には、なんと安倍晋三首相を始めとし、高島彩さん、石田衣良さん、風見しんごさん、片桐はいりさん、鶴見辰吾さんなどがおられます。

 

そんな成蹊大学卒業後、枝野和子さんは、日本航空の客室乗務員として勤務されます。

当時はまだスチュワーデスと言われていた頃でしょうね。

どうりで、というか、とても美人さんでいらっしゃいますね。

 

そして、1998年10月に枝野幸男氏と結婚されます。

両家の共通の知人の紹介で、半ばお見合いの形で会わされ、結婚を決められたといいます。

その頃にはもう枝野幸男氏は衆議院議員でした。

大変なところへ飛び込まれましたね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

枝野和子さんのお子さんは?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00010003-flash-peoより引用

 

枝野夫婦はなかなか子宝に恵まれず、人工授精から始めた治療もうまくいかず、体外受精も経験されますが、「習慣性流産」という状態が2年続きました。

しかし、不妊治療を始めて3年目。

計10回の体外受精を行い、36歳でついに妊娠されました。

しかも、授かったのが、二卵性双生児でした。

その時は、普段何もしない枝野幸男氏でしたが、ゴミ出しや洗濯物の片付けなどもするようになったといいます。

 

そして、出産の時を迎えます。

が、それはなんと議員宿舎のエレベータの中での破水でした。

結局、予定より1ヶ月半早い出産となりました。

 

そうして育った兄弟は今中学1年生。

長男さんは、軽度の難聴で補聴器が手放せないといいますが、公立の中学校に通っています。

次男さんは本を読むのが好きで、「早く本を読みたいから」と言って、速読教室に通っています。

 

将来の夢は、長男さんがゲームのプログラマー、次男さんは弁護士だそう。

 

枝野和子さんとしては、息子さんたちを国会議員にしたいとは思っていないそうです。

それよりも、この二人の息子さんを自立した人間にすることのほうが大事、と枝野和子さんは語っておられます。

 

スポンサーリンク

枝野和子さんが出版した本とは?

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201911080000830.htmlより引用

 

この画像からも分かる通り、枝野和子さんは、結婚20年を記念した「枝野家のひみつ 福耳夫人の20年」というエッセーを出版しておられます。

このエッセーの中では、「代議士の妻」という立場や、双子の母として生活する枝野和子さんの日常に加え、「枝野寝ろ」と言われた東日本大震災時の官房長官として多忙を極めた枝野幸男氏の日々などを書いておられます。

 

以下にアマゾンでの紹介を引用しますね。

立憲民主党代表、枝野幸男氏とお見合い結婚20年を節目にしたためた
枝野和子さんの、代議士妻リアルライフエッセイ。
「福耳」は、枝野幸男さんの愛称です。
和子さんは、聡明さとともに、現代的で好奇心いっぱい、新しいタイプの代議士夫人
枝野氏との出会いと結婚、何もかもが初めてづくしの選挙活動のお手伝い、
出会いとせつない別れが日常である、議員宿舎ならではの「出来事」、
選挙のカンと読みについて、
夫でありパパである枝野氏の剛柔とりまぜたエピソード
可愛い双子を授かるまでのチャレンジ、次男の「選挙応援」など、
ふだんなかなか聞けない議員の家族の生活を書き下ろします。
東日本大震災の後の思わぬ「噂」の真実や、
枝野氏がたった一人で新党を立ち上げた「あの日」についても詳述。

https://www.amazon.co.jp/dp/4334951163?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_divより引用

 

とてもおちゃめな内容になっている感じがしますね。

代議士の妻という時点で、お固い感じがしますが、非常に物柔らかなお人柄というのを感じます。

枝野幸男氏もこんな奥さんを持たれたので、安心して政治に没頭できているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

終わりに

本当に人には人知れずのご苦労が隠れています。

いつも真剣な枝野幸男氏にもこんなご苦労があったなんて知りませんでした。

でも、この枝野和子さんという存在があって、二人で乗り越えてこられたんでしょうね。

世間ではお子さんが欲しくても授からない苦しい思いを持っておられるご夫婦も多いと思いますが、

この枝野幸男氏、枝野和子さんご夫婦の経験を聞いて、少しでも肩の荷が軽くなればいいなと思いますね。

スポンサーリンク

 

 

最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。