アオアシカツオドリの足が青い理由! 日本で見られる動物園はある?

アオアシカツオドリの足が青い理由! 日本で見られる動物園はある?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 
こんにちは、Comfortです。

昨日、テレビでアオアシカツオドリという珍しい鳥を見ました。

皆さんはご存知ですか?

見た目が非常に衝撃的で、ユーモラスな鳥ですので、皆さんにも
ご紹介したいと思います。

アオアシカツオドリとは

ね、とてもかわいいですね。

しかも、衝撃的なのが足の色。
体の色とは似ても似つかないパステル調の水色。

写真からはわかりにくいですが、
体調が80センチぐらいで、翼を広げると150センチぐらい
になるらしいです。

結構大きな鳥ですね。

このアオアシカツオドリ、どこに生息しているのでしょうか?

それは、ガラパゴス諸島だそうです。
さすが、ガラケーならぬガラドリですね。

珍しい生き物が生息するのも何か納得です。

では、なぜこんなに足が青くなるのでしょうか。

足が青い理由

 

それは、このアオアシカツオドリが食べるえさと関係が
あるようです。

アオアシカツオドリは魚を主食としているようですが、
この魚に含まれるカロテノイド色素というのが関係しています。

その色素が足に蓄えられるため、足がこんなに青くなるそうです。

鮭がエビを食べるために実が赤くなるのと似ていますね。
これも、カロチノイド系のアスタキサンチンという物質が
赤くするということです。

私たちも何か偏食ばかりしていると、どこかがその色に
染まるかもしれないので注意ですね。(笑)

しかし、見た目のかわいらしさとは裏腹に、
その魚の狩りはなかなか立派なものだそうです。
 

スポンサーリンク


 

その狩りは壮観

アオアシカツオドリは魚を主食とするため、
狩りは当然海が主戦場になりますね。

海の上を飛んで、イワシなどを見つけると、急降下し、
真下に向かって時速100キロもの猛スピードで
海に突入するそう。

弾丸級のスピードで海に突っ込み、一瞬で20メートルの
深さにまで達し、狙いを定めた魚を捕まえます。

かわいい見た目とは違い、迫力満点の狩りとなります。

そして、その狩りのうまさ、つまり魚をたくさん食べていて
健康状態がいい個体ほど足が青くなるそうなので、
足を見ればその鳥の健康状態、ひいては狩りのうまさが
分かるんだそう。

人も顔色で健康状態をある程度把握できますが、
それと似ている感じがしますね。

 

とてもかわいい求愛行動

また、このアオアシカツオドリは、その求愛ダンスが
かわいらしいことでも有名です。

オスはメスの前で、この青い大きな足をペタペタと
交互に上げて足踏みをし、恋ダンスをするのだそうです。

その動画も探せばあるかもしれませんね。

さきほど、個体の健康状態は足の色を見ればわかると書きましたが、
メスも足の色を見てパートナーを選ぶんだそう。

狩りのうまいオスはやはりもてるんですね。

高収入のオスはやはりどの世界でももてるんです。(苦笑)

日本でも見られるのか

 

こんなかわいくて愛嬌のあるアオアシカツオドリ、
自分の目で見たいですよね。

しかし、結論から言うと、このアオアシカツオドリは
日本の動物園で見られるところはありません。

残念なことに、このアオアシカツオドリは絶滅の危機に
瀕しているようです。

さらに、ガラパゴス諸島は保護区に指定されているため、
すべての生物を捕獲、持ち出しは禁止となっています。

イワシの減少がこのアオアシカツオドリの減少につながって
いるそうですね。

やはりここにも、環境問題が忍び寄ってきているんですね。
何とかしてもらいたいものです。
いつも人間のエゴのために割を食うのがこういう力のない生き物。
本当に考えてもらわないといけないと思います。
 

スポンサーリンク


 

まとめ

いかがでしたか?

こんなかわいい鳥がまだ地球に存在していることを知って、
なんだかうれしくなりませんか?

数少なくなっているアオアシカツオドリ、
ぜひみんな元気に過ごして、数も増えていってほしいものです。

皆さんの一時の癒しになればうれしく思います。

Comfort

スポンサーリンク

 

 

 

テキストのコピーはできません。