2019年高校サッカー選手権の優勝予想!矢板中央か青森山田?

2019年高校サッカー選手権の優勝予想!矢板中央か青森山田?

スポンサーリンク

もう間もなく2019年の全国高校サッカー選手権が始まります。

12月30日、駒沢大高vs那覇西が開幕戦として、1月14日の決勝までの戦いの火蓋が切って落とされます。

今年も都道府県予選では有名実力校が順当な勝ち上がりが見られたのではないでしょうか。

初出場は静岡・浜松開誠館高校、大阪・大阪学院高、広島・瀬戸内高、佐賀・龍谷高の4校でした。

この4府県に関しては、驚きの結果となったのではないでしょうか。

では、11月18日に決まった組み合わせとトーナメント表を食い入るように見て、まずはベスト4を予想してみたいと思います。

 

今年の組み合わせ・ベスト4予想

まずは、左上・左下・右上・右下をA・B・C・Dブロックと呼んで、考えていきましょう。

Aブロック

ここは最も激戦区になったのではないでしょうか。

有力校が順当に勝ち上がったと考えると、2回戦で早くも東福岡vs神村学園が組まれます。

九州の有力校同士です。

しかしここは、東福岡のちょっとの差での勝ちを予想します。

圧倒的とか、快勝とか言うのではなく、ちょっとの差です。

しかし、ここで勝ったとしても一息つくことはできません。

次に、前橋育英が立ちはだかります。

前橋育英vs東福岡は、大会屈指の好カードと言えるでしょう。

3回戦ではもったいない組み合わせです。

前橋育英のゲームメーカー・秋山裕紀vs東福岡のGK・松田亮の対戦が興味深いところです。

守備力の差ということで、ここは前年度優勝の前橋育英の勝利と予想します。

反対ブロックでは、長崎総科大附が勝ち上がってくると予想されますが、ここは順当に、前橋育英がそのままベスト4入りをするのではないかと筆者は予想します。

Bブロック

ここも激戦区です。

しかし、頭一つ抜きん出ている印象は青森山田ではないでしょうか。

それでも安心できません。2回戦ではインターハイ準優勝の桐光学園が青森山田を迎えることになるでしょう。

12/31追記
桐光学園vs大津は0-5で大津が勝利し、桐光学園は一回戦敗退となりました。

 

青森山田は、セカンドチームが高円宮杯プリンスリーグ東北ブロックで2位となった実力を考え、ここでは、やはりタレント揃いで、青森山田が勝利することになると思います。

しかし、また準々決勝では、今度は青森山田は矢板中央と当たることになるでしょう。

矢板中央は、同じく高円宮杯プリンスリーグ関東ブロックでぶっちぎりの優勝を果たしています。

ですので、この対戦はかなり拮抗したものになると思います。

事実上の決勝戦と言ってもよい対戦だと筆者は見ています。

ここの予想は本当に難しい… ここで、ひねくれ者の筆者は、矢板中央が勝ち上がると予想しました。

一つのファールが試合を左右することになるかもしれません。

それぐらい拮抗したものになると思われます。

Cブロック

このブロックは、準々決勝までは順当に、仙台育英と東山が残ることになるでしょう。

準々決勝では、東山が上がってくると、仙台育英も苦戦するかもしれません。

ここは、インターハイで好成績を残した東山を推したいと思います。

文字数少なくてすみません。

Dブロック

ここは、3回戦で流通経済大柏vs星稜の対戦が予想されます。

星稜は、石川県予選では5試合で38得点無失点と他を圧倒した成績で勝ち上がってきています。

(しかしそのうち1回戦で8-0、2回戦で21-0を記録しているので、上位では拮抗した試合もあります。

決勝は4-0の勝利でした)

これだけの得点をしたことを考えると、ボールポゼッションも高い割合だったと考えられます。

では、流通経済大柏相手でもそれほどポゼッションできるかどうか。

それはやはり難しいと思います。

一方、今年の流通経済大柏は、本田監督が言うところによると、「とにかく守備ばかり練習をしてきた」とのことで、守備重視のチームのようです。

千葉県予選決勝でも、その力を発揮し、市立船橋を2-0で完封勝ちしています。

予選38得点の星稜を流通経済大柏がどう抑えるか。

その地力の差で、流通経済大柏の勝利と予想します。

反対側のブロックでは、2回戦で富山第一vs四日市中央工の対戦がありますが、インターハイベスト8の富山第一が勝ち上がりそうです。

そして、準々決勝ではその勝者である富山第一と、流通経済大柏が対戦するものと思われますが、ここも順当勝ちで流通経済大柏がベスト4へとコマを進めるでしょう。

スポンサーリンク

優勝チームの予想は?

これでベスト4が出揃いました。

  • 前橋育英
  • 矢板中央
  • 東山
  • 流通経済大柏

では、この中での優勝チームは?

と問われると… う~ん…

まずは決勝は、矢板中央vs流通経済大柏になると考えます。

しかし、優勝校はというと… う~ん…

今回はサプライズ優勝校ということで、矢板中央にいたしましょう!

やはり高円宮杯プリンスリーグ関東ブロックでの堅い守備を見せていた矢板中央が、流通経済大柏の攻撃力を封じ込めることに期待したいと思います!

期待です!期待!

まとめ

今回は早い対戦から注目カードが目白押しになるので、優勝予想は難しい方なのではないかと筆者は見ています。

あれ、言い訳?

はい、言い訳です(苦笑)

筆者の予想を覆すとすれば、やはり青森山田でしょう。

早くに敗退と予想してしまいましたが、ここを勝ち上がれば青森山田の優勝にしたいと思います。

あれ、滑り止め?

ハイ、そうです(苦笑)

いずれにしても、熱い戦いを期待して、見守りたいと思いますね。

スポンサーリンク

 

テキストのコピーはできません。