天野惠子の女性外来とは?病院の場所や予約方法について!口コミは?

天野惠子の女性外来とは?病院の場所や予約方法について!口コミは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

8月27日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、天野惠子医師が取り上げられます。

女性を専門に診療する「女性外来」の先駆者で、「性差医療」を推し進めておられる方です。

とかく医療は男性を中心にしたもののようで、女性を診察するには不向きだとさえ言われています。

というのは、例えば血液検査の正常値も男性を基準としているという面があるからです。

では、こういった現状に立ち向かい、「女性外来」を行なう天野惠子医師、その女性外来に迫っていきたいと思います。

(アイキャッチ画像はhttps://www4.nhk.or.jp/professional/x/2019-08-27/21/12071/1669543/より引用)

天野惠子医師の「女性外来」とは

 

病気には、当然男女共通のものが多いわけですが、それでも、女性特有の病気も多く存在します。

婦人科で見るような病気はもちろん女性特有の病気なわけですが、それ以外にも多数存在します。

例えば、「微小血管狭窄症」というのがあります。

これは、更年期の女性の約1割もの人がかかる女性特有の狭心症です。

心電図やカテーテル検査をしても以上が見つけられず、念の為と言って血管を広げる作用があるニトログリセリンを処方されても効きません。

痛みがひどくて眠れず、耳鳴りや頭痛も併発することもあるそう。

体に異常がないからと言って、精神科に行くよう進められることもあるというのです。

 

こういった女性を救いたいという願いのもとに、天野惠子医師は1999年の日本心臓学会で性差医療を提唱する機会を得たという経験をお持ちです。

 

では、天野惠子医師の女性外来ではどのように診察していくのでしょうか。

まず、長い経歴を患者さんに書いてもらいます。

いつどんな症状が出て、どういう病院にかかって、どういう薬が出て、効いたかどうかなどを書いてもらいます。

それによって、天野医師がご自身で診るかどうかを決めるそうです。

ある場合では、産婦人科や神経内科など、他の診療科で見てもらったほうがいいという判断もなされることがあります。

 

そして、天野医師が診察することが決まったら、初診は30分以上かけて行われます。

患者さんが書いた経歴を見ながら、どういうことを聞くか、どういう治療の選択肢があるかなどを考えながら、問診を徹底的に行われます。

そして、なぜ患者さんの体の具合が悪くなってしまったのかをコンコンと話されます。

天野医師が好んで使われるのは漢方薬。

100処方ぐらい知っていれば大方は解決できると言います。

 

また、専門外の病気であることが分かった場合、天野医師が最も信頼する先生たちに診てもらうように紹介をされることもあります。

 

また、天野惠子医師は、慢性疲労症候群の治療にも力を入れておられます。

そのあたりのことは、「プロフェッショナル」でも取り上げられますので割愛しますが、

慢性疲労症候群とは、ということに関しては下の記事でも書いていますので、よかったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

天野惠子医師が診察する病院と場所は?

天野医師が勤務する病院は、埼玉県新座市の「清風荘病院」となります。

 

場所:埼玉県新座市堀ノ内1-9-28

電話:048-477-7300

 

 

この清風荘病院への行き方ですが、

バスをご利用の場合、

  • 西武池袋線ひばりヶ丘駅→福祉センター入口
  • 西武池袋線大泉学園駅→福祉センター入口
  • 東武東上線志木駅→福祉センター入口

を利用します。

 

車をご利用の場合、

  • 関越自動車道・所沢ICより約20分
  • 東京外環自動車道・和光ICより約20分

となっています。

 

そして、上でも触れましたように、経歴を書いて提出することになります。

その用紙はこちらから印刷できます。

診療申込用健康相談記録 Dr.天野(女性外来) ダウンロード

清風荘病院 女性外来 受診連絡票 ダウンロード

 

診察は、「自由診療」となり、各種健康保険は使えません。

時間は30分から1時間程度、料金は30,000円です。診療期間を延長した場合でも、追加料金は発生しません。

 

天野惠子医師についての口コミは?

非常に人気の診療科目ですので、かなり予約が埋まっており、初診までに大分待つ必要があるようです。

 

 

とまあ少なめでしたが、不定愁訴に悩まされていたり、更年期障害?という疑念があったり、私って慢性疲労症候群?と思える方がいらっしゃったら、一度診察にチャレンジしてみられるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

最後に

失礼ながら、もう76歳というご高齢でありながら、今もなお苦しむ女性を救いたいという願いを持たれる天野惠子医師。

悩める女性たちを精力的にこれからも救っていかれるんでしょうね。

こういうお医者さんは予約を取るのも大変ですし、勤務しておられる病院に行くのも大変ですが、それによって救われる方も多いことでしょう。

また、この番組をきっかけに、「女性外来」が近隣にあるかどうか調べてみられるのも良いと思います。

一人で悩んでいる女性の皆さんに、少しでも光が見えたらいいなと思える番組です。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。