2020年高校サッカー選手権の注目校・選手は?優勝候補はここだ!

2020年高校サッカー選手権の注目校・選手は?優勝候補はここだ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


2019年12月30日から、第98回全国高校サッカー選手権大会が開かれます。

毎年恒例の、熱い戦いの火蓋が切って落とされます。

勝者の歓喜、敗者の涙…

数多くのドラマが今年も待っていると思います。

ここでは、今回の注目校や注目選手、そして、大胆にも優勝候補を予想してみようという、無謀なことをしてみようと思います。

というより、筆者の願望が入ったりして…

(アイキャッチ画像はhttp://www.jfa.jp/match/alljapan_highschool_2019/より引用)

2020高校サッカーのブロックごとの注目校・注目選手は?

早速ですが、まず左上のブロックから見てみましょう。

https://www.jfa.jp/match/alljapan_highschool_2019/window.htmlより引用

まずここで目を引くのは、2回戦から出場の青森山田高校と、米子北高校の対戦でしょう。

なかなかの強豪同士の対戦です。

青森山田には、浦和内定のMF武田英寿選手、横浜FC内定のMF古宿理久選手がおり、米子北高校には、大分内定のDF高橋祐翔選手がいます。

米子北は伝統的にDFにいい選手がいるという印象があり、青森山田がそのDFを破って得点をどれほど取れるか、が注目されるでしょう。

しかし、ここは順当に青森山田の勝ち上がりを予想します。

もし勝ち上がっても、次に控えるのは富山第一、立正大湘南、前橋育英、神村学園と、そうそうたる学校が並んでいますので、次の戦いも簡単とは言えないと思います。

そこを勝ち上がったら、今度はダークホース、興国高校が待っているのではないでしょうか。

興国高校はJリーガーを多数輩出しており、今年もツェーゲン金沢内定のDF高安孝幸選手、MF田路耀介選手などもいます。

でもやはり、このブロックの勝ち上がりは、青森山田高校と予想します。

 

 

次に、左下のブロックを見てみましょう。

ここでまず注目されるのは、やはり帝京長岡高校でしょう。

ここには、京都内定の大会屈指のパサー、MF谷内田哲平選手、町田内定のFW晴山岬選手がいます。

準々決勝まではまずは順当な勝ち上がりを見せるでしょう。

下の8高校で目を引くのは、仙台育英、そして、インターハイ優勝校の桐光学園を破って代表を勝ち取った日大藤沢ですね。

ここを勝ち上がると予想するのはやはり勢いに乗る日大藤沢か。

そして、準々決勝では帝京長岡vs日大藤沢が見られると予想します。

その勝者は、帝京長岡と筆者は予想します。

 

では、右上のブロックを見てみましょう。

 

ここは、押しも押されもせぬ尚志高校が順当な勝ち上がりを見せると予想します。

尚志高校には、鹿島内定のエースストライカー染野唯月選手が所属しています。

しかし、その染野唯月選手は負傷中で、出場は不透明と言われています。

それでも地力で勝る尚志高校は準々決勝までは順当勝ちでしょう。

まあ、東福岡を破って福岡県代表となった筑陽学園も侮れませんが、ここは尚志高校の勝ち上がりを見たいと思います。

下のブロックには、長崎総科大附が目立ちます。

ここは、かの有名な小嶺忠敏監督が率います。

百戦錬磨の監督がどのように采配を振るうか、注目です。

いずれにせよ、このブロックの勝ち上がりは尚志高校で決まりです(笑)

 

最後に、右下のブロックを見てみます。

ここでまず目を引くのは、京都橘高校矢板中央高校でしょう。

それぞれ順当に勝ちあがり、3回戦でぶつかることになりそうです。

下のブロックに目をやると、2回戦で日章学園と市立船橋の対戦があります。

初戦としては今大会屈指の好カードです。

市立船橋には、湘南内定のDF畑大雅選手、清水内定のFW鈴木唯人選手がいます。

やはり、地力的には、市立船橋の勝ち上がりを予想します。

そして、準々決勝では、京都橘と市立船橋の対戦が見られるのではないでしょうか。

この勝ち上がりは、市立船橋を推したいと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2020高校サッカーの準決勝の予想

以上のことから、準決勝の対戦カードは、青森山田vs帝京長岡、尚志vs市立船橋ということになります。

筆者の予想としては、青森山田vs帝京長岡の対戦は、事実上の決勝戦と見ています。

勝ち上がったほうが優勝すると考えています。

地力では青森山田が高いと思いますが、ここまで帝京長岡が勝ち上がってくると、その勢いが侮れないため、ここでの勝者は帝京長岡と予想したいと思います。

 

尚志vs市立船橋は、尚志の染野唯月選手の出場に大きく左右されるのではないでしょうか。

尚志は、福島県代表として初の栄冠を目指すため、勢いがある学校となるでしょう。

それでも、やはりここは、市立船橋となるのではないでしょうか。

 

2020高校サッカーの決勝の予想

 


この対戦では、上の谷内田哲平選手と鈴木唯人選手の出来が試合を左右すると見ます。

谷内田哲平選手が市船のDFを切り裂くスルーパスを出せるでしょうか。

鈴木唯人選手がスーパーゴールを見せるでしょうか。

 

そして、筆者の優勝予想は、………

帝京長岡と大胆に予想したいと思います!

理由は…ありません!

 

スポンサーリンク

終わりに

筆者は順当な勝ち上がりばかり予想していますが、

伏兵がジャイアントキリングを見せることがあるのも、この高校サッカーの楽しみであり、こわいところでもあります。

まあ、上の予想は読者の皆さんの楽しみのためだけであることをご理解いただけたらと思います(笑)

他の予想をされる方のほうが多いかもしれません。

一体どこが優勝するのか、最後まで目を離せませんね。

スポンサーリンク

 

 

テキストのコピーはできません。