「Apple IDアカウントを回復してください」?詐欺メールにだまされない方法!

「Apple IDアカウントを回復してください」?詐欺メールにだまされない方法!

スポンサーリンク

こんにちは、Comfortです。

まったくもって懲りない面々から、またもや詐欺メールが送られてきているようです。

それは、iPadやiPhoneなどに対して、「Apple IDアカウントを回復してください」
という件名で送られてくるメールです。

どのようにそれを見抜けばいいのでしょうか。

フィッシング詐欺に合わないようにするために、確認してみましょう。

詐欺メールの全文

「フィッシング対策協議会」が今回の詐欺メールに関して警告を発しています。

11月13日現在、「フィッシング対策協議会」が発表しているのは以下の文章です。

概要
Apple をかたるフィッシングメールが出回っています。

メールの件名
Apple IDアカウントを回復してください

詳細内容
Apple をかたるフィッシングの報告を受けています。

1. 2018/11/13 11:00 現在、フィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CC にサイト閉鎖のための調査を依頼中です。類似のフィッシングサイトが公開される可能性がありますので引き続きご注意ください。

2. このようなフィッシングサイトにて Apple ID、パスワード、姓、名、生年月日、郵便番号、都道府県、市区町村、その他住所、電話番号、クレジットカード番号、カードの名義人、有効期限、セキュリティコード、セキュリティ質問、答え等を絶対に入力しないように注意してください。

3. 類似のフィッシングサイトやメールを発見した際には、フィッシング対策協議会 (info@antiphishing.jp) までご連絡ください。

サイトのURL
http://●●●●-suport-app1eid.com/

として、警告を促す文章がサイトにまず表示されています。

では、詐欺メールの内容はどのようなものなのでしょうか。

以下のサイトで確認してください。

https://www.antiphishing.jp/news/alert/apple_20181113.html

ご覧になられたでしょうか。

なにか違和感を感じられませんでしたか?

スポンサーリンク

詐欺メールと見分ける方法

まず、詐欺メールの日本語が明らかにおかしいですね。

メール本文の出だしが、「Appleをご利用いただきありがとうございますが、アカウント管理チームは…」

日本人は、「ありがとうございますが」なんて言葉は使いませんよね。
まず底を持っておかしなメールだなと警戒感を感じます。

また、「リカバリアカウント」として載せられているURLをご覧ください。

一部は隠れていますが、「http://〇〇〇〇-suport-app1eid.com」とあります。

4つの点でおかしいなということがすぐに見出すことができます。

まずは、「http://」です。

Apple公式サイトは「https」のSSLに対応していますが、このURLは「HTTP」と、
SLL非対応
なっています。

次に「suport」です。

悲しいかな、supportの綴りが間違っています。
Appleがそんなミスをするはずがありません。

そして、決定的なところですが、「app1eid.com」です。
appleのように見えますが、アルファベットの「l」(エル)ではなく、「1」(いち)
になって
います。

また、Appleの公式サイトのドメインは「apple.com」ですが、上のドメインは「id」という
余計なものが入って
いますね。

というわけで、冷静によく見てみると、突っ込みどころ満載の詐欺メールだということが分かります。

詐欺に引っかからないで!

もし間違って、上のURLをクリックしてしまったとすると、どうなるのでしょうか。

個人情報を入力するように促され、その下にクレジット情報を入力するようになっています。
「アカウントを安全に保ち、盗難等のリスクを防ぐため」になぜクレジット情報が必要なのでしょうか。

これもおかしいと感じさせる内容ではないでしょうか。

こういった詐欺メールが来たとしても、落ち着いて対処すればなんのことはないはずです。
どうぞフィッシングに引っかからないよう、十分冷静に対処してくださればと思います。

まとめ

まとめるとこうなります。

  • Appleを語るフィッシングメールが横行している
  • 冷静にメール本文を読めば、突っ込みどころ満載である
  • たとえURLをクリックしてしまっても、クレジット情報を入力させるのは不自然

これらの情報が、IDアカウントを回復すると持ちかけてクレジット情報を盗むという手口から
みなさんを守るものとなることを願っております。

スポンサーリンク

詐欺はどんな形態を取るとしても、絶対に引っかからないよう、くれぐれもご用心ください。
 

テキストのコピーはできません。